HMVインタビュー:SHANK

2009年7月10日 (金)

interview

SHANK

大人気メロディックパンクバンドSHANK、2ndミニアルバムが7月24日に発売になります。楽曲の幅も広がり、個々に色が際立っています。メロディも文句なしの良メロ!前回に続いて、またまたSHANKにメールインタビュー敢行!

---前回に続いて2回目のご登場ではありますが、前回バンドについて詳しく聞いていなかったので、まずは、SHANK結成の時の話、そしてバンド名の由来を聞かせてください。

結成した当時は十六歳位でした、毎日釣りばかりしていました。 バンド名の由来は人間の弱い部分みたいな意味です。

---2ndミニアルバム『My sweet universe』絶賛レコーディング中だと思いますが、今現在どんな状況でしょうか?

終わりました、ツアー中です。

---今回のタイトル『My sweet universe』はどのような思いでつけたのですか?併せて今作のコンセプトもお話下さい。

響きです、コンセプトは誰にも触れられない自分だけの世界です。スピッツのパクリです。

---2作目となるわけですが、前作制作した時と今回とで気持ちの違いや変化などはありましたか?

曲を作っている段階では劇的な変化がありました、簡単に言うと無理して作りました。

---前作から約7ヶ月という早さでの新作リリースとなりますが、いつくらいから制作に入られたんですか?ライブを数多く行ってますが並行して行われていたんですか?

前作をリリースしてからすぐにレコーディングの話はあったんですが、イメージだけ先走っていてなかなかモチベーションが上がらずにダラダラしていたので、レコーディング前の二週間は気が狂いそうでした。 夏休みの終わりに宿題がたまり狂ってる感じです。

---前作『From tiny square room』が大ヒットしていますが、リリース前とリリース後で変わったことはありますか?ライブの状況などはどうですか?

支払いが止まりました。銀行の残高が五十円を切りました。 ライブの状況は日によって違いますが、以前よりは好きなようにやれるようになりました。

--- “From tiny square room tour”を終え、現在は“裏From tiny square room tour”ツアーを行っていますが、その中で特に印象に残ったライブを教えてください。

大阪でのライブ後の打ち上げ終わりにSHANKのドラム池本(ゆとり教育の敗北者)が酔っぱらってハイエースの上からダイブして右足を見事に骨折した場面が印象的でした。 Youtubeに載せたかったです。

---多くのバンドとライブを行っていますが、今回のツアーで仲良くなったり、絆が深まったバンドはいますか?

沢山います。

---ツアー中の移動車内でよく聴いた音楽はなんですか?

HEY-SMITH, FEELFLIP, NUBO, sublime, STOMPIN’ BIRD, LESS THAN JAKE, GENERAL HEAD MOUNTAIN, Boobie Trap, JUDY AND MARY, Mr.Children, 等々です。

---今後の活動予定を教えてください。

ライブです。

---最後にHMV ONLINEをご覧の皆様にひとことお願いします。

スカンキン!

---ありがとうございました!

SHANK