矢野顕子 レコードの日に最新アルバムをアナログ化

2015年09月30日 (水) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

レコードの日
矢野顕子の最新アルバムにしてテクノポップの最高傑作『Welcome to Jupiter』が、レコードの日(11月3日)にアナログ化される。

『Welcome to Jupiter』は、矢野顕子がプロデュースする上質なテクノPOPS=「オトナテクノ」第2弾。アルバムに先駆け7inchカットされた「Tong Poo」をはじめ、ゴジラでお馴染み「モスラの歌」、 はっぴいえんどの「颱風」、名曲「悲しくてやりきれない」に加え、新曲「Welcome to Jupiter」を収録している。冨田恵一、tofubeats、Seiho、AZUMA HITOMI、Ovall等、気鋭のアーティストと共に、変幻自在なピアノが過去・現在・未来を駆け抜けるジャパンテクノポップスの最高傑作が11/3(火・祝)の「レコードの日」にアナログ盤でリリースされる。

■ 収録曲


Side A
1. Tong Poo
2. あたまがわるい
3. そりゃムリだ
4. わたしとどうぶつと
5. わたしと宇宙とあなた

Side B
1. モスラの歌
2. 大丈夫です
3. 颱風
4. 悲しくてやりきれない
5. Welcome to jupiter
6. PRAYER





「レコードの日」第一弾対象商品はこちら

11月3日(火)「レコードの日」を開催。第一弾対象商品発表

「レコードの日」は、アジア圏で唯一といわれるレコードプレス工場を擁する東洋化成が声かけ役となり、2015年11月3日午前0時より、レコードの日にむけて制作されたアナログレコードを一斉に販売開始するイベントだ。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2015年09月10日 (木) 18:00

矢野顕子に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る