【ライブレポ】[Alexandros] COUNTDOWN JAPAN 15/16

2016年01月02日 (土) 10:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス , HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

[Alexandros]にとっての2015年は、ユニバーサルミュージックとのパートナーシップ締結を期に加速度を増して日本のロックシーンを登りつめた飛躍の1年となった。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」では、最大のステージGRASS STAGEのトリを務め、FUJI ROCK FESTIVAL'15でも最大のステージGREEN STAGEに出演を果たした。またつい先日、12月19日には初の幕張メッセワンマンを大成功させている。
そして2015年の彼らにとって最後となるライブの舞台こそが「COUNTDOWN JAPAN 15/16」。今年の[Alexandros]の活動の締めに相応しいステージで最高のパフォーマンスを魅せてくれた。時折見せるメンバーの笑顔に、今年1年間のバンドの充実っぷりがにじみ出ていたように感じた。

約40,000人の大きな歓声に迎えられて登場すると、ボーカル川上洋平が左手を突き上げ“ウオーウオーオー”の大合唱から幻想的なロックナンバー「Adventure」がスタート。

“幕張ー、騒ぐ準備できてるかー!行くぞー!”のあおりと共に「Waitress, Waitress!」「Girl A」と立て続けに披露されライブは前半戦から激しさを増した。

“今日はスーツ着てないぜ、堅苦しいことぬきで行こうぜ!”とTシャツ姿の川上洋平が叫ぶと「Run Away」「Famous Day」「Kick&Spin」と徐々に疾走感を増していく。

“日本一の忘年会にしようぜ”とまだまだ攻めの姿勢を崩さない彼らが「starrrrrrr」で畳みかける。観客の半端ない大合唱っぷりに“お前らと年末過ごせて幸せだぜ”とバンドもこの瞬間をかみしめた。本編最後は今年度のロックアンセムとも言える「ワタリドリ」で締められた。



アンコールでは、この日12月29日に誕生日を迎えたベースの磯部寛之が“こんな景色の中で誕生日を迎えられて本当に幸せ”と語った。

川上洋平が弾き語りで“あと少しで今年も終わるから 全部吐き出そうぜ”と歌い、“溜まりに溜まった鬱憤を全部ステージに投げつけてこい”と「city」を披露。“ラスト一曲歌わせて下さい!幕張も一緒に歌ってくれますか?”と大合唱を巻き起こした「Dracula La」が本日、そして2015年の[Alexandros]ラストチューン。

最後にメンバー紹介から“俺たちが[Alexandros]だ!覚えとけ!”と放ち、ライブは終演を迎えた。

[Alexandros]は今や大規模ステージが良く似合うバンドの代表格だ。ロックスターの風格を手にした[Alexandros]。2016年も彼らの勢いは衰えそうにない。

取材・文: 松井 剛 (ローチケHMV-NEWS-)
写真提供:rockin'on japan



セットリスト

01. Adventure
02. Waitress, Waitress!
03. Girl A
04. Run Away
05. Famous Day
06. Kick&Spin
07. starrrrrrr
08. ワタリドリ

EN)
09. city
10. Dracula La

初の幕張メッセワンマンの模様はこちら

【ライブレポ】[Alexandros] 初の幕張メッセワンマン

[Alexandros] 初の幕張メッセワンマンライブ。2万3千人が大興奮。来年大阪城ホール単独公演決定。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2015年12月21日 (月) 13:15


COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート まとめページはこちら

行ってきました!COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート

年末最も熱い空間とも言えるこの会場に「ローチケHMV-NEWS-」が潜入。ライブのレポートをお届けします。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年01月02日 (土) 10:00

ライブレポートへ戻る

[ALEXANDROS]に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る