コルティ&イル・ポモ・ドーロ/ヘンデル:『アポロとダフネ』『見捨てられたアルミーダ』

2022年01月12日 (水) 15:30 - HMV&BOOKS online - クラシック


登場人物の感情を音楽で鋭く表したヘンデルの若き才能が爆発!
コルティ率いるイル・ポモ・ドーロ、「PENTATONE」レーベル第3弾は、
『アポロとダフネ』と『見捨てられたアルミーダ』!


2枚のバッハのチェンバロ協奏曲のCDがレコード芸術誌の「特選盤」となり、日本でも大注目の存在となったフランチェスコ・コルティとイル・ポモ・ドーロによる「PENTATONE」レーベル第3弾は、ヘンデルの若き時代の2曲の傑作カンタータです。
 故郷のドイツを離れ、音楽の本場イタリアへと渡った20代前半のヘンデルは、主にローマでストラデッラやA.スカルラッティといった先達たちのスタイルをすぐに吸収し、数多くのイタリア語のカンタータを作曲しました。それらを代表する傑作が『アポロとダフネ』と『見捨てられたアルミーダ』です。登場人物の感情を音楽で鋭く表したヘンデルの若き才能が爆発したこれら2曲が、コルティ率いるイル・ポモ・ドーロと2人の実力派歌手による鮮烈な演奏で現代に鮮やかに蘇ります。コロラトゥーラ・ソプラノとして世界で活躍するキャサリン・レウェクと、オペラやリートで注目を集めるバリトン、ジョン・チェストは、各場面で巧みに声を変化させる幅広い表現で、才気煥発なヘンデルの音楽を歌い上げています。その芸達者な歌唱ぶりには脱帽です。コルティとイル・ポモ・ドーロは即興的装飾を交えて、登場人物の感情や場面を大いに盛り上げています。特に、登場人物の感情をえぐりだすほど強烈なコルティのチェンバロは圧巻です。また、序曲を持たない2編に同時代に作られた序曲やオペラ組曲を組み合わせたプログラムにも注目です。才気煥発な20代前半のヘンデルの躍動する音楽を圧倒的推進力で聴かせてくれるまたとない1枚です。(輸入元情報)


【収録情報】
ヘンデル:
1. 序曲 HWV.336
2. カンタータ『見捨てられたアルミーダ』 HWV.105 (1707)
3. 歌劇『アルミラ』組曲〜序曲 HWV.1
4. カンタータ『アポロとダフネ』 HWV.122 (1709-1710)
5. 歌劇『アルミラ』組曲 HWV.1〜シャコンヌ、ブーレ、メヌエット、リゴードン(アフリカ人の踊り)、サラバンド(アジア人の踊り)、リトルネッロ


 キャサリン・レウェク(ソプラノ/アルミーダ:2、ダフネ:4)
 ジョン・チェスト(バリトン/アポロ:4)
 イル・ポモ・ドーロ
 フランチェスコ・コルティ(指揮、チェンバロ)

 録音時期:2020年1月20-24日
 録音場所:イタリア、ロニゴ、ヴィッラ・サン・フェルモ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ディジパック仕様


2件中1-2件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて