【ライブレポ】ASIAN KUNG-FU GENERATION COUNTDOWN JAPAN 15/16

2016年01月02日 (土) 10:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス , HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

結成以降、現在に至るまで常にフォロワーを増やし続ける、邦楽ロック・シーンにおける中心的存在のASIAN KUNG-FU GENERATION。その風格を、さらりと見せつける貫禄のステージングで「COUNTDOWN JAPAN 15/16」初日のトリを見事に完遂した。

彼らの登場を待ちわびるファンのドキドキとは対照的に、落ち着き払った様子でさらりと登場したメンバー。セッション風の演奏から、まずは緩急がシブい縦ノリチューン「センスレス」でご挨拶。2曲目には邦楽ロック史に残る名曲「リライト」を配置し、一気に会場は一体感が支配する。間髪入れずに「Easter」「ソラニン」「アフターダーク」「Re:Re:」と新旧の代表曲を惜しげもなく披露すると、前奏がなっただけで往年のファンを唸らせた名曲「君という花」。晴れ晴れとした表情で演奏する4人が妙に印象的に映る。

後藤正文(Vo&G)が「一年間それぞれに色んな事があっても、こうやって歳の終わりに集まれるのは最高。みんなが幸せだったらそれで嬉しい。」と告げると大きな歓声が起こる。

さらに「ついこの間、ヨーロッパ・南米をツアーで回ってきて“世界中で日本人の反応が一番シャイだ”と思ったけど、今日みたらそうでもないな」と言わせる程、この日の観客は沸いていた。

壮大な世界観の「踵で愛を打ち鳴らせ」、代表曲「君の街まで」、解放感に溢れた「今を生きて」が立て続けに鳴り響き、いよいよステージは最後のクライマックスへ。

後藤正文が、初めて組んだバンドだというASIAN KUNG-FU GENERATIONが来年で20周年を迎える事に触れ「来年も、目一杯いろんなところで音鳴らすんでよろしく!」と最後は「Wonder Future」で締められた。

アンコールは、ベースの印象的なフレーズからはじまるあの曲「遥か彼方」。“歌えたら歌って下さい”の呼びかけ通り、会場全体に大合唱が鳴り響いた。

演奏後もノイズ音が心地良く残り、それをBGMに去っていくアジカンはやはり風格があるのだった。

取材・文: 松井 剛 (ローチケHMV-NEWS-)
写真提供:rockin'on japan



セットリスト

01. センスレス
02. リライト
03. Easter
04. ソラニン
05. アフターダーク
06. Re:Re:
07. 君という花
08. 踵で愛を打ち鳴らせ
09. 君の街まで
10. 今を生きて
11. Wonder Future

EN)
12.遥か彼方

1月6日発売新作情報はこちら


COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート まとめページはこちら

行ってきました!COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート

年末最も熱い空間とも言えるこの会場に「ローチケHMV-NEWS-」が潜入。ライブのレポートをお届けします。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年01月02日 (土) 10:00

ライブレポートへ戻る

ASIAN KUNG-FU GENERATIONに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る