Cocteau Twins紙ジャケ・シリーズ

2004年12月17日 (金)

天使の歌声と称され多くのアーティストに影響を与え続けるヴォーカリスト、Elizabeth Fraserを擁し、独自のジャンルを確立したスコットランド出身のCocteau Twinsの紙ジャケット6タイトルが遂に登場!

これまでにCultBauhausPixiesなどベガーズ・バンケット/4ADレーベルの紙ジャケ再発されたシリーズの中のタイトルで今回はストレンジ・デイズ誌の監修のもと、オリジナル・デザイン(UK盤)をできるかぎり再現した仕様となっております。

独自の世界を表現した1stアルバムほか全6タイトル

Garlands
記念すべきデビュー・アルバム(82年発表)。モノクロームなリズム、ディストーションの効いたギター・サウンド、そしてエリザベスの透明感溢れる歌声・・・。鬱蒼とした雰囲気の中にも凛とした響き、歌声が配され独自の世界観を表現している。

Head Over Heels
前作での鬱蒼とした雰囲気から、耽美な雰囲気の音世界を構築した2ndアルバム(83年発表)。オリジナル・メンバーのウィル・ヘッジーが脱退、エリザベスとロビンの2人で創り上げた作品。

Treasure
ドローイング・クレイズのサイモン・レイモンドを迎え再出発を果たした3rdアルバム(84年発表)。ギリシャ神話をモチーフにした作品で、リズム・マシーンの使用によりエコーやループを多用したサウンドが印象的。エリザベスのヴォーカルがまるで楽器のひとつかのように響き渡り、彼らの新たな境地を開拓した。

Victorialand
エリザベスとロビンで作り上げられたドラムレスな4thアルバム(86年発表)。ゲストに4ADで活躍するディフ・ジャズのリチャード・トーマスがサックスで参加。前作で確立されたエリザベスのヴォーカル・スタイルが更に飛躍し、ヒーリング・アルバムのような一面も。

Blue Bell Knoll
よりポップに、よりグラマラスなサウンドに傾倒した88年発表の5thアルバム。エリザベスの歌声は前作以上に冴え渡り、なおかつ棘を刺すのも忘れてはいない。

Heaven Or Las Vegas
4ADでの最後の作品となった90年発表の6thアルバム。エリザベスの歌声はあくまでも軽やかに、彼ら独特の世界を描ききった作品。彼らの作品の中で最もポップで全英チャート最高7位を記録するなど、商業的に最も成功した作品となった。

「Beggars Banquet/4AD紙ジャケ・シリーズ」の一覧はこちらをご覧ください

Cocteau Twins
1981年、スコットランドはグレーンジマスにてエリザベス・フレイザー、ロビン・カスリー、ウィル・ヘッジーの3人で結成。ジョン・オイールにデモ・テープを手渡し、BBC Radio1に出演。その後4ADとの契約を勝ち取る。

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

紙ジャケ

also recommends

  • Stars & Topsoil -Collection1982-1990

    CD グレイテストヒッツ 輸入盤

    Stars & Topsoil -Collection1982-1990

    Cocteau Twins

    ユーザー評価 : 4.5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,804
    会員価格(税込) : ¥1,570
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,353

    発売日:2007年05月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Bbc Sessions

    CD 輸入盤

    Bbc Sessions

    Cocteau Twins

    価格(税込) : ¥4,059
    会員価格(税込) : ¥3,532

    発売日:1999年09月24日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です