モータウン・ヒストリー5

2009年4月23日 (木)

第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回

ラストとなる第5回は80年代から現在までモータウンで活躍したアーティストを中心に紹介したい。

Rick James

80年代のモータウンを語る上で外せないのが、 昨年8月6日に 亡くなったファンク・マスター、Rick Jamesだろう。 60年代後期、ヴェトナム戦争に行くことを避けるためにカナダに放浪の旅に出て、現地で当時はまだ無名だったNeil YoungらとともにMynah Birdsというグループでバンド活動をしていたこともあったRickは、70年代、ソングライターとしてモータウン傘下の音楽出版社ジョベッタ・ミュージック入りを果たす。

78年、自らがレコーディングしたファンキーな作品で当時の妻のことを歌った"You & I"でアーティストとしてデビュー。これがいきなり大ヒットとなり、以降モータウン唯一のファンク・アーティストとして人気を博するようになるが、マリワナ讃歌"Mary Jane"ではプロモーション時、自らラジオ局のDJ達にマリワナを配布していたという逸話もあるほどモータウンの問題児であった。

レーベルにとっては頭の痛い存在であったRickだが、アーティストとしてだけでなく、当時恋人だったTeena MarieMary Jane Girlsなどのプロデュースも手がけヒット曲を量産。外部でもEddie Murphyの"Party All The time"、Smokey Robinsonとのデュエット"Ebony Eyes"、Temptationsとの"Standing On The Top"などのヒットも飛ばす。 ところが、唯一のグレイテイスト・ヒッツ・アルバムをリリースした後の「Glow」あたりから方向性を見失い、徐々にその輝きを失っていった。

一方、Smokey Robinsonは"Crusin"で、Jermaine Jacksonは"Let's Get Sirious"、Diana Ross「Diana」でと、モータウン生え抜きのアーティスト達もヒットを飛ばし、さらにJackson 5に代わるアイドル・グループとしてDebargeが80’sモータウンを支えるようになる。

Debarge

メンバーは、妹のBunny、Mark、James、Randyそしてサウンドメイキングの中心となるEl DeBargeの5人からなる兄弟グループのDeBarge。80年代のジャクソンズとしてデビューしたものの、時代を反映してスムース&メロー路線で人気者に。1stからは18週連続1位を獲得した"I Like It"、2ndからは"All This Love"や"Time Will Reveal"といったヒット曲を飛ばす。

DeBargeは80年代モータウンを代表するグループ、というだけでなく、ヒップホップ・ネタとしてもよく知られており、Warren Gの"I Want It All"やAshantiの"Foolish"などにも彼らの曲が使われている。またDJ QuikEl DeBargeの大ファンであることも有名だ。 その後、レーベルのイメージにピッタリな存在としてモータウンが最も力を入れたのが、クロスオーヴァーなヒット・メイカーLionel Richieであった。

Lionel Richie

ファンク・バンドとして人気を博していたCommodoresのリード・ヴォーカルであったLionel Richieは、やがてソングライターとして頭角をあらわし、77年にはバラード"Easy"が全米R&Bシングル・チャートで首位を獲得、翌78年には"Three Times A Lady(永遠の人〜捧げる歌)"がついに全米ポップ・チャートで初のNo.1を記録する。Kenny Rogers に提供した"Lady"や、Diana Rossとのデュエット"Endless Love"がジャンルを超えた大ヒットを記録、81年の「In The Pocket」を最後にLionelはグループを脱退する。

同年、初のソロ・アルバム「Lionel Richie」を発表し"Truely"がチャート制覇。1stはダンス・ナンバーにも良質の曲が多く、かなりの傑作。続く 83年の2ndアルバム「Can't Slow Down」(翌年度のグラミー受賞作)では遂にポップ・シーンの頂点を極める。世界中で1,000万枚以上を売り上げた同作からはロス五輪の閉会式でも歌われた"All Night Long"をはじめとする5曲のトップ10シングルを出す。さらにUSA For AfricaのプロジェクトでMichael Jackson と共作した"We Are The World"や"Say You, Say Me"などのヒットで日本でもライオネルの名前は広く知れ渡っている。

レーベル設立25周年を迎えた83年、モータウンはMCAに配給を委任。事実上インディペンデント・レーベルではなくなる。 この時代はSmith Connectionで知られるデトロイトの兄弟グループLovesmith「Lovesmith」、敏腕プロデューサーReggie Andrewsとのケミストリーが見事な"Let It Whip"を収録したDazz Bandの「Keep It Live」、Anita Bakerのソングライターとしても評価の高いGarry Glennのセカンド 「Feels Good To Feel Good」、Ali Ollie Woodsonが加わった新生Temptationsの「Truly For You」といった隠れた名盤も多い。

80年代半ば、ポップス・シーンではPhil Collins Supremesの"恋はあせらず")のカヴァーや、WhamHall & Oates(昨年リリースしたソウル・カヴァー集「Our Kind Of Soul」にもモータウンの楽曲収録)など明らかにモータウン・ビートを使った楽曲のヒットなどによりモータウン・リヴァイヴァル・ブームが起こる。しかし、音楽業界の商業化が進行し、Michael JacksonPrinceクラスのMTVスターのいなかったモータウンは徐々に弱体化していく。

90年代以降

88年、ゴーディーはモータウンのカタログを全て売却し、経営体制が一新。90年代以降はレーベル復興に向け益々戦略的になる。 Bobby Brownの替わりにNew Editionに加入した実力派Johnny Gill、 90年代ヴォーカル・グループの筆頭Boyz II Men、アイドル的な人気もあったShaniceTony Toni Tone Dwayne Wigginsが手がけたBlu、Prince一派Rosie Gaines、ヒップホップフィールドをも巻き込み一世を風靡したZhane、今やBad Boysの看板ライターとなったMario Winansの1st、ロスの4人組Profyleなどが多くのアーティストを抱えていた。 しかし社長は次々と変わり、経営方針はその都度変更されモータウンは不安定な状況が続いた。

99年、新社長にD'AngeloErykah Baduなどを発掘したギダー・マッセンバーグが就任、息の長いアーティスト育成を目指すようになる。現在はBrian McKnightWill DowningIndia ArieErykah Baduといった実力派R&Bシンガーを中心に展開。2004年にはKemTrina Broussard など良質な新人アーティストの作品もリリースしている。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Ultimate Collection

CD 輸入盤

Ultimate Collection

Debarge

ユーザー評価 : 3.5点 (3件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,200
会員価格(税込) : ¥1,914

発売日:1997年03月25日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

  • Street Songs (Remastered)

    CD 輸入盤

    Street Songs (Remastered)

    Rick James

    ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,870
    会員価格(税込) : ¥1,421
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,402

    発売日:2002年11月12日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Diana

    CD 輸入盤

    Diana

    Diana Ross

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥4,719
    会員価格(税込) : ¥4,342

    発売日:2003年07月29日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Lionel Richie (Remastered)

    CD 輸入盤

    Lionel Richie (Remastered)

    Lionel Richie

    価格(税込) : ¥1,980
    会員価格(税込) : ¥1,222

    発売日:2003年05月06日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

featured item

  • Johnny Gill

    CD 輸入盤

    Johnny Gill

    Johnny Gill

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,024
    会員価格(税込) : ¥1,761

    発売日:1997年04月11日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Cooley High Harmony

    CD 輸入盤

    Cooley High Harmony

    Boyz II Men

    価格(税込) : ¥2,024
    会員価格(税込) : ¥1,761
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,518

    発売日:1996年09月08日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Best Of -Ultimate Collection

    CD 輸入盤

    Best Of -Ultimate Collection

    Shanice

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,409
    会員価格(税込) : ¥2,217

    発売日:1999年11月16日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です