ヌース四重奏団/ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集第1集(2CD)

2022年04月05日 (火) 11:30 - HMV&BOOKS online - クラシック


ヌース四重奏団/ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集 第1集

その不穏な中にユーモアを織り交ぜた作品で非難を浴びた交響曲第9番。同時期に作られた弦楽四重奏曲第3番は、自身のお気に入りの作品だったと言われています。2つのスケルツォと短いながらも強烈な緩徐楽章を含む5楽章形式。暗黒の世界へ深く潜り込みつつ、切れの際立つ展開は、終盤で不安の中に安堵の情景を見い出すショスタコーヴィチの特徴を最も感じる作品となっています。
 また1953年のスターリンの死後、いわゆる「DSCH」を記譜するようになりますが、第5番はそれが登場する最初の作品。第7番では作曲者が再び道化役となり、第8番のリア王に対する愚者となり、「DSCH」が神化を遂げるという作品。第9番では再び5楽章の形式となりますが、それがショスタコーヴィチによく合っており、スロー・ミュージックのゆっくりとしたテンポでの厳粛な簡素さと、終盤の切れのある爽快さの中に、洗練された厳格な後期へのスタイルの兆候が現れ始めています。
 イタリアを代表するヌース四重奏団による演奏。温かみのある音質と近代ヨーロッパのカルテット流派の鋭い音楽的直感を併せ持つ演奏で、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全集の第1弾として登場です。(輸入元情報)

【収録情報】
ショスタコーヴィチ:
● 弦楽四重奏曲第3番へ長調 Op.73
● 弦楽四重奏曲第5番変ロ長調 Op.92
● 弦楽四重奏曲第7番嬰ヘ短調 Op.108
● 弦楽四重奏曲第8番ハ短調 Op.110
● 弦楽四重奏曲第9番変ホ長調 Op.117


 ヌース四重奏団

 録音時期:2021年4月
 録音場所:イタリア、ベルナレッジョ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
弦楽四重奏曲全集 第1集 ヌース四重奏団(2CD)

CD輸入盤

弦楽四重奏曲全集 第1集 ヌース四重奏団(2CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

価格(税込) : ¥2,420

会員価格(税込) : ¥1,530

まとめ買い価格(税込) : ¥1,530

発売日: 2022年04月22日

5件中1-5件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて