モータウン・ヒストリー3

2009年4月23日 (木)

第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回



前回に引き続き今回は、Marvin GayeStevie WonderJackson 5らが活躍した70年代活躍したアーティストを中心に新生モータウンを探っていく。

Jackson 5

70年代初頭、モータウンはデトロイトからロサンゼルスへの移転の準備を本格的にスタートする。 モータウン新時代の象徴となったのがゴーディーが肝入りでデビューさせたキッズ・グループ、Jackson 5である。言わずもがな、Michael Jacksonがいた兄弟グループである。実際はGladys Knightが見い出したのだが、Diana Rossが彼らを発見したとして「Diana Ross Presents The Jackson 5」を69年にリリース。デビュー・シングル"帰ってほしいの"を含め"ABC"、"小さな経験"、"I'll Be There"とシングル4曲が連続全米ナンバー・ワン・ヒットとなる(2004年、Usherがこの記録に追い付いたことでニュースになった)。

ティーンエイジャーをターゲットにしていたJackson 5に対しゴーディーはイメージ作りに一際力を注いでおり、アルバムにクレジットされているソングライター・チームは全て「ザ・コーポレーション」、つまり個人名のない集まりとされていたほど(実際はベリー・ゴーディー・ジュニアと、先日亡くなったばかりのフレディー・ペレン、アルフォンゾ・ミゼル、ディーク・リチャーズの4人のことだった)で、彼らの名前が表に出ることは一切なかった。Funk Brothersのようなバック・ミュージシャンだけでなく、多くのヒット曲を生産した作曲家達でさえも栄光のモータウンの影の存在であったのだ。

ゴーディーの戦略は予想以上の反響を呼び、全米の老若男女がJackson 5の虜となる。70年には「ABC」「Third Album」の2枚のアルバムを発表、クリスマス・アルバムを経て「Maybe Tommorrow」「Lookin' Through The Windows」「Skywriter」と発表、マイケルの声変わり後、「Get It Together」を発表し新天地へ移籍することとなる。

彼らが Jackson 5がモータウンにいたのはたった7年間という短い期間ではあったが、兄弟グループとして強烈な印象を後世まで残すこととなる。 その影響は今尚強く、「Soul Source - Jackson 5 Remixes」といった日本独自企画盤もリリースされるなどクラブ・カルチャーからも彼らのサウンドは根強い支持を集めている。

Marvin Gaye

Marvin Gayeはモータウンの歴史を語る上で外せないアーティストの1人だ。その波瀾に満ちた人生についてはここでは割愛させていただくが、70年代の彼がモータウンというレーベルに、いやミュージック・シーンにもたらした影響はあまりにも大きい。

67年、Marvin Gayeとコンビを組み成功を収めていたTammi Terrellがライヴ中にMarvinの腕の中で倒れてから、彼女は脳腫瘍の手術を何度も受け、70年に遂に帰らぬ人となってしまう。

Tammiの死はMarvinに精神的に大きなダメージを与え、マリファナ漬けとなり一時はプロのフットボール選手になろうともしていたというほど歌手としての意欲を失わせてしまった。臥せっていたMarvinに、アル・クリーヴランドとFour Topsのレナルド“オビー”ベンソンは"What's Going On"という曲を与える。渋々引き受けたこの仕事が、Marvinの音楽人生を大きく変えることとなる。

シングル・ヒットを受け、Marvinはモータウン初のコンセプト・アルバム「What's Going On」を制作。弟のフランキーから聞いたベトナム戦争体験に触発され、当時の社会状況を反映したテーマを折り込んだこの作品は、多重録音コーラスなどサウンド的にも斬新かつ洗練されており、レーベル側が想像していた以上のセールスを記録。このヒットを盾に、Marvinはゴーディーからセルフ・プロデュースする権利を勝ち取ることとなる。

その後、ジャズ感覚溢れるサントラ「Trouble Man」を挟み、短いインターバルで「What's〜」とは対照的な性愛路線の傑作「Let's Get It On」をリリース。フランク・シナトラのキャピトル時代を支えたアレンジャー、エド・タウンゼントと前作に引き続きデイヴィッド・ヴァン・ドゥピットがプロデュースを担当し成功。76年にはLeon Wareがもともと自身のアルバムとしてリリースするはずだった曰くつきのアルバム「I Want You」を、78年には妻アンナとの離婚劇を語った自虐的な「Here, My Dear」を発表するもモータウンとの確執は深くCBSに移籍してしまう。

Stevie Wonder

そのMarvinの71年の「What's〜」に後追うようにモータウンの申し子だったStevie Wonderもよりクリエイティヴィティを発揮するようになる。63年、12歳の若さでデビューしてから69年の「My Cherie Amor」までStevieはアーティストとしての自由はほぼモータウンが握っていたものの、70年の「Signed, Sealed & Delivered」で5曲をプロデュース、72年の「Music Of My Mind」では全曲自身のオリジナルで占め、シンセサイザーを大胆に取り入れこれまでのモータウン・サウンドとは全く違うサウンドを作り上げた。マルチプレイヤーStevie Wonderの才能が大きく華開いた時期である。

特に「Music Of My Mind」から「Talking Book」(72)、「Innervisions」(73)、「Fulfillingness first Finale」(74)までの4部作が彼の最高傑作群として名高い。さらに「Innervisions」後、生死を彷徨うような交通事故に合い、Stevieは生死の意味を深く考えたのであろう、76年の2枚組大作「Songs in The Key Of Life」では、宗教的な高い精神性が表れた歌詞が読み取れる。80年代以降、Stevieはよりポップ化を辿り、Paul McCartneyと共演したり、We Are The World参加、サントラ「Woman In Red」からは"心の愛"が大ヒットを記録。

昨今は今世紀初のニュー・アルバムのリリースが噂されるなど、シーンへの影響力は未だに絶大。初期から現在までずっとモータウン一筋、生涯現役で頑張る、まさにモータウンの顔とも言うべきアーティストである。


その他70年代モータウンのアーティスト達

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

What's Going On

CD 輸入盤

What's Going On

Marvin Gaye

ユーザー評価 : 4.5点 (36件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,540
会員価格(税込) : ¥1,019
まとめ買い価格(税込) : ¥1,019

発売日:2003年01月15日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

  • Let's Get It On

    CD リマスター 輸入盤

    Let's Get It On

    Marvin Gaye

    ユーザー評価 : 5点 (9件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,914
    会員価格(税込) : ¥1,222
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,222

    発売日:2003年01月15日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Diana Ross Presents The Jackson 5 / Abc

    CD 輸入盤

    Diana Ross Presents The Jackson 5 / Abc

    Jackson 5

    ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,024
    会員価格(税込) : ¥1,761

    発売日:2001年01月15日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Ben

    CD 輸入盤

    Ben

    Michael Jackson

    ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,870
    会員価格(税込) : ¥1,421
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,402

    発売日:1997年04月14日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

featured item

  • Signed Sealed Delivered

    CD 輸入盤

    Signed Sealed Delivered

    Stevie Wonder

    価格(税込) : ¥1,914
    会員価格(税込) : ¥1,299
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,299

    発売日:1989年02月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Talking Book

    CD リマスター 輸入盤

    Talking Book

    Stevie Wonder

    ユーザー評価 : 5点 (21件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,038
    会員価格(税込) : ¥2,796

    発売日:2000年04月21日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Songs In The Key Of Life

    CD リマスター 輸入盤

    Songs In The Key Of Life

    Stevie Wonder

    ユーザー評価 : 5点 (35件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,090
    会員価格(税込) : ¥1,818
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,567

    発売日:2000年04月28日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です