From First To Last 直撃インタビュー!

2008年5月20日 (火)

無題ドキュメント
From First To Last



interview withFrom First To Last


アメリカ・フロリダ出身の4人組、From First To Last。(略してFFTL)
今年のWarped Tourではヘッドライナーでの出演が決定しており、今シーンで最も注目を集めている彼らが、去る5月12日、代官山Unitにて、たった1度だけの来日公演を行いました!
滞在期間がたった3日間という忙しい最中、我がHMVスタッフが直撃インタビューを敢行!
メンバー全員背が高く、かなりのナイスガイな上に、とても熱心にたくさんのお話を聞かせてくれました!(時に笑いあり)

そして今回は、現在注文殺到中のFFTLの最新アルバム『From First To Last』 (国内盤の発売日は6月25日)に収録されている楽曲が、エレクトロニック・アーツが今年送り出す大注目ゲーム ソフト『FaceBreaker(フェイスブレイカー)』に使用されることもあり、話はゲームから日本のアニメまでも及び、実に楽しい意インタビューとなりました!

では早速どうぞ!!

■まずはスニーカーショップに行ったよ!


--- 昨日は代官山でのライヴお疲れ様でした!

Travis Richter(以下、Travis)  ありがとう!

Matt Good(以下、Matt.G)  クレイジーだったな!

Derek Bloom(以下、Derek)  すごい楽しかったよ。

--- 日本への来日は今回が始めてですよね?

全員  イエス!!

Travis そうだよ初めてさ!

--- ちなみに今回の日本へはどれくらい滞在するの?

Travis 3日間だよ。明日、もう帰らなくちゃいけないんだ…。

Matt Manning(以下、Matt.G) 今回はすごい短いんだ。

--- もう日本のどこかには遊びにいったの?

Matt.M   まずはスニーカーショップに行ったよ!日本のスニカーが欲しくてしょうがなかったんだよね。ホラ!(履いているスニーカーをみせてくれる)プーマだよ〜! 

--- へえ〜!

Matt.M   あともう一足買ったんだけどね。笑 

--- スニーカーが好きなの?

Matt.M   日本に住んでいる友達がいるんだけど、彼は会うたびに、いつもクールなスニーカーを履いているんだ。いつもどこで買ったの?って聞くと日本だよって教えてくくれたから、日本に行ったら絶対にスニーカーを 買うって決めてたんだ! 
街を色々歩いて、色んなスニーカーショップを覗いた中からこれを見つけたよ!
 

--- 日本のスニーカーの方がクールなのかな?

Matt.M   もちろんずっとクールだよ!!
ここまでカッコいいものをアメリカではこの値段で買えないからさ。こんなクールなデザインを安く買えるのにはビックリしたよ。 






■日本のファンのみんなにはぶったまげた!

--- そうなんだ!
では、ちょっと話がそれてしまったから音楽について聞きたいんですが、昨日のライヴでの日本のファンの反応はどうだった?


全員 クレイジー!!

Matt.G  ぶったまげたね。 

Derek   クレイジーだよ! 

Travis   まさかあんな反応は返ってくるとはおもわなかったよ。 

--- あんな反応って?

Travis   はじめにギターを一音掻き鳴らしただけで、みんなが一斉にジャンプしたのもスゴかったし… 

Matt.M   とにかくたくさんの人がクラウドサーフィンしてて、受け止める警備員が全然足りなかったんだよね。それでも、みんなめげすにダイヴ続けるもんだから、次から次へと床にガンガン落ちていって…そして何度も後ろに戻ってダイヴしてって…ステージから見てその様も面白かったし、とにかく楽しすぎて終始笑いながら過ごしたよ!  

--- ステージからみて女性ファンの方が多かった?

Travis   うんそうだね。
僕等って、日本だけじゃなくてどこに行っても全体的に女の子のファンの方が多いみたいだ。(ちょっと恥ずかしそうに・・・) 


Matt.M   でも昨日は女の子だけじゃなくて色んな人が来ていたよ! 

Derek   僕達はロスからの移動で日本にやって来たんだけど、同じ便に乗ってた子が昨日のライヴで大騒ぎしていたんだ。彼が曲の途中でフワーっと飛んでいくのを見たよ。笑 

Matt.G  それに、パブで飲んだくれた時のイギリス人オーナーもいたな。笑 

--- じゃあ昨日は本当に大盛り上がりだったんですね。

全員 Yeah!

Travis   パーティーさ。 

Matt.M   家に帰りたくなかったもん。 







■千と千尋がイチバン好きなの?

--- じゃあ今回1回きりの公演だったけど、是非、近いうちに2回目の来日を期待していいのかな?

Travis   もちろん! 

Derek   できれば9月あたりには戻って来たいな。 

Matt.M   東京以外のほかの街にも行きたいしね。 

Matt.G  僕はジブリの大ファンだからジブリの博物館に行きたい!
千と千尋の大ファンなんだ。(腕にあるタトゥーをみせながら※1.参照) 


--- ほんとだ!スゴいね!これはいれるのに何日ぐらいかかった?

Matt.G  5時間くらいかな。…僕より有名なTatooだ。

--- ジブリの中では千と千尋がイチバンすきなの?

Matt.G  そうだね。中でもこれが一番好きなシーンで、大好きな2人なんだよ。

--- それは、それは・・・
では、アルバムの話に戻りますね。新作はあえてセルフ・タイトルとなってるけど、これはどういった意味が込められているの?


Derek  う〜ん…音的にも今まで作ってきたアルバムと全く違うものになったという事もあるし、今作で、新しいヴォーカルを配置たことで新しいバンドになった、という意味もあるかな。 

Travis   他のタイトルもいろいろ考えたけど、今自分達が言いたいことはこれしかなかったんだ。 

--- これまで、何度もメンバーチェンジなどを繰り返してきましたよね。そういった経験の意味も込められているのかな?

Travis   そうだね。 Manningが新たなベーシストとして加入して、Matt(G)は今度からメインボーカリストとしてすべての曲を歌うようになって、今作で全く違うバンドになったと思ってもらって構わないんだけど、それと同時に曲を書いているメイン・メンバーは変わってない訳で…、だから進化したFFTLという意味合いも込めてこのタイトルにしたよ。 


続く…

PAGE   1 ・ 2 ・ 3    



ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 LITTTLE TEMPO TICO
 フルカワミキ
ロック&ポップス
 Queenadreena
 シンプル・プラン×森貴美子対談
ダンス&ソウル
 Timmy Regisford
 DJ Fillmore
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Annekei
 Gina Saputo
TV & 映画
  『犬と私の10の約束』本木克英監督
 『死化粧師オロスコ(完全版)』 釣崎清隆


Queen Adreena / Ride A Cock Horse

 CD  From First To Last


(Tracklist)
01.Two As One
02.The Other Side
03.Worlds Away
04.We All Turn Back To Dust
05.Medicinal Reality
06.A Perfect Mess
07.Tick Tick Tomorrow
08.Deliverance!
09.I Once Was Lost But Now Am Profound
10.Be-headed
11.Memoriam In Advance

日本盤ボーナス・トラック収録予定


  Members

トップ写真(L→R)
Matt Good (Vo、G)
Matt Manning (ドラゴンタップ、B)
Derek Bloom (唸り声、Ds)
Travis Richter (しわがれ声、G)


(※1)
マット.Gの左腕には千と千尋の名シーンのタトゥーが!

Matt Good<