江藤俊哉さん逝去

2008年1月22日 (火)

江藤俊哉さん逝去

名ヴァイオリニスト、江藤俊哉さんがお亡くなりになりました。戦後日本のヴァイオリン界をリードしてきた巨匠であり、千住真理子、諏訪内晶子らを育てた教育者としても高名でした。

江藤俊哉(えとうとしや)さんは、1927年11月9日、東京都豊島区生まれ 。「俊哉」という名前は、アウアー門下の名ヴァイオリニスト、トーシャ・ザイデルにちなんだものとのことです。1932年、ヴァイオリニストで教育者としても知られる鈴木鎮一に4歳で入門、この江藤への教育を通じて「スズキ・メソード」が誕生したと言われ、江藤俊哉は「才能教育第1号」と呼ばれました。
 1934年、杉並区立桃井第五小学校に入学、1939年、12歳の小学校6年生の時、第8回音楽コンクール(現日本音楽コンクール)弦楽部門で第1位を受賞。1943年からアレクサンドル・モギレフスキーに師事。
 1944年、東京音楽学校本科ヴァイオリン科に入学し、井上武雄に師事。在学中には渡邉暁雄(ヴァイオリン)、松浦君代(ヴィオラ)、斎藤秀雄(チェロ)と弦楽四重奏団を結成して活動しています。
 1948年に東京音楽学校を卒業、ただちに講師に就任しましたが、この年の11月には渡米してカーティス音楽院に留学。アウアー門下のエフレム・ジンバリストに学びます。
 1951年、カーネギー・ホールでデビュー・リサイタルを、ウラディミール・ソコロフのピアノ伴奏でおこないます。1952年にカーティス音楽院音楽院を卒業しますが、研究生として1953年まで在籍、この年からはジンバリストの助手となり、1954年には教授に就任します。
 1958年、デッカと専属アーティスト契約を締結。アメリカ各地、ハワイ、イタリア、メキシコ、コスタリカ、カナダ、そして日本などで精力的な演奏活動を展開します。
 1961年5月、カーティス音楽院の留意を振り切って日本に帰国。帰国後も演奏活動を続ける一方、教育活動を盛んにおこないます。1963年に上野学園客演教授、桐朋学園大学非常勤講師に就任、1974年には客員教員、1976年からは客員教授に、1997年には桐朋学園大学学長に就任。門下から千住真理子、諏訪内晶子など優れたヴァイオリニストを輩出します。
 1979年、51歳の時に日本芸術院賞を授賞、1987年には日本芸術院会員に任命されます。また、日本演奏連盟理事(1977年)、日本国際音楽コンクールの審査委員長(1981年)など要職を歴任、国際的なコンクールの審査員を数多く務めるなど、日本の音楽界、ヴァイオリン界を牽引し続けました。
 1999年、桐朋学園大学院大学学長に就任。1964年以来居住している東京都小平市において1996年から開催されている「江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」名誉審査員長に就任するなど、後進の指導に対する情熱は衰えることがありませんでした。
 2008年1月22日、亡くなられていたことが発表されました。詳細は明らかにされていません。80歳でした。ご冥福をお祈り致します。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

ヴァイオリン・ソナタ全集/江藤俊哉&ヴァルデマール・デーリング

CD

ヴァイオリン・ソナタ全集/江藤俊哉&ヴァルデマール・デーリング

ヘンデル(1685-1759)

価格(税込) : ¥2,700
会員価格(税込) : ¥2,484
まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

発売日:1998年01月25日
通常ご注文後 2-7日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

江藤俊哉の芸術(4CD)

CD

江藤俊哉の芸術(4CD)

ユーザー評価 : 5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥6,171
会員価格(税込) : ¥5,678

発売日:2001年10月24日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%