DRADNATS インタビュー

2008年10月28日 (火)

 




PUNKシーンの要注目バンド、 DRADNATSが、ついに全国流通盤『New Unseen Tomorrow』を10月22日に発売しました! 高い演奏力、ハリ伸びある圧倒的ボーカル、エッジの効いた抜群のスピード感、 そしてなにより抜群のメロディセンスとどこをとっても間違いない脅威の大型新人!! そんな彼らにインタビューを敢行! ありのままの今の彼らを存分に感じてください!
※インタビューを最後までごらんにいただいた方には、抽選で素敵なプレゼントが!

それでは、DRADNATSのインタビュー、スタート!

取材/文:原(HMV ONLINE)

PAGE: 1 2 3

今のアルバムは完全に今のスタイル、
リアルな今のDRADNATSが入っているアルバムになってます

――まずは自己紹介からお願い致します。

柳澤:ギター/ボーカル担当の柳澤樹(ヤナギサワ)です。

殿畑:ドラム担当の殿畑(トノハタ)です。

山本:ベースの山本(ヤマモト)です。

――バンドの紹介もお願いします。

柳澤:東京のバンドで都内中心にライブをやってます。僕とドラムの殿畑は、元々同じバンドをやっていたんですけど、ベースの山本は違うバンドでやってて、東京の高円寺のライブハウスで出会って、お互い惹かれあって。山本に一緒にやらないかと誘われたのがきっかけです。お互いバンドを解散させて、この3人で集ってDRADNATS(ドラッドナッツ)というバンドが結成されました。

――バンド名の由来は?

柳澤:バンド名はですね、すごい単純なんですけど、逆にするとSTANDARDなんですよ。そのスペルをひっくり返して。

――!すみません、気が付かなかったです。

(一同笑)

柳澤:バンド名はすごく悩んで色々話し合って、パーキングエリアに決まりかけてたんですけど、たまたま、自分の働いているところの上司が、Hi-STANDARDの影響をすごく受けてるんだったら、STANDARDをひっくり返しちゃえばいいんじゃないのって、明解な感じで言われて。それが、純粋にすごく格好良くて、それがいいじゃないかって。

――この度は、初の全国流通盤『New Unseen Tomorrowニュー・アンシーン・トゥモロー』 完成おめでとうございます。アルバムを作り上げての感想を含めてこの作品をご紹介ください。

柳澤:そうですね、初めてのフルアルバムになるんで、1月にシングルを出したんですけど、その時のDRADNATSと、今のDRADNATSは、すごく違っていて。曲の雰囲気なんかも違うんですけど、DRADNATSっていう音のスタイルがしっかり決まった後に出来た曲がこのアルバムで。シングルは昔の頃と今のものが一緒に入っている感じになっていて、今のアルバムは完全に今のスタイル、リアルな今のDRADNATSが入っているアルバムになってます。

――アルバムタイトルに込められた意味は?

殿畑:結構、DRADNATSは、前向き精神を持っていきたいというのがあって。昔の曲で「EACH WAY」なんかは、それぞれの旅という感じで曲を作ってきたので、今回の『New Unseen Tomorrow』は、まだ見ぬ明日という感じで、未来系な感じをイメージして。曲の歌詞で、決まったタイトルで、書いていてこの言葉がいいよねって。

――アルバムを作るにあたっての、制作中の出来事やレコーディング中の話を聞かせてください。

山本:しんどかったっす。

――レコーディングはどれくらい時間をかけました?

柳澤:期間は一応1ヶ月。

殿畑:主にベース(山本)が曲を作ってきてくれるんですけど。アルバムは、全部新曲でありたいという気持ちが強かったんですよ。だから、3、4ヶ月くらいの期間しかなかったんですけど、ベースが12曲新曲をポンと持ってきて。それをスタジオでみんなで色々考えてアレンジして。あと、プロデューサーのダンもスタジオに来てくれて、こうやったらいいんじゃないって感じで出来上がったんですよね。

――アルバムを聴かせていただいたんですけど、捨て曲なしな作品に仕上がっていますが、 特に思い入れのある曲や、この曲のこういうところを聴いてくれ、この曲が好きだ、な1曲を強いてあげるなら?

柳澤:オレは、3曲目の「Spread Both Arms」っていう曲。ベースが曲を持ってきて、メロディを最初に聴くんですけど、聴いたときに、あ、キテるなって思ったのが、その曲が一番。
キテるなっていうか、個人的に好きなメロディだったんですよ。単純に好きな曲です。

殿畑:自分は、2曲目の「New Unseen Tomorrow」が。結構メロディはあったんですけど、曲の雰囲気もテンポも違うんで、正直、この曲いいの?みたいな感じだったんですよ。でも楽しいよねって感じだったんですけど、プロデューサーのダンが聴いてくれたときに、「うおぁー、すごいイイ曲〜」って言ってくれたんで。それで思い出になったていうか。

――山本さんは?

山本:ないっす。

――決められない感じですか?

山本:あえて決めないっす。曲を自分が作っていいと思って出して、ヤダって答えが返ってきたら、作れなくなっちゃうタイプなんで。曲にはあまり思い入れを込めないようにしてるんですよ。その流れで、聴いた人がいい曲なのがいい曲でいいかなって。

――作曲者ならではなんですかね?

山本:や、たぶん、チキンなだけです。自身持ってコレって言いたいところなんですけど。1枚を通してはこれはいいものが出来たって言えるんですけど、それをヒモ解いていくと、最初の発信が自分なんで、あんまり自信を持って言えないですね。

――90年代メロコアの感じと、今のメロディックパンクの感じをうまく融合されているなと感じますが、 曲作りはどのように行っていますか?

山本:浮かんでくるのは、仕事中バイク乗ってるんですけど、バイク乗っている時か、家帰ってご飯食べる前かのどっちかですね。全部じゃなくて、ところどころなんですけど、メロが浮かんで、それを携帯なりなんなりに録ってですね。

――それから曲にするわけですね。

山本:そうですね。メインボーカルがギターなんで、ギターの一番いい声が出るキーに設定して、そこから、サビが盛り上がるように、メロをつけていくって感じですね。

――このアルバムを通して聴いていると、いい感じに温まったところで、 「only you」からの盛り上げラッシュがたまらなくいいんですが、この曲並びはすぐに決まりましたか?

柳澤:結構手こずりましたね。

殿畑:やってる側と聴いてる側の意見がすごかったですね。自分達は絶対に3曲目の「Spread Both Arms」を1曲目にもってくるんだっていうのがあったんですよ。でも、うちのレーベルが「や、これは1曲目はないな」って。5曲目にある「Holiday」とかも、自分達のイメージでは最後のほうにもっていこうていうのが強かったんですけど、それも、「や、中盤だ」って。あと、「New Unseen Tomorrow」も中盤か最後のほうだよねって思ってたんですけど、それも「最初のほうだ」って。そういう感じですごいミーティングが荒れて、これ決まんないんじゃないかって。殴り合いですよ。

(一同爆笑)

――今はこの曲順で良かったと思ってます?

殿畑:聴いてて流れがいいかもしれないって思いましたね。

――時間はかかっちゃったんですね。

柳澤:そうですね。曲の並びが大切だっていうのは分かっていたので、その分悩んだっていうか、こういうもんだって思っていたところがそうじゃないんだって。結局、聴いてくれる人は、あくまでも聴く側の人間なんで、そう思うとレーベルの意見ていうのは、すごい大事で。的を獲てるんじゃないかなって思ったんで、その意見も大事にしてこの曲順になりました。

 

<前のページ | 次のページ

 



ページTopへ戻る
最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 COMEBACK MY DAUGHTERS
 アチコ×木下理樹(ART-SCHOOL)
ロック&ポップス
 The Faint
 Panic At The Disco
ダンス&ソウル
 Mademoiselle Yulia
 Terry Lee Brown Jr.
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Muehiro
 Alexia Bomtempo
TV & 映画
 岩松了
 アンドレアス・ジョンセン監督


1stアルバム

   DRADNATS
New Unseen Tomorrow

1 Find Your Way
2 New Unseen Tomorrow
3 Spread Both Arms
4 Motive
5 Holiday
6 Only You
7 Straight Ahead
8 In My Heart
9 Far Apart
10 Better View
11 Equal
12 Time Again


HMVオリジナル特典
缶バッジ


PICK UP

  Hi-STANDARD
MAKING THE ROAD

PICK UP

  UPPER
NOT OVER YET

PICK UP

  GARLIC BOYS
激情

PICK UP

  hawaiian6
RINGS

PICK UP

   FULLSCRATCH
Asshole Returns & The Historic Collection

PICK UP

   ヌンチャク
Nunchaku Archives

PICK UP

   locofrank
Brand-new Old-style

PICK UP

   THE BLUE HEARTS
THE BLUE HEARTS

PICK UP

   藤岡藤巻/大橋のぞみ
崖の上のポニョ