NEXT FLOOR 09 インタビュー

2009年10月6日 (火)


KENTARO TAKIZAWA

【KENTARO TAKIZAWA】 interview


HMV独占限定アイテム『In The Room』はどのような作品ですか?

“これまでの自分のWORKSをMIX CDに”というテーマで、今回はDJとしての“KENTARO TAKIZAWA”が伝わる作品になればと思い制作しました。自分の曲だけでDJ MIXして1枚の作品にするのは初めてですね。タイトルはそのままなんですが、「KENTAROTAKIZAWA WORKSを部屋でどうぞ!」みたいな意味合いです。

オススメの楽曲は?

「STARSHIP」です。これは自分が2006年にリリースした『Gradual Life』というアルバムに収録した曲なので すが、今回はJazzin'parkの栗原暁君にヴォーカルをお願いしてセルフカバーしてみました。

その『In The Room』を経て、いよいよ待望のオリジナル・アルバム『BIG ROOM』が発売されますね。 約2年ぶりということですが。

ここ2年、国内外でのDJを数多く経験して、今まで自分がやってきた音楽や、今、自分がやりたい音楽という ものを見つめ直せたんです。同時に、大きいクラブでDJをする中で、多くの人に音楽を伝える感覚も覚えな がら、一方で今までの自分では全く通用しないと感じて、いい意味で変わらなければならないと思ったりもしまし た。そうした経験を踏まえて「KENTARO TAKIZAWAはハウスDJであり、ハウス・ミュージックのクリエイター。 多くの人に伝わるような本当に純粋に“かっこいいハウス”を作らなければ」という考えに辿り着いたんですよね。

楽曲制作で心掛けたことはありますか?

自分が本当にいいなと感じる曲は、シンプルだけどハートにグッときたり、聞くだけでピースになったりする音楽が多くて。それはいい意味での大味感だったりします。かつての自分の音楽は、ある一定のラインまでにしか伝わらないというか、曲の強い意志のようなものが少し弱い作品だったように思います。さらなるアップグレードを目指す上で、今作は全編を通して、感覚も含め、いい意味で大味で、思い切りもあり、楽曲ごとに明確な意志を 持った作品を作るように心掛けましたね。

1曲1曲粒ぞろいですが、あえてオススメするなら?

「UNITY feat.Joi Cardwell」ですね。この曲は今までの自分には無いベクトルの曲で、今作の中でも非常に重要な曲なんです。「今までのKENTARO TAKIZAWAの音楽+ここ2年で積んだ経験」の結晶だとも言えます。

“BIG ROOM”というタイトルにはどんな意味が込められているのですか?

たくさんの人とハウスのマインドを共有するための、純粋なハウス・ミュージックの詰まったCD、そんな意味で 名付けました。あとは、僕は身体も大きいので自分のことを“BIG ROOM”だと思っていて(笑)。“KENTARO TAKIZAWAが奏でるハウス=BIG ROOM”という意味でも楽しんで頂ければと思います。

リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

ここ数年のハウス・シーンって、いろいろな要素が現れてはすぐに消えての繰り返しで、多くのお客さんには、 「何がハウスなの!?」というようなものになってしまったと思います。『BIG ROOM』は、そんなお客さんにとって「これが、ハウスなのか!」ということがストレートに伝わる1枚になると嬉しいですね。そしてオリジナル・アルバム『BIG ROOM』では僕のアーティスト感、DJ MIX CD『In The Room』では僕のDJ感、この2つの違いや共 通点を楽しんでもらえればと思います。リリース後は日本全国、多くの場所にお伺いしたいと思っています。ぜ ひ皆さん、遊びに来て、クラブの大きな音で『BIGROOM』を体感してください!


関連作品


  • 商品ページへ

    Kentaro Takizawa 『In The Room Dj Mixed By Kentaro Takizawa』

    DJ としての"KENTARO TAKIZAWA"を押し出したKENTARO TAKIZAWA ワークスをMIX!! 本人も大満足の内容でこの一枚があればいつでもどこでも、もちろんあなたの「ROOM」もDANCE FLOORに!オススメTRACKは「STARSHIP」、Jazzin’parkの栗原務をヴォーカルに迎え、セルフカバー!

  • 商品ページへ

    Kentaro Takizawa『BIG ROOM』

    Ryohei、SAWA、澤辺美香らをヴォーカルに迎えたオシャレエレクトロハウス、アメリカのHOUSEシーンを代表するディーバの力強い歌声、インスト曲も含め、まさにBIG ROOM(大箱)に映える楽曲が完成!HOUSE新世代を代表するクリエイターとしてのポジションを、Kentaro TakizawaがこのオリジナルALBUMにて確立します!




PAX JAPONICA GROOVE

【PAX JAPONICA GROOVE】 interview


約1年ぶりのリリースとなる『in the transition』はどのような内容ですか?

昨年、1stアルバム『PAX JAPONICA GROOVE』をリリースさせて頂いてから、だいぶ間が空いてしまっているのですが(苦笑)、まさに次へ向かう過渡期ということで、前作のテイストを残したものから次回作への方向性を帯びたものまで、ちょうど、両者の間に位置づけられるものになればと考えました。1stアルバムと2ndアルバムの内容は、当然少し、もしくは大幅に!?変わると思います。その途中経過というか、ゆる〜く少しづつ動いている感じを表してみました。

制作で意識したところは?

作品は、単純に「色んな曲があって楽しめる」というふうになればないいなとは常々思っています。その中で一貫 してPAX JAPONICA GROOVEっぽさというかカラーが生きてくるように、ということを意識していますね。

今作でのオススメの曲は?

それぞれありますが、本作のエクスクルーシヴ・トラックとなる「finiteness of time」という曲でしょうか。といいつつ、今、制作中なのですが(苦笑)、今日「時間の大切さ」ということを、改めて真剣に考えなアカンなと 頭の中を渦巻いており、その思いを形にしてみよう思っています。

リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

前作『PAX JAPONICA GROOVE』を聴いて頂いた方も、初めてPAX JAPONICA GROOVEを目にされる方も、とにかく一人でも多くの方に楽しんで頂きたく思っています。是非聴いてみてください!

今後の活動展開をお聞かせ下さい。

まずは、早く2ndアルバム用の曲を仕上げていきたいと思います。前作以上の魂のこもったものを提供するべく 頑張っておりますので、楽しみにしていてください!


関連作品


  • 商品ページへ

    Pax Japonica Groove『In The Transition』

    現在、1stアルバム『PAX JAPONICA GROOVE』がロングセラーの中、NEXT STAGEへと向かう架け橋となり得る1枚。キラートラック「finiteness of time」を筆頭にPAX JAPONICA GROOVE特有のピアノバッキングを基調に「和」テイストも融合!!この一枚で様々な音が楽しめる、PAXの才能を注ぎ込んだ1枚。クラブミュージックの概念を吹き飛ばします!

  • 商品ページへ

    Pax Japonica Groove『Pax Japonica Groove』




藤井リナ

【藤井リナ】 interview


今作『RAINBOW』は新曲、カバー曲、さらにリミックスを交えた盛りだくさんの内容ですが、制作にあたって 意識した点はどんなところですか?

制作を始めたきっかけが、今年7月に台湾で開催したワールドプレミア・ライブだったから、ステージングを意識 して選曲しました。

新曲では初めて作詞にも挑戦されているとか?

作詞は、楽曲からインスピレーションを受けて、テーマを決めて書きましたね。初めてだったから、実際に歌ってみたら譜割りが合わなかったり、イメージと違ったりしたので、その場でなんども書き直したのが新鮮でした。煮詰まったら散歩に行ったりしたなー。

その新曲「RAINBOW」はどんなテーマで制作されたんですか?

「RAINBOW」は大好きな人を見つけた喜びをまっすぐに表現しました。とにかくHAPPY☆な曲ですね。「RAINBOW」と名付けたのはHAPPYを色で表したら虹色だと思ったから。あとレコーディング中に虹が見られた偶然もあって。

もうひとつの新曲「Black Cinderella」はすでにMySpaceでも話題になっていますね。

「Black Cinderella」のテーマは“0 時からのシンデレラ”。朝、魔法がとけちゃうの。昼も夜も楽しめる強くて クールな女性の世界を表現しています。女の子は誰でもお姫様だから、その象徴として“シンデレラ”を選び ました。門限ある感じがお嬢様っぽいし。でも、0 時から始まる夜のシンデレラだから「Black Cinderella」な んです。

リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

聞くシチュエーションを選ばないHAPPYになれる1枚に仕上がりました。テンション上がる曲ばかりです。何度 も聴いて欲しいな。


関連作品


  • 商品ページへ

    藤井リナ『Rainbow』

    新曲、RIHANNAカバー、リミックス!!と最強の音源を収録したHMV独占盤!!新曲では初の本人作詞もあり、「アーティスト 藤井リナ」としての魅力がますます深まっています!タイトル曲「RAINBOW」はとにかくアガるHAPPYチューン!本人曰く「聴く場所を選ばないHAPPYになれる一枚」。CLUB必携の一枚!!

  • 商品ページへ

    Miu-clips『Works』

    今作のプロデュース、リミックスを行うmiu-clipsの新作が発売!




Blu-Swing

【Blu-Swing】 interview


約1 年ぶりにBlu-Swing 名義の作品『BottomLine』が登場しますね。

中村祐介(Key、以下同):今作は、デビューから1年を経て、これまでの期間で作ってきたリミックスやオリジナル楽曲をまとめた作品集です。でも、作品集とはいえ、立派に1枚のアルバムとして成り立つように心がけま した。特にリミックスに関しては、参加していただいたアーティストのソウルフルな部分を大事にしながら、作 り直して、アレンジをBlu-Swingらしい方向性にもっていきました。

本作のオススメの曲は?

「Horizon」です。Blu-Swingは英語の歌が多いので、日本語の歌は新鮮です。日本語でしか表現できない響 きだったり、日本人らしいダイレクトな楽曲に仕上がったと思います。

その『Bottom Line』に先駆け、HMV限定盤もリリースされます。

前回のHMV限定盤『Sum』のときは落ち着いた雰囲気だったので、今回はアグレッシブな対照的な作品を意識しました。中でも「Cron」は、“まさにBlu-Swing”なサウンドに仕上がりました。アッパーなジャズなんですが、 アグレッシブさが自然にセッションから出来上がっていった曲です。他には「Breakout」のようなカバーや「Sum」のリミックスを入れています。リミックスは楽曲を知っている人もより楽しく聞いてもらえるように、アレンジの段階から遊びを入れました。

リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

素晴らしい作品になったので、言葉で説明するより聞いてもらった方が手っ取り早いです! ぜひ僕らの音楽を聞 いてみてください。今作のリリース・パーティーや地方ライブ、DJもあります。そして、来年は2枚目のオリジナル・フルアルバムを予定しています。


関連作品


  • 商品ページへ

    Blu-Swing『Inside Your Beats』

    1stアルバム『REVISION』がいきなりの大ヒット!!HMV限定盤は『SUM』に続き、2枚目!!JAZZとHOUSEを完璧なまでに融合したサウンドは正に唯一無二。今作はアッパーな楽曲を積極的に取り入れるよう、アグレッシブにセッションを重ね創り上げた素晴らしい作品。「HORIZON」がBlu-Swing、HMVのオススメ!!

  • 商品ページへ

    Blu-Swing『Bottom Line』

    2008年衝撃のデビューを飾ったBlu-Swing! サウンド・クオリティの高さからデビュー後に、数々のアーティストからのプロデュース、リミックスのオファーが絶えず、日本のみならず、国外のアーティストからも注目されている2009年でブレイク必至のアーティスト。そして、待望の新曲を含む作品集が登場!




Q;indivi starring Rin Oikawa

【Q;indivi starring Rin Oikawa】 interview


今年7月に『Celebration』をリリースして、周りの反応はいかがでしたか?

及川リン(以下同):幅広く色々な方に聴いていただけて、気に入って貰えた実感があります。『Celebration』を流すと小さなお子さんが喜ぶというコメントも頂いたりして、嬉しかったですね。

クラシック楽曲に英語詞を乗せるというチャレンジングな内容でしたが、制作時の様子はいかがでしたか?

愛情にまつわる歌詞だったので、『Celebration』の作詞をしていた期間ほど毎日愛について考えた時期は今ま でありませんでした。千差万別だけどこの世界から絶対になくならないもの、それが愛なんだなと思いました。

『Celebration』を聴いてみて、ご自身の感想は?

安心しました。作り始めた時はどんなものになるか見えない部分もありチャレンジの日々でしたが、最終的にとても良い仕上がりになったと思いました。

そして、Q;indiviとのタッグで新たにエクスクルーシヴ楽曲を含むHMV限定のクリスマス・アルバムも発表 されますね。

クリスマス前の時期がさらにキラキラするような、聴いていて楽しくなる作品にしたいと思っています。「Silent Night」や「Last Christmas」など、お馴染みのクリスマス・ソングを、もう一度新鮮な気持ちで聴いてもらえる CDにしたいです。

本作を聴いて下さる方にメッセージをどうぞ。

このCDを聴いてくれた人が楽しい気分になって、素敵な思い出を作ってもらえたら嬉しいです。クリスマス・ソ ングが街に流れる時期のウキウキした気持ちって、どんな季節、時期でも条件反射で楽しい気持ちがしてくる んです。だからシーズンが過ぎても、皆さんの日常や特別なシーン、季節に関わらず聞いてもらえたらいいなと 思います。


関連作品


  • 商品ページへ

    Q;indivi starring Rin Oikawa
    『X'mas Celebration From Next Floor』

    今やクラブシーンの大御所になりつつあるQ;indiviのHMV限定クリスマスアルバム!!ロングヒット中のクラシカルハウスの名盤とも言える『Celebration』でボーカルに迎えたRin Oikawaを引き続きゲストに、珠玉のクリスマスソングをキラキラにアレンジ!クリスマスのあのウキウキ感をパーフェクトに詰め込んだ素敵な1枚。

  • 商品ページへ

    Q;indivi starring Rin Oikawa『Celebration』

    SweetBox「everything gonna be allrighit」のremixやMEGとのコラボ作「星に願いを」などを手掛けたQ;indiviによる“クラシックの新定番アルバム”が完成!お馴染みの「結婚行進曲」を始め、バッハ/モーツァルト/ベートーベンなどの耳馴染みのある有名クラシック曲に、全編に英詞を載せPopにhouseアレンジ。これまでもクラシックのHouseカヴァー作はありましたが、Q;indivi・田中ユウスケの手腕とRin Oikawaの歌声によって一際キラッキラな仕上がりになっています!




Immigrant's Bossa Band

【Immigrant's Bossa Band】 interview


新作『A SONG FOR YOU』の構想は?

NOBU(Per /リーダー、以下同):ジャンルなども含めて、1枚で色んなテイストを楽しめるサウンド・ライブラ リー的な作品にしたいと考えていて。いつもの持ち味は残しつつ、良い意味で“らしくない”作品を意識しました。初めて女性シンガーを起用したり、セルフ・リミックス曲も入れましたね。

タイトル“A SONG FOR YOU”に込めた想いは?

人それぞれ好みがあると思いますが、今作に収録されてる曲達の中で1曲でもその人に本当にマッチした曲、共 感、共有出来る曲、または心に届く曲があれば…という想いを込めました。

NOBUさんのオススメの曲は?

全部です!!!(笑)。強いて言えばSOIL&“PIMP”SESSIONSのタブゾンビさんが極上トランペットを吹いてくれている「PATO」や、聴いたことのある人も多いと思う「SKINDO LE LE」「TAJ MAHAL」の2大カバー曲ですね。タイトル曲の「A SONG FOR YOU」の別バージョンも入っていて、オリジナルとは全然違う気持ち良さがあって良いですよ。

新作に先駆けて「MESSAGE」「記憶」などの代表曲や新作の曲も交えたHMV 限定盤も登場しますね。

僕達の曲を聴いたことの無い人も、お求めやすく、そして分かりやすいサンプラー仕様になっていますので、ぜひ手にとってもらいたいです。知って下さっている人も限定ということでコレクションの一つに加えてもらえたら嬉しいです。

リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

Immigrant's Bossa Bandはライブも必見です! ぜひ両作品をうんと聴き込んで予習して、ライブで思い切り楽しんでもらえたらと思います。11月15日(日)代官山LOOPでリリース・パーティーがあります。ゲストにJABBERLOOPも駆けつけてくれます! 是非遊びにきて下さい。後悔させません!!!


関連作品


  • 商品ページへ

    Immigrant's Bossa Band『Next Floor Exclusive Limited Mix Sampler』

    MELLOW かつFUNKY、COOLかつHOT、STAN GETZとJOAO GILBERTO以来の JAZZとBRAZILの邂逅!!Immigrant's Bossa Bandの代表曲から新曲をMIXし、コレクターズアイテムかつ優しい入門編に仕上げてくれました。とにかくこの素晴らしいバンドを知るための究極の1枚。この1枚を持ってFLOORに遊びに行こう。とにかくImmigrant'sの凄さはライブ!心地よく躍らせてくれます。

  • 商品ページへ

    Immigrant's Bossa Band『A Song For You』