トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 矢野顕子アルバムお祝いコメント!

矢野顕子アルバムお祝いコメント!

日本のシンガーソングライター特集ストア

2009年12月24日 (木)

矢野顕子



矢野顕子、弾き語りNewアルバム『音楽堂』発売決定!
それをお祝いするかのように、様々なアーティストからのコメントをいただきました。
今回カヴァーされたオリジナル楽曲のアーティストを始め、rei harakamiなどお馴染みの方々、意外なところで石川さゆり、そしてなんと教授まで!コメントを寄せております。



商品ページへ     【弾き語り 第4弾】

  矢野顕子 / 音楽堂

    [ 2010年02月10日 発売 / ¥3,150(tax in) ]

    




誰のどんな楽曲でもアッコ色に変えてしまう、矢野顕子ピアノ弾き語り作品が久々の登場。
1992年発売の弾き語り作品『SUPER FOLK SONG』から数えて4作目(弾き語りベスト『ピアノアキコ』を除く)、前作からは約10年ぶりとなるこの『音楽堂』では、ネイキッドな演奏を収録するため都内のスタジオから離れ、理想のアコースティック空間である神奈川県立音楽堂にて一発録りのスタイルでのレコーディングを敢行。 日本の名匠エンジニア・吉野金次氏との黄金コンビで録音されています。
今回の選曲ですが、くるり/ムーンライダーズ/岡林信康などの楽曲をチョイス。 MySpaceで話題となった「矢野さんこれ歌って!」キャンペーンでのファンからのリクエスト曲の中から、和田アキ子「さあ冒険だ」も収録されています。 中でも気になるのは、山口百恵「いい日旅立ち」、WEEZER「Say It Ain't So」、ELLEGARDEN「右手」。 このシリーズにおいて毎度のコトではありますが、おそらく原曲を知っていたとしてもしばらくはカヴァーだと判らないぐらい、原曲そのものが持つ魅力を矢野顕子というフィルターを通して改めて気付かせてくれる、そんな素晴らしい仕上がりとなっているでしょう。
カヴァー楽曲12曲と未発表のオリジナル楽曲3曲を含めた全15曲を収録です。

HMVオリジナル特典「HMVオリジナルクリアファイル」付き
※ なくなり次第終了となります。



収録曲

<新曲>
●へびの泣く夜
●きよしちゃん
●My Love

<カヴァー曲>
●グッドモーニング / くるり
●椅子 / 上條恒彦
●春風 / くるり
●犬の帰宅 / ムーンライダーズ
●嘆きの淵にある時も / 岡林信康
●おかあさん (唱歌)
●Say It Ain't So / WEEZER
●右手 / ELLEGARDEN
●Vincent / Don McLean
●さあ冒険だ / 和田アキ子
●Green Tea Farm / 上原ひろみ
●いい日旅立ち / 山口百恵



矢野顕子『音楽堂』アーティストコメント(アイウエオ順)


  • 安藤裕子

    安藤裕子

    パッションの人と思う。
    自分の中の情熱がすり減っていく不安にかられるとき、こういった先人の情熱に安堵する。希望を持てる。
    差し出がましい事も書けないが、何を歌っても矢野さんだなあ。そう思った。
    って、曲名を見たらカバーじゃなくて矢野さんの新曲でした。はは。

  • 石川さゆり

    石川さゆり

    矢野さんの今回のアルバムを聴いて思ったことは、「ジャンルって何だろう?」でした。
    音楽はジャンルを越えるなどという安易な表現は、この作品に相応しくありません。
    耳に馴染んだメロディーも言葉も、ふんわり、ゆらり、矢野顕子さんワールドです。
    歌は聴く人の心に、心地良く届くことが大切な命なのだと、再確認しました。

  • RIVERS CUOMO(WEEZER)

    RIVERS CUOMO(WEEZER)

    “I've never heard such a unique cover of Weezer. So musical and soulful.
    I love it! I’m looking forward to hearing more of Yano-san’s music.”


  • 上原ひろみ

    上原ひろみ

    大きな海のような愛情を感じる、歌声とピアノの音色が、
    心の中の、鍵をしてある部分に、いつの間にか染み込んで来る。
    この音にくるまったら、人はもっと人に優しくなれるような気がします。

  • 奥田民生

    奥田民生

    やのさんのうたとピアノはふたつでひとつ。自由自在。
    僕はピアノが弾けませんが、へたに弾けないほうがいいかも。とも思わされたりするのだ。


  • 金澤ダイスケ(フジファブリック)

    金澤ダイスケ(フジファブリック)

    「いつか僕たちの曲もカバーして欲しいなぁ。
    きっとたくさんのアーティストがそんな風に思っている事でしょう。
    カバーのようでオリジナル、オリジナルのようでカバー。不思議な魅力です。」

  • 岸田繁(くるり)

    岸田繁(くるり)

    矢野さんの音楽の素晴らしさなんて、語り尽くされているような気がするので、いつもコメントするのに少し気が引けます。
    今回の、「音楽堂」を聴いて、新しい発見やよろこびが沢山ありました。より、それぞれの楽曲の真っ芯の部分がくっきりと見える歌と、品がとてもよいのに、誠実でワイルドなサウンド!!そして、新しい曲たちの、まるで子供のような無邪気で新鮮な感覚!!
    それだけではありません。
    矢野さんは、本当にやさしい。その曲のいちばんの芯にある気持ちを、母親のように包み込み、父親のように道理を教えてくれる。
    矢野さんの愛が、たくさんの人に届きますように。そして、冷えきって固まってしまった沢山の心を、少しでも溶かしてほしいなと、心から思います。

  • KenKen(RIZE)

    KenKen(RIZE)

    「はやく人間国宝にして、国で保護をしないといけないと思う。」



  • 坂本龍一

    坂本龍一

    ピアノの音だけでなく、
    ピアノの置いてある空間の響きを捉えているアルバムだ。


  • 佐藤征史(くるり)

    佐藤征史(くるり)

    手を伸ばせば触れられそうな場所で矢野さんが弾き語っている。
    そんな感覚が味わえるとっても贅沢で素晴らしいアルバムだと思いました。


  • 佐野元春

    佐野元春

    矢野さんの新しいレコードを聴いてまず感じたのは、そこに心地よい空気感があること。
    矢野さんの歌唱の神髄を知り抜いているエンジニア吉野金次のなせる技だろう。意義深い共同作業が再開された事を心から喜びたい。個人的には岡林信康の慈悲に満ちた佳曲が、矢野さんのフィルターを通じて新たな息吹を生んだことに、心動かされている。すばらしい。

  • 谷村新司

    谷村新司

    初めて逢った40年程前の夜、赤坂の小さなジャズクラブで弾き語りをしていた少女に驚きました。その存在感と歌声に吸い込まれるように、ただじっと君を見つめていました。その時から君は世界にたった一つのものを持っていました。こうして時が流れても、どんなに世界が変わってもキラキラしている君が大好きです。音の吟遊詩人の歌声に包まれてあの日が一瞬で甦りました。これは40年過ぎて初めて書く尊敬する君に贈るラブレターです。歌ってくれていてアリガトウ!やさしい音をアリガトウ!またいつか偶然のように逢いましょう。

  • 細美武士

    細美武士

    自分の書いた曲がこんなに美しい曲だとは知りませんでした。
    矢野さんに自分の曲をカバーしてもらえる、こんなに嬉しくも恐ろしいことはないですね。
    どうして最初からこういう形にしなかったのかとしばらく頭を抱えないといけないですから。
    そしてこのアルバム、音もとんでもないです。

  • YUKI

    YUKI

    ありがとう。
    大丈夫。
    私たちには、アッコちゃんがついている。
    Everything is gonna be all right.

  • レイ・ハラカミ

    レイ・ハラカミ

    『矢野さんの声とピアノ』という組み合わせは、慈愛と脅威が共存した音楽のホームラン王ではないかと。





これまでの弾き語りアキコ。


商品ページへ
弾き語りベスト
ピヤノアキコ
商品ページへ
第3弾
Home Girl Journey
商品ページへ
第2弾
Piano Nightly
商品ページへ
第1弾
Super Folk Song