HOLIDAYS OF SEVENTEENインタビュー

2008年8月5日 (火)

HOLIDAYS OF SEVENTEENインタビュー
 文:原(HMV ONLINE)

―まずは、簡単にバンドの紹介、自己紹介をお願いします。

太郎HOLIDAYS OF SEVENTEENです。現在平均年齢23.6歳。今のメンバーとは、2003年に大学の音楽サークルで出会って、 前身バンド「しっとりクッキー」を結成しました。それから元良(Dr&Cho)の一時脱退を経て、Holidays Of Seventeenとして再出発。そこに蓬(Key)ヨモギがキーボードをもって、「僕キーボードががばいやりたか!」と言ってきたのは2006年5月のことで、もともとHO17メンバーとは仲が良かった彼は、すぐ馴染み、サウンド面で大きな貢献を果たしたとか、果たさなかったとか・・・。そんな感じで今に至ってます

―バンド名“HOLIDAYS OF SEVENTEEN”の由来は?

太郎 : おもいっきり直訳ですけど、“17歳の休日”ってとこからきてるんですよね・・・。17歳の頃って、すごく純粋に恋愛とか音楽とか、部活とかと向き合ってた思い出があって、その中でも夏休みとか、日曜日、祝日なんてめちゃくちゃ思い出深いじゃないですか!その気持ちを忘れないようにって気持ちを込めて、このバンド名にしました

―ニューアルバム『Yeah』完成おめでとうございます。このアルバムの紹介を、作り終わっての感想や、制作エピソードなども含めてお願いします。

: フレーズが固まってなくて胃痛に悩まされながらも、プロデューサーのクリスの支援もあり、会心の作ができました!って感じっす

功太 : 僕等福岡在住なんですけど、レコーディングは東京で3週間あって。その間は中国からの留学生ばかりが泊まっている寮に泊まらせてもらいました。ヨモギが中国人に間違えられたり、ゴキブリがいっぱい出ましたね。他にも、留学生と僕らにはは生活の違いがあって、彼らはお風呂にはスリッパはいて入ってました

: スタジオも凄くて、TRFとジュピター歌ってる平原綾香に会って大興奮でした。クリスも素晴らしい人で、 しかも色々な有名人のレコーディング裏話が聞けたたし! ムフフ・・・

―『Yeah』収録の曲で、個人的にイチオシの曲を教えてください。あわせて理由もお願いします。

太郎 : HO17の曲は、功太の作った曲、俺が作った曲と半々くらいの割合になんですけど、僕はどっちもすごく愛着がある曲ばかりなんで、どれがお勧めとは言い難いんですよね。でも、Letterは僕らが持つポテンシャルみたいなものをうまく引き出せている曲で、お客さんとも一番つながれる曲だと思います

―Local Sound Styleとスプリット盤を出したり、ライブで色々なバンドの方と共演されていますが、そんな仲良しバンドとの面白エピソード、何か教えてもらえませんか?

Local Sound Styleのベース、黒瀧君の家で、男3人普通の湯船に膝曲げてギチギチで入って出られなくなりました・・・。そこで鍋もしたりして、楽しかったな〜

太郎 : 最近はThe Cigavettesのカンジ君(Gt)とよく遊んでますね。こないだ一緒に海に行ったんですけど、2人とも海パン持ってきてなかったんで、そのままジーパンで海に入りました・・・。

―影響を受けたアーチスト、作品は何ですか?

太郎 : 影響を受けたアーティストは挙げ切れないですけど、きっかけになったってアーティストだど、ボーカルを始めるきっかけになったのはAEROSMITH、ギターを始めるきっかけになったのはTRAVIS。この二バンドのコピーからすべては始まったって感じです

―最近買った作品、もしくは最近よく聴いている作品を紹介してください。

The Ting Tingsの「We Started Nothing」と、THE KOOKSの「Konk」

太郎 : 僕もThe Ting Tingsはかなりキテますね。KTがちょうかわいいし!! 後は、The Cribsがマイ・ブーム中です

―最近はまっているものといえば?

: 読書!なかでも、今は何故か女性誌がおもしろい!

太郎 : 睡眠!ものすごく眠いです

―今後の活動予定を教えてください。

元良 : なんと言っても、10月から始まるアルバムのレコ発ツアーですね。今回のツアーでは、日本だけでなくアメリカも回るので、今からすごい楽しみです。www.ho17.comに最新情報をどんどんアップしていくので、是非足を運んでください!

―最後にHMVオンラインをごらんの皆様にメッセージをお願いします。

: ようやく僕らの1stアルバムが出来ました。沢山の思いと、沢山の僕らの過去が詰まったアルバムになってます。このアルバムがきっかけでいろんな人との出会いやいろんな思いに出会える事を楽しみにしてます。是非聞いて、そしてそして、ライブに遊び来て下さい

太郎 : 1stアルバムってことで、かなり初々しい感じですが、堂々とみんなに聴かせられる内容になっているんで、一人でも多くの人に聴いてもらいたいですね。それと、僕らはみんなと一緒に歌おう!っていうテーマでライブやってるんで、ぜひ曲を覚えてライブに遊びに来てー!

―ご協力ありがとうございました。


HOLIDAYS OF SEVENTEENの特集ページへ戻る
HOLIDAYS OF SEVENTEENの商品ページへ
ページTopへ戻る