トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > スガ シカオ インタビュー 第1回

スガ シカオ インタビュー 第1回

2008年5月13日 (火)

無題ドキュメント
スガシカオ インタビュー

Text : Hosaka & Horita (HMV)


  Archive (更新の予定)

 第1回 10周年を超えてニューシングルリリース!
 第2回 カップリング&初回限定盤の真実!
 第3回 影響を受けたアーティスト&今後の活動
 
 (※インタビュー全掲載後に素敵なプレゼントを発表します!)

2008-05-13
2008-05-20
2008-05-27



10周年を超えてニューシングルリリース!

10周年で勢いづくのか、
“あ、10年経っちゃったね”っていう感じに
軽く通り過ぎるものなのか予想できなかったんですよ。
実際。



--- 去年は、『ALL SINGLES BEST』のリリース&大ヒット、日本武道館公演の成功や本人出演のTVCMタイアップ・ソング「フォノスコープ」のリリース、そして、過去10年間のライブの歴史を凝縮したライブ・ヒストリーアルバム『ALL LIVE BEST』のスマッシュ・ヒットなど…デビュー10周年イヤーとして大活躍なされてかなり多忙であったかと思いますが、改めて御自分で去年の活動を今振り返ってみていかがでしたか?

スガ シカオ そうですね。2007年はリリースもありましたけど、ライブばっかりでしたね。2007年になってすぐに10周年記念の武道館ライブがあって。それも大変だったんですけど、実はその直後にバンドメンバーを新しくしようということになって。なので武道館後はバンドのメンバー集めと、そのメンバーとの練習をずっとやってましたね。
  色々セッションを演って色んな人と音を出してみて、それを繰り返し繰り返し行って気に入った人と“一緒にやろうよ!”ってなって。徐々にバンドが出来上がってきて。その後、5-6月くらいの時期にそのメンバーとずっとスタジオに篭って曲の練習をして。夏にそのメンバーでイベントに出演して、秋にライブハウスのオールスタンディングのツアー「FUNK FIRE TOUR’07」を演ったらもう2007年が終わっちゃったっていう感じですね。

--- そこまでライブ活動を盛んに行ったのは初めてなんでしょうか?

スガ シカオ そうでもなくて。僕の場合、2年周期ぐらいでライブを演る時期と作品を作る制作活動に入る時期が交互になるようなペースになっていて。なので、去年はライブに力を入れていたから今年はアルバムを作るぞというような。制作活動に力を入れていくぞという感じになっていますね。

--- デビュー10周年ということで、今までの活動を振り返って感慨深い思いになったりとか、今後の節目になるであろう飛躍の年になったとか。そのような思いが込み上げるようなことはありませんでしたか?

スガ シカオ 10周年迎えるまでは、まさか自分が10周年を迎えるなんて全く見えてなくて。10周年で勢いづくのか、 “あ、10年経っちゃったね”っていう感じに軽く通り過ぎるものなのか予想できなかったんですよ。実際。まあ、1年半前ぐらいから、“10周年を迎えるよ”みたいな感じで周りが動き始めていたんですけど全く実感が沸かなくて。
  だから、どちらかというと、何事もなく終わるんだろうなって思っていたんですよね。取り敢えず10周年のライブをやるだろうから忙しくなるのかなぁぐらいの感覚だったんですけどね。でも、実際10周年が近づくにつれて、テレビや雑誌の取材が決まったりとかで急に忙しくなってね。2006年のNHKの紅白歌合戦に出ることになったり…。そして年明けていざ10周年の年になったらすごく忙しくなってね(笑)。ほんと目が回ってしまうんじゃないかっていうぐらい忙しくて…。
  でも、ほんとにそうなることを予想していなかったから、10周年を機に自分の活動がさらに盛り上がっていくなんて思っていなかったので、嬉しかったですね。特に、武道館の2DAYSがチケット即完売になるとも全く思っていなかったし。だって、スタッフに、“ちょっと、武道館2DAYSはやばいんじゃないの?”って言っていたくらいでしたから(笑)。ほんとびっくりした10周年でしたね。

--- そのような10周年の活動を経て、今年になって、今回「NOBODY KNOWS」リリースということになったのですが。この曲を作るに当たって、どのようなモチヴェーションで制作活動に挑んだんでしょうか?

スガ シカオ 10周年がどうだとかはまあ置いておいても、新曲を手がけるときは、新たなものを生み出そうという気持ちになって手がけ始めますね。

--- この「NOBODY KNOWS」は、以前リリースした「19才」に続きTVアニメ「xxxHOLiC◆継」オープニングテーマとなっているのですが、この曲は、アニメに向けて作られたものなのでしょうか? それとも元々スガさんの中にあった楽曲だったんですか?

スガ シカオ アニメが先にあって作りましたね。あの、「xxxHOLiC」(注:1)は、映画作品からはじまって今回で3作目になるんですけど、ずっと僕が関わらせてもらっているんですよ。そして今回もオープニングのアニメーションとコラボレートするという形になっていたので、僕の曲の尺にぴったり合わせてアニメを切ってもらっているんですよ。
  なので、アニメを作る側としては絵コンテを早く上げなければアニメも作れないので、僕が早く曲を仕上げなければいけないということで、なんだかんだいいながら去年の12月くらいには曲自体は仕上がっていたんですよ。で、そこからオープニングの絵を描いてもらって、4月からアニメ放送スタートという流れで…。一応、「xxxHOLiC」用に作った曲が3-4曲あって。その中からこの曲を選んだという感じですね。

--- 「xxxHOLiC」の世界観を引き継いでいる楽曲になっていると言ってもいいぐらいですよね?

スガ シカオ そうですね。歌詞とかはまさにそうなのかもしれませんね。ていうかもう普通に個人的に「xxxHOLiC」が大好きなんで。今までのコラボレーションと同じように作りましたね。原作もアニメも全て見てますかから。

--- なるほど。その影響もあってなのかわかりませんが、夜のイメージが強い…

スガ シカオ ダークな感じですよね。

--- 妖艶なイメージもあり。

スガ シカオ うん。まさにそれはアニメのイメージにぴったり。かといって、いやらしい感じで狙ったコラボレーションをしているわけではないですからね。「NOBODY KNOWS」を作りながら、アニメの世界観を忘れないようにという感じで制作したものですね。


続く…

PAGE   1 ・ 2 
  Archive (更新の予定)
 第1回 10周年を超えてニューシングルリリース!
 第2回 カップリング&初回限定盤の真実!
 第3回 影響を受けたアーティスト&今後の活動
 
 (※インタビュー全掲載後に素敵なプレゼントを発表します!)

2008-05-13
2008-05-20
2008-05-27

 




ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 LITTTLE TEMPO
 SEAMO
ロック&ポップス
 Queenadreena
 Radiohead
ダンス&ソウル
 Timmy Regisford
 DJ Fillmore
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Annekei
 Gina Saputo
TV & 映画
 『犬と私の10の約束』〜本木克英監督
 『空飛ぶモンティ・パイソン』関根勤


スガ シカオ / NOBODY KNOWS

 CDM  Nobody Knows

 初回生産限定盤:DVDつき(2007年に行われたライブ「Funk Fire Tour'07」からのライブ映像を収録


【注:1】

劇場版xxx Holic : 真夏ノ夜ノ夢

 

 DVD  劇場版xxx Holic : 真夏ノ夜ノ夢

絶大な人気を誇る女性4人組漫画創作集団CLAMPの原作は「ヤングマガジン」連載中のベストセラー。彼はこの劇場版にて、「サナギ」を提供。さらにアニメにて、「19才」を提供しており、今回で第3弾となる。