COMEBACK MY DAUGHTERSインタビュー

ROCK NEXT STANDARD

2008年10月30日 (木)

 




COMEBACK MY DAUGHTERS、ニューアルバム『EXPerience』が10月22日に発売になりました! 今回は、Vo./Gt.高本和英さんとGt.のCHUN2さんにインタビューを敢行! もっと音楽が好きになる、もっとCOMEBACK MY DAUGHTERSが好きになる、そんな素敵なインタビューです。
※インタビューを最後までごらんにいただいた方には、抽選で素敵なプレゼントが!

それでは、COMEBACK MY DAUGHTERSのインタビュー、スタート!

取材/文:長井(HMV商品部)&原(HMV ONLINE)

PAGE: 1 2 3

僕達は僕達の10年を背負いながら
進化していくほうがいいだろうという結論が出たんですよ

――まずは自己紹介をお願いします。

高本:ボーカル・ギターの高本です。

CHUN2:ギターのCHUN2です。

――この度は、ニューアルバム『EXPerience』完成おめでとうございます。アルバムを作り上げての感想を含めてこの作品をご紹介ください。

高本:今の僕達がやりたかったことは全て出し切れた、過去最高傑作だと思っています。

――今回のこのタイトルに込められた思いはなんでしょうか?

高本:覚悟というか、僕達は自分達が信じる不変なものというテーマがあるんですけども、結成当時から、ずっとメロディを大事にした音楽を、後にも残る音楽を作っていこうというのがあって、今、10年目になるんですけど、その間に影響を受けたり、ぶれたりしそうな時もあったんですけど、僕達は僕達の10年を背負いながら進化していくほうがいいだろうという結論が出たんですよ。なので、結論のようなタイトル『EXPerience』に。

――EXPが大文字なのは、何か意味があったりするんですか?

高本: EXPから始まる単語がいっぱいあるじゃないですか。僕達はEXPの中でも『EXPerience』を選択した。

――制作にあたっての秘話ですとか、レコーディング中のおもしろエピソードなど教えていただけますか?

高本:では、CHUN2がおもしろエピソードを言ってくれる…

CHUN2:おもしろエピソード…、そうですね、レコーディングはですね、僕ら主に週末土日にかけてやってるんですけど、だいたい12時くらいには終わるはずのレコーディングが、今回は翌朝までかかったりと、かなりの残業時間があって。
(一同笑)

CHUN2:宿泊施設はないんですけども、冷たい床で寝たりとか、キーボードのケースの中に入って暖をとって寝るっていう、そういう、サバイバルな思い出がありますね(笑)。

――レコーディングに入られる段階で、曲の細かいことはすべて固めた上ではいっているんですか?それとも、スタジオに入ってから決めていくんでしょうか?

高本:すべてその場ですね。ベーシックな部分以外はほとんど決めないで、まぁ、決まらないですよね、僕達は本番まで。性格的にもギリギリまで、こっちのほうがいいんじゃないか、あっちのほうがいいんじゃないか、もう、これ以上ないよっていうところまで決められないんですよね。だから、骨組みだけをもっていって望んで。

――レコーディング自体はパラで録られるんですか?一発で録られるんですか?

高本:パラで録りましたね。だから、まさか、そうくるとは思っていなかったっていうやつの上に重ねていくっていう感じですね。

――シングル「Bird's Tradition E.p.」から今のアルバムタイミングまで、かなり時間がありましたが、このアルバムに対する覚悟などがあって、時間をかけて作ってきたんですか?

高本:まぁ、そういったほうがいいかな?
(一同爆笑)

高本:実は、友達のバンドとかとツアーに行っていて、そのツアーが今までのバンド史上最高なくらい刺激を受けるツアーだったので、そのツアーのこと以外考えられなかったんですね。この人達とどう対等にやっていこうかってことに無我夢中だったので、作品のこと忘れてました。でも、やっぱりツアーをやれたから、覚悟がついたアルバムが作れたと思っているので、今回に関しては必要な時間だったと思いますね。

――レコーディング自体はどれくらいで完成に至ったんですか?

高本:20日間のレコーディングを、通常20日間って言ったら、何時から始まって何時っていうのがあるんですが、サバイバルな…。

CHUN2:サバイバル状態…。

高本:エンジニアさんの労働時間的には倍のような…。

CHUN2:(爆笑)

高本:なんで20日間。

CHUN2:みっちり。

高本:はい、40日間のような。(一同爆笑)。関わった人によって違いますね。

――どの曲もそれぞれ魅力がありますが、特に思い入れのある曲や、この曲のココを是非聴いて欲しいといったものがあればご紹介下さい。

高本:僕は6曲目「Slingshot Pellets」という曲が。この曲は、一番最後に出来た曲で、レコーディング本番のドラムとかベーシック撮りの前日くらいに、僕が全く変えた、しかも、そのベーシックな部分だけしか持ってこなかったんです。しかも今まで進めてきたものと全く違うもので持ってきて。

CHUN2:びっくり。

高本:で、みんな、「エエーーー」ってなるじゃないですか。完璧に出来上がっているならそれはそれでいいんでしょうけど、まったくベーシックな部分しかなくて、イメージもむちゃくちゃなことをみんなに言って。

CHUN2:そうなんですよ。もう、必至に考えて、どんな感じなのかなーって、自分の解釈で。

――イメージを共有して楽曲は出来上がっていくんですか?

高本:そうですね。この曲は、Otis Reddingを2008年のロックバンドがやったらどういう感じなんだろうていう感じで持ってきましたって言って。で、ギターはジョージハリスンが加入したっていう感じで、じゃあお願いします!みたいな感じで言いまして。冗談もあったりするんですけど、そんなざっくりしたことを言われてもOtis Reddingの曲数って半端じゃないじゃないですか。どの曲のことを指すのかとか、2008年のバンドっぽくって言われても、どのバンドを指すのかとか、全部曖昧だったので。で、ギターはジョージハリスンで(笑)。

――基本的に曲は高本さんが作っているんですか?

高本:ベーシックっていうか、僕が作ってくるのはコード進行と歌のメロディだけだったり、ひどい時はイントロのフレーズだけとか。あとは、歌はこういう感じっていうのだけとか、そんな感じですね。ガッチリ全部作ってくることはしないですね。面白くないです。

――では、CHUN2さんは?

CHUN2:僕は8曲目「She Get Python」。これは、アルバムの中で一番パワフルな曲なんですけど。歳を重ねていくごとに、どんどん作る音楽っていうのは枯れてくる感じがするんですね。それを今あえて、力強いものをもう一回やってみようぜみたいな。バカになんないと出来ないような感じがしたんで、ちょっと冗談半分で作り始めてた曲だと思うんですけど。その感じが、30歳が作るポップソング、いい曲が出来たなって思ってます。

――やっぱりポップスということに思いが強いんですか?

高本:ポップス…、ポップミュージックと呼ばれるものですかね。否定的なわけではなくて、僕は日本で言われているポップスというものにポップを全然感じないので。でも、僕が知っているポップソングというものは、無数にたくさんあって、そういうものはものすごく大好きなので。ホントの意味でポップな歌を作りたいなっていうのは頭にずっとありますね。

 

<前のページ | 次のページ

 



ページTopへ戻る
最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 DRADNATS
 アチコ×木下理樹(ART-SCHOOL)
ロック&ポップス
 The Faint
 Panic At The Disco
ダンス&ソウル
 Mademoiselle Yulia
 Terry Lee Brown Jr.
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Muehiro
 Alexia Bomtempo
TV & 映画
 岩松了
 アンドレアス・ジョンセン監督


New Album

   COMEBACK MY DAUGHTERS
EXPerience

1 EXP
2 Crystal
3 Hot Chinkee
4 Vice & Vice
5 Have Lancho
6 Slingshot Pellets
7 Bored Rigid
8 She Get Python
9 Hair Brush Knife
10 Ordin
11 Etarnal Cheep
12 Cosmic Rays



PICK UP

  COMEBACK MY DAUGHTERS
Have Lancho

PICK UP

  COMEBACK MY DAUGHTERS
Bird's Tradition E.p.

PICK UP

  COMEBACK MY DAUGHTERS
Parade Of Horses

PICK UP

  COMEBACK MY DAUGHTERS
Spitting Kisses

PICK UP

   Book
Indies Issue: Vol.41

PICK UP

   YOUR SONG IS GOOD
Action

PICK UP

   Braid
Movie Music Vol.1

PICK UP

   Four Hundred Years
New Imperialism

PICK UP

   Ben Kweller
How Ya Lookin'Southbound? Come In