【インタビュー】星野 源

2015年11月15日 (日) 00:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

バンド編成で回るので、シンプルに演奏を楽しんでください

充実の話題曲に最新曲も満載
約2年半ぶりのニューアルバム!

弾き語りによるソロライブ2days『星野源のひとりエッジ in 武道館』を成功させる一方、話題の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS)に出演するなど、いまや日本のエンタテインメントシーンに欠かせない存在となった星野源から、待望のニューアルバムが届けられた。「地獄でなぜ悪い」(映画「地獄でなぜ悪い」主題歌)「Crazy Crazy」「桜の森」「SUN」(フジテレビ系ドラマ「心がポキッとね」主題歌)「Snow Men」(資生堂マキアージュWEBムービー「Snow Beauty」主題歌)などの話題曲を含む本作のタイトルは『YELLOW DANCER』。「楽しいダンスアルバムにしたいと思っていました」という本作は、星野自身のルーツであるソウルミュージック、R&B、ディスコといったダンサブルなテイストが色濃く反映されたアルバムに仕上がっている。

「『桜の森』のインタビューのときもよく言ってたんですけど、当時、いちばん自分にマッチしていたのがソウルや R&Bだったんです。めちゃくちゃビートが速いとかではなくて、ミドルテンポで気持ちが上がったり、思わず腰が動くようなものがいいなって。『SUN』を作った時点でその方向性はさらにハッキリしていたし、次作は"とにかく踊れるアルバムにしたいな"と思ってたんですよね。あと、自宅の近所のローソンで毎日のようにマーク・ロンソンの『Uptown Funk(ft.Bruno Mars)』がかかっていたのも、自分のなかではすごく大きくて。それって、自分の趣味であったブラックミュージックが日本のど真ん中で受け入れられている証明だと思うん ですよ。小学校のころからマイケル・ジャクソンやブルース・ブラザースが好きで、ずっと聴いてきた"そういう 音楽をJ-POPでやっていいよ"って許された気がしたというか」

--- 奥深いグルーヴが心地いいミディアムチューン「Snow Men」、華やか な雰囲気のディスコナンバー「Week End」など、"踊れる"曲が揃った本作。ブラックミュージックの要素を 幅広いリスナーが楽しめる日本語のポップスに結びつける作曲・アレンジのセンスもさらに光っている。

「ブラックミュージックとJ-POPって、音楽の構造もメロディの乗せ方もぜんぜん違うんですよね。ソウルやR&Bを真剣にやろうとしても"〇〇っぽい"以上にはならないし、作ってる途中で飽きちゃう。"俺って日本人なんだな"とすごく感じて。そういうことを踏まえて、ブラックミュージックを下地にした自分の音楽をやろうと思うようになったんです。やっぱり、日本の人が聴いて"歌いたい"とか"いい歌だな"と思ってもらえる曲がいいなって。作っていくうちに、それぞれの折衷のポイントだったり、自分なりに咀嚼して表現する方法も少しずつ分かってきて……。考えてみると、日本の歌謡曲ってずっとそういうことをやってきたんですよね。ブラックミュージック、ブルース、ジャズに影響を受けながら、独自のポップスを作ってきた。もう日本人の遺伝子の中に、すでにブラックは入り込んでる。その延長線上にある、いちばん新しいことをやろうとしてたのかもしれないですね」

--- "空に 降り積もる光/いま 記憶だけ溶かして"(Snow Men)、"君の手を握るたびに/わからないまま"(「Friend Ship」)、"夕立に濡れた君を/白い息に 日々を残して"(「時よ」)など、日本語の美しさを生かした歌詞もきわめて魅力的だ。孤独な心象風景、シリアスなメッセージを含んだ歌を数多く生み出してきた星野だが、本作では新たな歌詞のアプローチにトライしたという。

「歌詞には日本情緒を入れ込みたくて。それが"YELLOW"の部分につながると思ったんです。あとは"覚えやすい""歌っていて気持ちいい"ということも意識しました。メッセージを伝えるというよりも、"こういう語感の言葉がここに入ってると気持ちいい"みたいなことを重視したというか。あとは聴いてくれる方が、自由にメッセージを受け取ってくれるといいなって」

久しぶりのツアーをすごく楽しみにしています

2016年1月からはニューアルバム『YELLOW DANCER』を引っ提げた全国ツアー『YELLOW VOYAGE』がスタート。1月23日[土]・24日[日]のさいたまスーパーアリーナ2daysに、2月9日[火]の名古屋・日本ガイシホール、2月27日[土]・28日[日]の神戸ワールド記念ホールといったアリーナ公演を含む今回のツアーでは、アルバムのテーマとリンクした"思い切り踊って楽しむ"ステージが繰り広げられそうだ。

「ステージが大きくなっても"自分の音楽を聴いてくれる人たちに会いにいく"という感覚はまったく変わらないですね。"どーも。ホントに存在してますよ"っていう挨拶周りというか(笑)。ツアーは久しぶりなので、自分自身もすごく楽しみなんですよ。今回はバンドと一緒に回る予定なので、シンプルに演奏を楽しんでもらいたいなと思ってます。ライブの詳しい内容はまだ決まってないのですが、ミラーボールは設置してみたいですね! ムダにいっぱいミラーボールがあるって、楽しそうじゃないですか。"ニセ明"(布施明の「君は薔薇より美しい」を歌い上げる星野源のパフォーマンス)ですか? 出ないかもしれないですね……出るか出ないか、そこも含めて楽しみにしていてください(笑)」


「今、もっとも勢いのあるアーティスト」、星野源。多忙を極める彼が、12月にリリースする最新アルバムを掲げて、新春から全国ツアーを開催。オーディエンスを魅了する親密感に満ちたライブをお見逃しなく!

インタビュー・文/森 朋之
構成/月刊ローソンチケット編集部 11月15日号より転載

月刊ローソンチケット/月刊HMVは毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

11月15日号の表紙は星野源・稲葉浩志

最新号の内容はこちら

心が躍るニューアルバム『YELLOW DANCER』を掲げた全国ツアーは1月から!


星野源 LIVE TOUR 2016『 YELLOW VOYAGE』

プレイガイド最速先行決定!!
LEncore先行 (抽選)12/14[月]13:00〜16[水]23:59
プレリクエスト先行(抽選)12/15[火]13:00〜20[日]23:59

1月9日 (土) (札幌)ニトリ文化ホール 
1月16日(土) (石川)本多の森ホール
1月23日(土) さいたまスーパーアリーナ
1月24日(日) さいたまスーパーアリーナ
1月28日(木) (高松)アルファあなぶきホール 大ホール
2月3日(水) 仙台サンプラザホール
2月9日(火) (名古屋)日本ガイシホール
2月16日(火) 福岡サンパレスホテル&ホール
2月27日(土) 神戸ワールド記念ホール
2月28日(日) 神戸ワールド記念ホール
3月5日(土) 広島文化学園HBGホール



アルバムのご予約はこちら

初回限定盤A(CD+Blu-ray+特製ブックレット)

YELLOW DANCER (+Blu-ray+特製ブックレット)【初回限定盤A】

CD特典

YELLOW DANCER (+Blu-ray+特製ブックレット)【初回限定盤A】

星野 源

(1)

価格(税込) : ¥5,292

会員価格(税込) : ¥4,869

発売日: 2015年12月02日

限定盤完売

特製ブックレット・デジパック+ブックケース仕様

初回限定盤B(CD+DVD+特製ブックレット)

YELLOW DANCER (+DVD+特製ブックレット)【初回限定盤B】

CD特典

YELLOW DANCER (+DVD+特製ブックレット)【初回限定盤B】

星野 源

(1)

価格(税込) : ¥4,968

会員価格(税込) : ¥4,571

発売日: 2015年12月02日

限定盤完売

特製ブックレット・デジパック+ブックケース仕様

通常盤 初回限定仕様(CD+特製ブックレット)

YELLOW DANCER (+特製ブックレット)【通常盤 初回限定仕様】

CD特典

YELLOW DANCER (+特製ブックレット)【通常盤 初回限定仕様】

星野 源

(1)

価格(税込) : ¥3,348

会員価格(税込) : ¥3,080

発売日: 2015年12月02日

限定盤完売

特製ブックレット・デジパック+ブックケース仕様

通常盤(CD)

YELLOW DANCER 【通常盤】

CD

YELLOW DANCER 【通常盤】

星野 源

(1)

価格(税込) : ¥3,240

会員価格(税込) : ¥2,981

まとめ買い価格(税込) : ¥2,754

発売日: 2015年12月02日


☆全形態共通封入特典
星野源 LIVE TOUR 2016 『YELLOW VOYAGE』 チケット先行抽選受付用シリアル番号封入
※12月7日(月)応募受付〆切
※1シリアル(CD1枚に1シリアル)番号で1公演 2枚迄、全公演申込可。

星野 源 (ホシノ ゲン)

音楽家・俳優・文筆家。’10年に1stアルバム「ばかのうた」をリリースし、本格的にソロ活動をスタート。「夢の外へ」「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy/桜の森」「SUN」などのヒット曲を送り出す。今年8月の弾き語りソロライブ『星野源のひとりエッジ in 武道館』では、2日間で2万6千人を動員。俳優としての活動に著書の刊行など幅広い活躍が続く。
星野 源 オフィシャルサイト: http://www.hoshinogen.com/
星野 源 宣伝部Twitter: https://twitter.com/gen_senden
星野 源 Facebookページ: https://www.facebook.com/hoshinogen2012

星野 源に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る