HMVインタビュー:Radiots

2009年8月28日 (金)

interview

Radiots

Vo.YOSHIYA(ex.SOBUT,The Shaverz)を中心に、GuにHIROMITSU(The Cherry Coke$)、BaにANTON(FULLSCRATCH)、DrにYUKIと、百戦錬磨のメンバーにより構成されたPUNK BAND“Radiots”の2ndフルアルバム『FOREVER RULES』が、09年09月09日に発売になります。

今回は、ボーカルYOSHIYA氏、ギターHIROMITSU氏、さらにSTEP UP RECORDS代表RYOSUKE氏にHMV本社にお越しいただきインタビューを敢行!Radiotsのことや、ニューアルバム『FOREVER RULES』のこと、PV撮影秘話などお話していただきました。それではRadiotsインタビューをお楽しみ下さい。

目の前にあるライヴをどんどんクリアして、血と肉にして、最終的に黄金の骨になればいいなって思っていたから。それを俺はパンクロックでやれると信じてきたし、本来バンドってそういうもんだと思うんだ。

---まず最初に自己紹介からお願いします。

YOSHIYA:Radiots、YOSHIYA、ボーカルです。ヨロシク。

HIROMITSU:ギターとマンドリンのHIROMITSUです。

---よろしくおねがいします。ご存知の方も多いと思いますが、まだ、Radiotsをそんなに知らない方も見てくれていると思いますので、Radiotsの結成から今に至るまでをお聞きしていきたいんですが。まず、結成のいきさつから聞いていきたいのですが。

YOSHIYA:結成は2007年4月3日ですね。バンド名がRadiotsに決まってメンバーが揃ったのがこの日。まずドラムのYUKIを最初に誘って、HIROMITSUを誘って、最初のベースのDAISUKEを誘った流れです。HIROMITSUはThe Cherry Coke$でベースをやってるんだけど、俺が前やってたSOBUTの時に1度だけ対バンしててHIROMITSUを覚えてたんだ。その後、偶然話す機会があって、俺が次に何かアクションする時に一緒にやれたらいいなって話してた。それでタイミング合って、俺が新しく始める活動があるから、一緒にやらないか?って誘って。初めはベースとして誘ってたんだけど、ギターがどうしても見つかんなくてさ。自分の中にRadiotsを作るにあたってのバンドの構想があって、そのキーワードがストリートパンクをメインに、アイリッシュやカントリーの匂いで広げていって自分達の好きなパンクロックのスタイルを作っていきたいってのがあったんだ。そこで確実にキーワードになっていくのが自分にとっての挑戦であるアイリッシュで。アイリッシュ感、カントリー感っていうのを出すという第一条件でHIROMITSUが最大候補で出てきた。ただ、ギタリストでその挑戦と雰囲気もありつつ、俺が好きなパンクを一緒に表現できる人となると当時は想像できなくて。うまさだけあれば良いわけじゃないし、見てパンクだなって分かる奴が好きで、特にギタリストにはそういうのを求めちゃうんだよね。で、HIROMITSUに「ギターがいねぇんだよな」って言ったら、「自分ギター出来ますよ。むしろ、ギター先にやってましたけど」って言うから、スタジオに両方持ってきてもらって両方弾いてもらったんだ。そしたら、HIROMITSUの弾いたギターフレーズに一目惚れしちゃって。「ヤバイ!HIROMITSUはベースもカッコイイけど、Radiotsではギターでいきたい!頼む、ギターやってくれ!」って頼んだら、どうしようかと結構ネバられて。でも、ようやく決意してくれて、「もう腹くくって、自分もチャレンジなんでギターやります」って言ってくれてさ。

そうして結成後1ヶ月で曲を8曲ぐらい作って、1ヶ月半くらいで無理矢理ライブを入れたんだよね。普通のバンドは準備してからやるじゃん。でもそういう形式ばってるのがRadiotsの場合は特に嫌だった。ここで1からやるんだったら、初めてバンドを作った時の気持ちまで絶対戻りたくて。初めはさ、計算なんかしてる余裕ないし、目の前にあるライヴをどんどんクリアして、血と肉にして、最終的に黄金の骨になればいいなって思っていたから。今もそうだしさ。それを俺はパンクロックでやれると信じてきたし、本来バンドってそういうもんだと思うんだ。だけどイイ事でもあるし、悪い事でもあるかもしれないけど、最近のバンドは変に頭良くなっちゃって、うまく立ち回るようになってさ、すぐにCD出せる時代になっちゃったワケじゃん。ダウンロードな時代にもなっちまってんじゃん。すごく便利にはなってるけど、手間をかけたり、エネルギーや、気持ち、強い愛着だったり、そういうアナログ感をやっぱり大事にしたくてさ。Radiotsはまず現場主義!活動も全部、とにかく現場を第一に考えようっていうのがある。刺激は現場で起こってるんだ!って。そういうもんを自分達の中に作っていった。あえて最初から根付かせたかったのもある。そうして、2007年の7月にはもう4曲入りのファーストデモを発表して、ライブ手売りと友達の店にちょっと置いてもらったりする程度で2ヶ月で1500枚売った。限定テープも200本即日完売で、この勢いで年内に1stフルアルバム出しちゃおうぜってなって、9月くらいに音とって、12月にはアルバム発売。全国ツアーも年末から2008年始にかけて20本、そこからライブを畳み掛けて年間80本くらいはやってるんですよ。ツアー時にようやく地方にライヴをたくさん演りに行くっていうのがやっぱ普通でしょ?

Radiots

---そうですね。ツアーじゃないとだいたい拠点としているところがメインですよね。

YOSHIYA:うん、そういう考え方は当然昔からあると思うんだけどさ、俺もそうやってきたし。でも、その普通ってなんだろうって思ってさ。てか、日本は1個じゃん!だから普段から日本全国を回っているような感覚でいたいんだ。行き切れないところもあるだろうけど、できる限り年間を通して全国を網羅している感じっていうのをツアーじゃなくても持っていたくてね。毎月なるべく東京じゃない箇所が入っているようにして、本数もできる限り多くやってさ、常にツアーしている感じでいたいんだ。音楽で飯食いたいよな、出るとこガッツリ出ようぜ!ってのが俺等。パンクロックで飯を食えるようになるってのをNGって人もいるかもしれないけど、俺は、一番好きなことやって飯食いたい。それを素直にやれるんがストレートで気持ちいいじゃん!って考えだからさ。それだけ影響力も出るから、責任も生まれる。そこで何を魅せるか、どうするかっていうのをリアリティーとドキュメンタリーはもちろん、エンターテイメントの両面が入り混じって、カオスを爆発させるのがRadiotsの真骨頂だね!それをライブでも感じとれるはず。ライヴありきの音源、音源ありきのライヴっていう繰り返しなんだ。その繰り返しで慣れも出てきちゃうところだけど、慣れが生じないようにするのが、本当のプロだと思うんで。それに慣れてこなすのもプロなんだろうけど、ここに慣れ切らずにいれるかも本当に意識が高い人が持つプロ意識だと思うよ。俺はそれを毎回毎回のライブで感じ取ってきた。だからそれをこの音源に込められたらいいなと思ってここまで来ました。ね、HIROMITSU!

HIROMITSU:はい。

YOSHIYA:HIROMITSUがThe Cherry Coke$をやってる分、スケジュールの組み方には他のバンドよりも凄く気を配ってる。マネージメントは俺がやってるんだけど、まずはチェリコとお互いどんな感じでオファーがきてるっていうのを必ず出し合って、双方各自でオファーを受けるか否かっていうのを提示し合った後、希望と状況判断でライヴを決めてます。基本的にThe Cherry Coke$の予定を優先的にやっぱり考えてる。でも、それぞれのバンドにとって大事な時期っていうのもあるよね、レコ初とか特に。その音源のレコ初ってのは、正直1回しかないからさ。その音源出すのはそのバンドの歴史の中で1回しかないから、その時のライブやツアーは他のライブよりやっぱり濃くなるし、濃くしていくし、意味ができてくるでしょ。だから、そういう大事な時間を割かせてほしい気持ちは当然あるし、逆にThe Cherry Coke$が大事な時には俺等は待つし、待てるんだ。ライヴの間を縫うのもできるし、考え方だよね。それは俺たちなりのエチケットというかマナー。俺たちもThe Cherry Coke$が好きだからさ。

HIROMITSU:そして、俺はスケジュールをあんまり把握しきれていないという(笑)。

YOSHIYA:そう、そこはギブアップしたね〜(笑)

HIROMITSU:あはは(笑)。

YOSHIYA:「スケジュール管理は苦手なんで、もう駄目です!」って言われたんだよ(笑)。最初は、HIROMITSUが自分でチェリコとRadiotsの間に入って自分のスケジュール管理をやってたんだけど、もうテンパって何がなんだか分かんなくなっちゃいました!って。

HIROMITSU:人より多分メモリーの量が少ないから、そういうトコに頭が動かないというか・・・(笑)。