【映像】ヴィルバート・ロッシーニ音楽祭/ロッシーニ:『ひどい誤解』

2021年09月14日 (火) 17:30 - HMV&BOOKS online - クラシック


ロッシーニ:歌劇『ひどい誤解』

裕福な地主ガンベロットと、その娘エルネスティーナ。彼女は貧しい青年エルマンノと恋に落ちますが、ガンベロットは彼女を大金持ちのブラリッキーノの妻にしようとたくらんでいます。そうはさせまいとエルマンノはブラッキーノに「実はエルネスティーナは女ではなく、軍隊から脱走した去勢された男だ」と嘘を吹き込み、それがきっかけで彼女は逮捕されてしまいます。目の前でエルネスティーナが逮捕されても平然としているブラリッキーノを見て激怒する父ガンベロット、騒ぎをよそにエルネスティーナの救出に向かうエルマンノ、さてこの騒動の行方は?・・・
 ロッシーニが19歳で作曲し、彼のオペラ・ブッファの第2作となった『ひどい誤解』は、1811年のボローニャでの初演の好評にもかかわらず当局によって上演が禁じられ、1825年に一回だけの再演があったものの、その後20世紀後半まで上演されることのない幻の作品でした。この作品では作曲家の若々しい音楽が聴きもので、とりわけ歌唱アンサンブルは後年のロッシーニを彷彿させる見事なもの。
 ここに収録されたヴィルバート・ロッシーニ音楽祭2018での上演では、ドイツ・ロッシーニ協会による校訂版スコアを用い、シンプルな舞台に優れた若手歌手陣の演技歌唱が繰り広げられています。ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ指揮のヴィルトゥオージ・ブルネンシスの活気ある演奏も聴きどころです。(輸入元情報)


【収録情報】
● ロッシーニ:歌劇『ひどい誤解』 (1811) 全曲


 エルネスティーナ…アントネッラ・コライアンニ(メゾ・ソプラノ)
 ガンベロット…ジュリオ・マストロトータロ(バリトン)
 ブラリッキオ…エマヌエル・フランコ(バリトン)
 エルマンノ…パトリック・カボンゴ(テノール)
 ロザリア…エレオノーラ・ベロッチ(ソプラノ)
 フロンティーノ…セバスティアン・モンティ(テノール)
 グレツキ室内合唱団(ブルガリア・ルセ国立歌劇場)
 マテウシュ・プレンドータ(合唱指揮)
 ミケーレ・デリア(チェンバロ)
 ヴィルトゥオージ・ブルネンシス
 ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ(指揮)

 演出・舞台美術:ヨッヘン・シェーンレーバー
 衣装:サンドラ・リ・マエネル・サーヴェドラ
 照明:オリヴァー・ポルスト

 上演素材:ドイツ・ロッシーニ協会(マルコ・ベゲッリ、ステファノ・ピアーナ編集)

 収録時期:2018年7月26,29日
 収録場所:バート・ヴィルバート、Konigliches Kurtheater(ライヴ)

 収録時間:141分
 画面:カラー、16:9
 字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・韓国語


『ひどい誤解』全曲 シェーンレーバー演出、ペレス=シエーラ&ヴィルトゥオージ・ブルネンシス、コライアンニ、カボンゴ、他(2018 ステレオ)(日本語字幕付)

Blu-ray Disc輸入盤

『ひどい誤解』全曲 シェーンレーバー演出、ペレス=シエーラ&ヴィルトゥオージ・ブルネンシス、コライアンニ、カボンゴ、他(2018 ステレオ)(日本語字幕付)

ロッシーニ(1792-1868)

価格(税込) : ¥4,069

会員価格(税込) : ¥3,051

まとめ買い価格(税込) : ¥3,051

ご予約商品 - 2021年10月28日 発売予定