俺はこんなもんじゃない!!!!

2009年3月30日 (月)

俺はこんなもんじゃない
“俺はこんなもんじゃない”
このバンド名を聞いて何を思うだろう?
自分の理想とするものと、愕然とする現状の差、ジレンマ。
自分に対する期待、底知れぬ欲。
とにかく想像するのは自分。
対峙する自分。

そんなバンド名からしてなにかあるなと匂わせる
この“俺はこんなもんじゃない”というバンドを
CINRAとHMVは今月のイチオシに選んだ。

2/27 渋谷nestで行われたCINRA主催のイベントexPoP!!!!!での
“俺はこんなもんじゃない”のLIVEを見た時に即決だった。
テクニックを駆使するわけでもない演奏から生まれる
とてつもないグルーヴにやられたんである。

“俺はこんなもんじゃない”は2001年始動した雑さと複雑さが同居する
絶妙なアンサンブルを聴かせる6人のインストバンドだ。

インスト?難解でしょ?
そういうのはもうやめにしたい。
そりゃ「この曲はこういうメッセージがあるんですよ」って
1から10まで説明しようとする数多の楽曲と比べれば難解と言えるかもしれない。
“俺はこんなもんじゃない”ってバンドは、それを説明しようとしているわけじゃない。
だからこそ、僕ら聴き手は音楽を聴いていろいろと思考が膨らみ、想像ができるんだと思う。
音を聴いて、説明のない隙間からいろいろなことを感じ取り、自分に中に思いをめぐらす。
ただ単に一方通行に受け取るだけでなく、自分の中にも何かが生まれる。
僕はこれをある種のコミュニケーションだと考える。
もちろんそうやって聴き手が音を聴いて感じることはそれぞれ。
それぞれがそれぞれの感じ方で楽しむこの音楽、
想像力を刺激する“俺はこんなもんじゃない”を心から推薦したい。


texted by matsui(HMV online)



 狩生健志 × 大谷能生スペシャル対談

 遊星からの物体X プロモーションビデオ






俺はこんなもんじゃない / OWKMJ
俺はこんなもんじゃない / OWKMJ
 彼らにとって3枚目のアルバムは、彼らの魅力が最大限に詰まり、見事に爆発したアヴァンポップミュージック。楽器がうたい、その隙間に声がちりばめられ、聴けば聴くほど深みにはまるマジカルな音楽が見事に開花した。ジャズ、プログレ、ノイズ、アヴァンポップ、アンビエント・・・どこまでも実験精神に満ち溢れた最高傑作である。



 狩生健志 , 大谷能生 作品紹介
俺は
こんなもんじゃない
Kariu Kenji 菊地成孔 / 大谷能生 瀬川昌久 / 大谷能生 大谷能生
俺はこんなもんじゃない Kariu Kenji 菊地成孔 / 大谷能生 瀬川昌久 / 大谷能生 大谷能生
前作もヤバイ! 4月発売予定のソロ作 東京大学の
アルバート・アイラー
日本ジャズの誕生 散文世界の散漫な散策



俺はこんなもんじゃない official website

俺はこんなもんじゃない MySpace

大谷能生の新・朝顔観察日記

CINRA.net

ジャパニーズポップス ページ Topへ戻る

このページのTopへ戻る