ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管/バッハ:カンタータ集 第37集

2021年10月25日 (月) 07:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


J.S.バッハ:カンタータ集 第37集

ルドルフ・ルッツとバッハ財団管弦楽団によるカンタータ集。第37集には第65番、第49番、第114番の3曲が収録されています。
 第65番『彼らみなシバより来らん』は1724年1月6日に初演された顕現日用のカンタータ。東方から博士たちがやってきて、飼い葉桶の中の生まれたばかりのイエスに黄金、乳香、没薬を捧げたというエピソードに基づいた明るいカンタータです。オリジナル・パート譜は紛失し、自筆総譜の最終コラールには歌詞が書き込まれておらず、通常はジング・アカデミーの指揮者、C.F.ツェルターと思われる人物が総譜に書き込んだ、パウル・ゲルハルトの『我は神の心と思いのうちに(Ich hab in Gottes Herz und Sinn)』の歌詞が用いられますが、このアルバムではドイツの人権家セバスティアン・フランクによる『Hier ist mein Herz, Herr, nimm es hin(これこそわが心、主よ)』の冒頭の歌詞が用いられています。
 第49番『われ希望をもちて歩み求めん』は1726年11月3日、三位一体後第20日曜日用のカンタータ。バス(イエス)とソプラノ(信じる魂)との対話によって曲が進められる伝統に則った作品です。イエスと魂の聖なる婚姻が描かれており、全体的に華麗な響きが用いられているのが特徴。オルガンの活躍も聴きどころです。ヌリア・リアルの清冽な歌唱が華を添えています。
 第114番『ああ、愛するキリスト者よ、心安んぜよ』は1724年10月1日、三位一体後第17日曜日用のコラール・カンタータ。第4曲のコラールに有名な「一粒の麦地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、もし死なば多くの実を結ぶべし」(ヨハネ伝第12章24節)が使われているこの曲は、戒めが主題となっているだけに、全体的に厳格な雰囲気が漂います。最後に置かれたコラールこそ質素ですが、神に対する確信に満ちた信仰が歌われています。(輸入元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:
1. カンタータ第65番『彼らみなシバより来らん』 BWV.65
2. カンタータ第49番『われ希望をもちて歩み求めん』 BWV.49
3. カンタータ第114番『ああ、愛するキリスト者よ、心安んぜよ』 BWV.114


 ヌリア・リアル(ソプラノ:2)
 ダヴィド・エーラー(アルト:3)
 ゲオルク・ポップルツ(テノール:1,3)
 ゼバスティアン・ノアック(バス:1,2)
 ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(バス:3)
 バッハ財団合唱団
 バッハ財団管弦楽団(ピリオド楽器使用)
 ルドルフ・ルッツ(指揮)

 録音時期:2021年1月15日(1)、2017年10月27日(2)、2018年9月21日(3)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
カンタータ集 第37集〜第49番、第65番、第114番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

CD輸入盤

カンタータ集 第37集〜第49番、第65番、第114番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

バッハ(1685-1750)

価格(税込) : ¥5,709

会員価格(税込) : ¥4,968

まとめ買い価格(税込) : ¥3,711

発売日: 2021年11月25日

45件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて