【映像】ザルツブルク・マリオネット劇場/フンパーディンク:『ヘンゼルとグレーテル』

2021年10月11日 (月) 11:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ザルツブルク・マリオネット劇場/フンパーディンク:ヘンゼルとグレーテル


1913年にアントン・アイヒャーによって創設された「ザルツブルク・マリオネット劇場」は、モーツァルテウムと州立劇場の間に位置しザルツブルクの人気観光スポットとして、また地元の人々にも親しまれています。美しい舞台美術、豪華な衣装、人形たちの精巧な動きは、ときに人間が演ずる舞台をしのぐほどの説得力を示します。劇場は常に10人以上の人形師と音響、照明など専属のスタッフを抱え、年間およそ160公演をザルツブルクで、他60〜100公演を世界各地で行い好評を博しています。
 今回、すでに「Belvedere」レーベルからリリースされている『ヘンゼルとグレーテル』が、新たに日本語字幕を加えた新装盤とし「てDIE THEATEREDITION」レーベルより発売されます。
 グリム童話を原作とするフンパーディンクの歌劇『ヘンゼルとグレーテル』。欧州では『くるみ割り人形』とともにクリスマス・シーズンの定番演目として、子供から大人にまで親しまれています。音楽はワーグナーを彷彿させる後期ロマン派の重厚なオーケストレーションの中にわらべ歌や美しい合唱曲などをちりばめた魅力溢れるもの。可憐な歌唱を聴かせるアネッテ・ダッシュ(グレーテル役)を初めとする優れた歌手陣とアンドレアス・シュラー率いるイン・ボッカ・アル・ルーポのオーケストラ、少年少女合唱団が見事な演奏を聴かせます。
 この人形劇では、お菓子の家がバイロイト祝祭劇場のレプリカだったり、魔女が途中でワーグナーの風貌に変わったりと人形劇ならではのウィットに富んだ演出が楽しめます。(輸入元情報)



【収録情報】
● フンパーディンク:歌劇『ヘンゼルとグレーテル』


 人形師:ザルツブルク・マリオネット劇場劇団員
 使用音源:
 ヘンゼル…クリスティーナ・ナウデ(メゾ・ソプラノ)
 グレーテル…アネッテ・ダッシュ(ソプラノ)
 お菓子の魔女…ギードレ・ポヴィライティテ(メゾ・ソプラノ)
 ペーター(父親)…イェルク・ゴットシック(バリトン)
 ゲルトルート(母親)…マルティナ・ハンベルク=メビウス(メゾ・ソプラノ)
 砂男(眠りの精)…林田明子(ソプラノ)
 露の精…ビニ・リー(ソプラノ)
 イン・ボッカ・アル・ルーポ管弦楽団&少年少女合唱団
 アンドレアス・シュラー(指揮)

 演出&舞台美術:ヒンリッヒ・ホルストコッテ
 マリオネット製作:ピエール・モネラ

 収録時期:2009年
 収録場所:ザルツブルク・マリオネット劇場
 映像監督:アーニャ・ボイシュテリエン

 収録時間:101分
 画面:カラー、16:9
 字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語