トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 許光俊の言いたい放題 「快楽主義のベートーヴェンにウキウキ」

許光俊の言いたい放題 「快楽主義のベートーヴェンにウキウキ」 許光俊の言いたい放題へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2006年2月25日 (土)

特別寄稿 許光俊の言いたい放題

第4回 「快楽主義のベートーヴェンにウキウキ」

 以前、ここで取り上げたバティスのモーツァルト集は残念ながら廃盤らしい。その代わりと言うわけでもないが、このところバティスの録音が次々に輸入されているようだ。  それも当然至極。チェリビダッケやヴァントみたいに考え抜いた、鍛え抜いた演奏が消えた今、どうせなら、逆方向の演奏が楽しいではないか。

 そして実際、バティスのベートーヴェン全集は、こんなに思いこみがなくて、こんなに爽快で、こんなにくたびれないベートーヴェン演奏はほとんど空前絶後というほどに、快適なのである。聴いていて、心が晴れ晴れするのである。くつろがせてくれるのである。

 早い話、まるでロッシーニだ。これを聴いていると、構造がどうだとか、細かい部分がどうだとか、まったく考えたくなくなる。単にニコニコしていればいいのである。

 特に第1ー4番の愉悦感はいいなと思う。ゆっくりした楽章ですらウキウキ感があるし、もちろんフィナーレともなれば爽快に疾駆。自然な抑揚がついたスムーズな流れなので、セカセカしない。「英雄」さえもが幸福感の下に演奏されている。こんな楽しげで嬉しそうで快楽主義的なベートーヴェンって、カルロス・クライバーの4番以来ではないか。

 第5,7番あたりも快適だ。意味ありげなポーズはなく、ひたすら突進。トスカニーニから、偏執狂的超まじめさを取り除くとこうなる、とでも言おうか。

 ベートーヴェンをこんなふうにやれてしまうというのは、もしかしたら、いやたぶん、たいへんなことなのではないか? 何も考えないようでいて、ちゃんとした魅力的な演奏になっているというのは。深刻ぶらないでも大人の音楽になっているというのは。
 この直後に、ラトルの第9を聴いた。立派だし、おもしろい演奏だ。でも、ヨーロッパはもがいているんだな(そこが彼らのいいところではあるのだけど)と痛感させられたのだった。

(きょみつとし 音楽評論家 慶応大学助教授)

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲全集 バティス指揮メキシコ州立交響楽団(5CD)

CD 輸入盤

交響曲全集 バティス指揮メキシコ州立交響楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

ユーザー評価 : 3.5点 (4件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥5,709
会員価格(税込) : ¥4,968
まとめ買い価格(税込) : ¥3,425

発売日:2003年11月01日

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

Comp.symphonies: Batiz / Mexico State.so

CD 輸入盤

Comp.symphonies: Batiz / Mexico State.so

チャイコフスキー(1840-1893)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥4,389
会員価格(税込) : ¥3,819
まとめ買い価格(税込) : ¥2,633

発売日:2003年11月01日

%%header%%閉じる

%%message%%

Enrique Batiz

12/11(水)まで!輸入盤CDどれでも5点以上で40%オフ このアイコンの商品は、 12/11(水)まで!輸入盤CDどれでも5点以上で40%オフ 対象商品です