ビシュコフ&チェコ・フィル/ドヴォルザーク:交響曲第7〜9番、他(2CD)

2024年07月02日 (火) 18:30 - HMV&BOOKS online - クラシック


「チェコ音楽年2024」記念リリース!
ビシュコフ率いるチェコ・フィルがドヴォルザークの交響曲第7〜9番を録音!
序曲『自然と人生と愛』もこの上なく美しい演奏を披露


2018年10月よりチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・音楽監督を務めるセミョン・ビシュコフ。2023年秋の来日ツアーではドヴォルザークを演奏し、大いに盛り上がりました。その来日ツアー直前、2023年9月末から10月はじめに本拠地ドヴォルザーク・ホールで録音したドヴォルザークの交響曲第7、8、9番、そして序曲『自然と人生と愛』が2枚組セットでリリースされます!
 ドヴォルザークの最後の3つの交響曲は作曲家として最も充実した絶頂期の傑作。3篇それぞれが驚くほど幅広い様式で作曲され、随所にこの上なく美しい旋律があらわれます。
 序曲『自然と生命と愛』は、作曲当初『自然の中で』『謝肉祭』『オセロ』の3部作として構想。初演は1892年4月28日、プラハの芸術の家にてドヴォルザーク自身の指揮、国民劇場管弦楽団によって3曲まとめて演奏されましたが、最終的には別々に出版されております。この序曲集もドヴォルザークの豊かな音世界を堪能することができます。「チェコ音楽年2024」を記念する大注目の新譜です!(輸入元情報)


【収録情報】
Disc1
(75:42)
ドヴォルザーク:
● 交響曲第7番ニ短調 Op.70, B.141(1885)
● 交響曲第8番ト長調 Op.88, B.163(1889-1890)

Disc2
(82:01)
● 交響曲第9番ホ短調 Op.95, B.178『新世界より』(1893)
● 演奏会用序曲3部作『自然と人生と愛』(1891-92)

 自然の中で Op.91, B.168
 謝肉祭 Op.92, B.169
 オセロ Op.93, B.174

 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 セミョン・ビシュコフ
(指揮)

 録音時期:2023年9月27日〜10月13日
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル)

 エグゼクティヴ・プロデューサー:ロベルト・ハンチ(チェコ・フィルハーモニー管弦楽団)&ルノー・ロランジェ(PENTATONE)
 レコーディング・プロデューサー:ホルガー・ウルバッハ
 ディジパック仕様

30件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて