このポップパンクバンドがカッコイイ!

2009年8月7日 (金)

SEVENTEEN AGAiN

バースト・ポップ・パンク / メロディック・パンク・バンド、SEVENTEEN AGAiN!

思わず拳を突き上げシンガロングしたくなる、そんなバンドをお求めの皆様!!お待たせしました!こちらがオススメとなっております!!
2003年結成、ex-A PAGE OF PUNK、ex-UNITED SKATESのメンバーからなるバースト・ポップ・パンク / メロディック・パンク・バンド、SEVENTEEN AGAiN。V.A.に7作品参加、カセットや7インチ媒体でのリリースのみだったにも関わらず、ライブでは常にシンガロングが巻き起こしている彼らの、完全に突き抜けたサウンドと破壊力うをぶち込んだ1stアルバム『NEVER WANNA BE SEVENTEEN AGAiN』完成!

PV試聴、ライブ映像試聴、音源試聴が出来ます!まずは、観てください、聴いてください!!さらにさらに、SEVENTEEN AGAiNのみなさまに全曲解説してもらいました。こちらも必見です!!

SEVENTEEN AGAiN OSAWA17氏よりコメント...
破壊と衝撃をポップとセンチメンタルでコーティングしたバーストポップ/メロディックの14曲入り1st ALBUM「NEVER WANNA BE SEVENTEEN AGAiN」が遂に完成しました!! POPPUNKサウンドを根底に置きつつ、突き抜けたテンションとドライブ感 / 怒涛のシンガロングパート、更には夕暮れ大疾走のセンチメンタルメロディー。コーラス効かせまくり、花咲かせまくりのキレイなメロディーが大流行の中、時代に逆らってお届けさせていただきます!!笑いも涙も濃縮に詰まった 14曲40分弱の完全自信作です!!

「Nobody Knows My Song」PV & ライブ映像!


「Nobody Knows My Song」PV
「Nobody Knows My Song」ライブ映像
※上記の動画コメントで動画が切り替わります


1stアルバム『NEVER WANNA BE SEVENTEEN AGAiN』メンバーによる全曲解説!試聴あり!

01. 試聴DON’T BREAK MY HEART
今のseventeen againが始まるキッカケになった一曲。この曲を作る以前はひたすらポップなんだか悪ふざけなんだか分からないショートチューンを連発するバンドだったんですねー、ナツカシイー。衝動とポップネスと色々な細かいジャンルやら体制をどーでもいいと思わせてくれる様なメロディーを手に入れたくて、そんな色々な思いとやりきれない感情を歌にしたのです。(YABUSON)

02. 試聴WAS YOUNG
何か色々な要素が垣間見える1曲!! 1曲目からの流れ出しかかっこよ過ぎて笑えます(笑)イントロはSNUFFさながら、メロが流れてMARIONETZ、サビではBLOTTOにHi-STANDARDで大合唱!! タイトル通り「若かった」んだねぇ~。(OSAWA17)

03. YESTERDAY
かつて東京は西荻窪にあったWATTSと言うライブハウスが無くなり、その店の人がZONE-Bと言う新しいライブハウスを作りました。それぞれの戻れない"あの頃"を思い浮かべて聴いて欲しいです。半べそエモーショナル全快!でもあくまで歌モノな曲。(5x6x0)

04. I don't wanna be with you
夏だ!海だ!POP PUNKだ!!とゆー事で玉屋氏(wienners,the sensations)にキーボードで参加してもらい「ヘイ!カノジョ海まで一緒にドライブいかが?」な遊び心あふれる一曲に仕上がったんではないでしょうか!!しかしながら歌詞ではナンパヤローを一蹴りする地団駄ソング!終盤の怒濤のオーオーコーラス必聴です!!(USHI)

05. JUST TO YOU
ボーカルのヤブ氏の衝動そのままに虚勢も大口も全部ひっくるめてウソもホントにしちまうぜ!!的な弱虫の悪あがきソング!退屈な日常をぶっ飛ばしたいみんなで拳を握ってシンガロングです!!(USHI)

06. YOU SAY NOTHING
この曲は、2年くらい前?NO PEOPLEと言うバンドと作ったスプリットの7inchレコードに入れる予定だったが時間の問題でやむ無くお蔵入り(後にI HATE SMOKE RECORDSのサンプラーに収録)したほどで、ライブでもお馴染みですねー。曲の最後は全員で「イエス!フォーリーンラーウ゛!」と言ってると思われるでしょう。僕にもそう聴こえます。(5x6x0)

07. 試聴KILL THAT
かの有名な?ショボPOP PUNK Band The grumpiesもビックリなヘナチョコPOP PUNK!!ドタバタでズッコケそうでズッコケない演奏に合わせて奇妙なダンスを踊るメンバーが目に浮かびます!!周りの目なんか気にしてる場合ではないですぜ、兄貴!!一生懸命バカになって笑われちまいましょー!!(USHI)

08. CAN’T LEAVE HERE
他の曲とは随分色身が違うけど好きな1曲。イントロからのハーモニカが絶妙に壮大感を加えてます。皆で汗水垂らしながら歌いたいもんですね〜。(OSAWA17)

09. 試聴ALWAYS SING ALONE
最近の曲の中でも超ストレートな1曲!メンバーも皆気に入っています。アルバムレビューにある「夕暮れ大疾走の〜」と言うよく分からない表現はこの曲の事でしょう。汗と涙と鼻水が夕暮れに混じって疾走!それはきっと誰もが見たことの有るあの夕暮れ…。(5x6x0)

10. THESE FIVE YEARS
ずっと一緒に居た人がいたのです。僕がノラリクラリなバンドやレコードばっかりに目を向ける生活を送っていて、その人に目を向けてあげる事が出来なくて僕らは離れてしまったのです。僕はそれまでの自分を心底後悔し、ボクの今まで目を向けていた事は、その人があって成り立っていたんだなと、また心底自分を情けなく思い、恥じました。その人は今は違うトコロへ行ってしまって、逢う事や話す事は出来ないのだけども、逢う事が出来ない人を悲しく思える事が出来る人生って、それだけ素晴らしいものだったんだなー、素晴らしいものなんだなーと思うのです。(YABUSON)

11. I THINK WHAT TO THINK
個人的にもこのアルバム収録曲の中で1,2を争うくらい好きな曲です。ミドルテンポなんだけど畳み掛ける展開と疾走力がある感じです。レコーディングでも非常に苦労した曲でもあります(笑) 「考えることを考える」ってタイトルと曲の全体のウネリ具合と展開もまたマッチしていて聴いて欲しい1曲です。(OSAWA17)

12. I DON’T MIND
自分で見ても驚いたけど、イントロからラストまで何と6分を超える渾身のロックバラード(!?)楽器から感情が鳴っています。全メロディックファンが泣いた…いや、全俺が涙!そしてギターアレンジにはBEATNIK TERMITESも涙で風船ガムを割るぜ!(5x6x0)

13. 試聴NOBODY KNOWS MY SONG
現在のSeventeen againの真骨頂的一曲!!No people(現Nope Ople)とのスプリット時のヘッポコ泣き虫少年から成長し”凜”と前を見据える後ろ姿も垣間見える一曲となったのでは。サビのコーラスでは血管むき出し、ハナミズそしてヨダレまで垂れ流しの大合唱&大絶叫でお送りしています!!(USHI)

14. COME AND THROUGH
実はVo/GtであるYABUSONが宅録で録音し、マスタリング時まで他メンバーに聴かせられてないという1曲(笑)いやそれにしてもこの声!自分のバンドメンバーを褒めるのは気持ち悪いですが、いい声してますよ!! もてようとしてるところが前面に押し出されてますね。本音としてはアルバムの締めとしては最高の1曲。この曲もいつか皆で鳴らしたいものです。(OSAWA17)


I HATE SMOKE RECORDS 連続リリース!

  • [特集]SORRY FOR A FROG

    [特集]SORRY FOR A FROG

    1st ALBUMですでに話題沸騰となったSORRY FOR A FROG、待望の2nd FULL ALBUM!今回も間違いない太鼓判押しの作品となってますよ!インタビュー、動画コメント、全曲解説などなど大特集!

  • とびっきりのSKA PUNKがコレだ!

    とびっきりのSKA PUNKがコレだ!

    これこれ!こういうSKA PUNKが聴きたかった!!I HATE SMOKE RECORDSの連続リリース第2弾は新世代SKA PUNK筆頭yellow gang!PV試聴、音源試聴、メンバーによる全曲解説あり!

I HATE SMOKE RECORDS

パンク/ハードコア ニュース PICK UP

  • PUNK × PUNK スプリット!!

    PUNK × PUNK スプリット!!

    東京のライブハウスシーンで注目されているRASPUTINとMATTERによる注目のスプリットアルバム!どちらも日本初音源!試聴あり!

  • ハイテンションハードコア!?FRIDAYZ

    ハイテンションハードコア!?FRIDAYZ

    根底にハードコアを置きつつも、キャッチーでファスト、FRIDAYZ!ケンジレイザーズのレーベルTHRASH ON LIFE RECORDSから!

  • パンク好きならコレでしょう!

    パンク好きならコレでしょう!

    海外結成の逆輸入パンクバンドELECTRIC SUMMERのニューアルバム、7月8日発売!PUNKって一体何だろう…?その答えはこの作品にあります。

パンク/ハードコアTOPへ

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

音も雰囲気も間違いなく良いです

NEVER WANNA BE SEVENTEEN AGAiN

CD

NEVER WANNA BE SEVENTEEN AGAiN

SEVENTEEN AGAiN

価格(税込) : ¥1,836
会員価格(税込) : ¥1,689
まとめ買い価格(税込) : ¥1,561

発売日:2009年08月21日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

SEVENTEEN AGAiN参加

NO MATTER WHERE WE GO

CD

NO MATTER WHERE WE GO

価格(税込) : ¥864

発売日:2008年12月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

パンク/メロディックおすすめ新作

  • I'm Standing Here

    CD

    I'm Standing Here

    innocent

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,102

    発売日:2009年09月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • FOREVER RULES

    CD

    FOREVER RULES

    RADIOTS

    価格(税込) : ¥2,484
    会員価格(税込) : ¥2,285
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,111

    発売日:2009年09月09日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • STRIKE A nEW CHORD

    CD

    STRIKE A nEW CHORD

    BOSSFIST

    価格(税込) : ¥1,620

    発売日:2005年10月06日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Bring Out Freedom

    CD

    Bring Out Freedom

    Boobie Trap

    価格(税込) : ¥1,620
    会員価格(税込) : ¥1,490
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,377

    発売日:2009年10月21日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • MY SONG

    CD

    MY SONG

    RIGHTNING-V

    価格(税込) : ¥1,836
    会員価格(税込) : ¥1,689
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,561

    発売日:2009年10月21日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です