ノリントン&シュトゥットガルト放送響/マルチヌー:交響曲第5番、第6番

2022年06月30日 (木) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ノリントン/マルチヌー:交響曲第5番、第6番

2021年11月、ロイヤル・ノーザン・シンフォニアとの演奏を最後に指揮活動から引退したロジャー・ノリントン。今回初リリースとなるこのアルバムでは、ノリントンのレパートリーとしては珍しいマルチヌーの交響曲を聴くことができます。
 マルチヌーの6曲の交響曲は、彼がアメリカに滞在していた1942年から1953年にかけて作曲されました。第5番は、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューでマルチヌー自身が「よく出来た、有機的で秩序のある作品」と語った自信作。第6番は1955年のボストン響創立75周年のための委嘱作で、初演を担った指揮者シャルル・ミュンシュを念頭に書き上げたとされています。マルチヌーはこの曲をそれまでの交響曲とは根本的に異なるものと考えて『交響的幻想曲』の副題を付けました。ドヴォルザークのレクィエムの旋律をはじめとする様々な楽想が入り混じり、秩序と構成を重んじた第5番とは対照的に自由で幻想的な作品になっています。
 ノリントンは1998年から2011年の13年間にわたりシュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者を務め、作曲当時に聴衆が感じたサウンド・イメージに迫るために、時代考証に基づいてオーケストラのサイズ・配置・奏法を調整し、弦楽器のノンヴィブラート演奏を基調とする「シュトゥットガルト・サウンド」と呼ばれる独自のスタイルを編み出しました。透明感と立体感を保ち、曲の構造を明らかにする演奏スタイルは、エルガーなどの20世紀作品でも効果を発揮しましたが、さらに時代が下ったマルチヌーをどう響かせるのか、大いに注目されます。(輸入元情報)

【収録情報】
マルチヌー:
1. 交響曲第5番 H.310(1946)
2. 交響曲第6番『交響的幻想曲』 H.343(1951-53)


 シュトゥットガルト放送交響楽団
 サー・ロジャー・ノリントン(指揮)

 録音時期:2008年2月16-18日(1)、2003年9月25,26日(2)
 録音場所:シュトゥットガルト、リーダーハレ、ベートーヴェンザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
交響曲第5番、第6番『交響的幻想曲』 ロジャー・ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団

CD輸入盤

交響曲第5番、第6番『交響的幻想曲』 ロジャー・ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団

マルチヌー(1890-1959)

価格(税込) : ¥3,080

会員価格(税込) : ¥2,280

発売日: 2022年08月11日

72件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて