B'z 稲葉 新曲がドラマ主題歌に

2015年10月14日 (水) 12:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

WOWOWで11月より放送開始となる「連続ドラマW 誤断」の主題歌をB’zの稲葉浩志が担当することが決定した。主題歌のタイトルは「水路」。リリースは現在のところ未定となっている。

B’zが結成25周年を迎えた際、『B’z 25th Anniversary Special 全米ツアー密着ドキュメント「Only Two」』をWOWOWが独占放送するなど親交がある中、今回はB’zとはまた異なる独自の世界観でソロ活動中の稲葉浩志にオファーし主題歌の書き下ろしが実現した。WOWOWドラマと稲葉浩志の初タイアップとなる。

◆コメント 【稲葉浩志】

「流れる時間と積み重なる時間というふたつの軸のなかで、過去を後悔し失うことを恐れ、明日への希望を持ち今を生きようとする主人公を描きました。ドラマのなかで流れるのが楽しみです。」

◆コメント 【主演・玉山鉄二】

「稲葉さんがこの作品に参加して頂ける事、大変心強いです。自分自身が多感な時期に、B’zに多くの影響を受け、 まさにバイブル。確実に今の僕の感性の一部になっています。この作品にある様々な角度の正義、その狭間にある、世の中の違和感に溺れる人間、不鮮明な光…この作品により重厚感を持たせて頂けました。撮影はまだ中盤ですが、この曲を胸に精進して行きたいと思います。」

◆コメント 【堤口敬太〈WOWOWプロデューサー〉】

「本作は製薬会社の隠蔽事件を題材にした社会派作品ですが、社会正義と会社の利益との間で揺れる主人公の葛藤や苦悩、そして登場人物それぞれの正義を描いたヒューマンドラマです。数々の音楽とともに人の心に残る詩を生み出されてきた稲葉さんであれば、主人公の複雑な感情に寄り添いながら、暗闇から前に進むための微かな希望を与えてくれる、そんな音楽を作ってくださると思いオファーをさせていただきました。」

稲葉浩志 関連情報

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」


【番組概要】
作家・堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説をドラマ化する。舞台は薬害事件を抱える大手製薬会社。法の網をかいくぐってでも会社の繁栄と存続を優先する昭和を生きた企業人、巨大企業の利益のために犠牲となった被害者たち、そして、上司の命令に従いながらも会社と被害者との狭間で揺れる平成を生きる会社員。さまざまな人々の思惑が交錯する群像劇の中で、隠蔽工作を指示された若手社員が企業の闇に飲み込まれていく様を描く。実社会でも粉飾決算や食品偽装など企業が起こす事件は絶えない。本作は、問題が巣くう企業とその関係者に焦点を当てることで“昭和と平成”、新旧の異なった価値観が同居する「現代」という時代の構造を浮き彫りにする。

原作:堂場瞬一「誤断」(中央公論新社刊)
脚本:羽原大介(『フラガール』「連続テレビ小説 マッサン」)
監督:村上牧人(「連続ドラマW 女と男の熱帯」)
古厩智之(『武士道シックスティーン』『ホームレス中学生』)
音楽:中島ノブユキ(『人間失格』『悼む人』)
主題歌:稲葉浩志「水路」(VERMILLION RECORDS)
出演:玉山鉄二 蓮佛美沙子 大空祐飛 足立梨花 小市慢太郎 甲本雅裕 中田喜子 市毛良枝 泉谷しげる 中村敦夫 柳葉敏郎 小林薫

2015 年11月22日スタート
毎週日曜夜10時(全6話)
【第1話無料放送】

連続ドラマW『誤断』公式サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/godan/

稲葉浩志に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る