【発売】ヴァンスカ&ミネソタ管/マーラー:交響曲全集(11SACD)

2024年07月03日 (水) 07:30 - HMV&BOOKS online - クラシック

参考動画 『千人の交響曲』ライヴ映像

SACDハイブリッド盤!
ヴァンスカ指揮ミネソタ管弦楽団のマーラー交響曲全集がセットになって登場!


SACDハイブリッド盤。オスモ・ヴァンスカ指揮、ミネソタ管弦楽団のマーラー交響曲全集がセットで登場!
 2003年にミネソタ管弦楽団の音楽監督に就任したヴァンスカは、ベートーヴェンの交響曲全曲録音などで評価を高めました。しかし当団は経営悪化に伴う労使対立が激しさを増し、2012年10月に経営側はロックアウトを決行。同年2012/13年のシーズンは全てキャンセルとなり当団の存続そのものも危ぶまれる状況となりました。
 その後、ヴァンスカは労使の合意が成立した2014年1月に首席指揮者に復帰。以後、団結力の増したミネソタ管弦楽団の演奏は一層密度の濃いものとなっており、マーラーの交響曲全曲演奏・録音は当団の威信にかけた大企画となりました。
 2016年6月より2022年11月まで、コロナ禍を経て遂に完結した当全曲録音。数々の賞を受賞し、批評家や聴衆から称賛された当録音はマーラーの交響曲全集の新たな名盤誕生といえましょう。(輸入元情報)


【収録情報】
● マーラー:交響曲全集(第1番〜第10番全曲)

Disc1
(56:45)
1. 交響曲第1番ニ長調『巨人』

Disc2(84:38)
2. 交響曲第2番ハ短調『復活』

 ルビー・ヒューズ(ソプラノ)
 サーシャ・クック(メゾ・ソプラノ)
 ミネソタ合唱団

Disc3-4(103:19)
3. 交響曲第3番ニ短調

 ジェニファー・ジョンストン(メゾ・ソプラノ)
 ミネソタ合唱団(女声、音楽監督:キャシー・サルツマン・ロメイ)
 ミネソタ少年合唱団(音楽監督:マーク・S・ジョンソン)

Disc5(59:25)
4. 交響曲第4番ト長調

 キャロリン・サンプソン(ソプラノ)

Disc6(75:30)
5. 交響曲第5番嬰ハ短調

Disc7(86:48)
6. 交響曲第6番イ短調『悲劇的』

Disc8(77:30)
7. 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

Disc9(83:13)
8. 交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』

 キャロリン・サンプソン(ソプラノI/いと罪深き女)
 ジャクリン・ワーグナー(ソプラノII/贖罪の女)
 キャロリン・サンプソン(ソプラノIII/栄光の聖母)
 サーシャ・クック(アルトI/サマリアの女)
 ジェス・ダンディ(アルトII/エジプトのマリア)
 バリー・バンクス(テノール/マリア崇拝の博士)
 ユリアン・オルリスハウゼン(バリトン/法悦の教父)
 クリスティアン・イムラー(バス/瞑想の教父)
 ミネソタ合唱団(音楽監督:キャシー・サルツマン・ロメイ)
 ナショナル・ルーテル合唱団(音楽監督:デイヴィッド・チャーウィン)
 ミネソタ少年合唱団(音楽監督:マーク・S・ジョンソン)
 アンジェリカ・カンタンティ・ユース合唱団(音楽監督:エリザベス・エガー)

Disc10(81:32)
9. 交響曲第9番ニ長調

Disc11(78:20)
10. 交響曲第10番嬰ヘ長調〜クック版第3稿(第2版、1989)

 ミネソタ管弦楽団
 オスモ・ヴァンスカ
(指揮)

 録音時期:2018年3月(1)、2017年6月(2)、2022年11月(3)、2018年6月(4)、2016年6月(5)、2016年11月(6)、2018年11月(7)、2022年6月(8)、2022年3月(9)、2019年6月(10)
 録音場所:ミネアポリス、オーケストラ・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

交響曲全集(第1番〜第10番全曲) オスモ・ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団(11SACD)

SACD輸入盤

交響曲全集(第1番〜第10番全曲) オスモ・ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団(11SACD)

マーラー(1860-1911)

価格(税込) : ¥14,949

会員価格(税込) : ¥12,223

まとめ買い価格(税込) : ¥12,223

発売日: 2024年07月02日

クラシックお買得ボックス・ニュースへ戻る

4件中1-4件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて