デュムソー/ドビュッシー:『ペレアスとメリザンド』(2CD)

2021年08月02日 (月) 16:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


コロナ禍が生んだ注目盤、日本公演とほぼ同キャストによる『ペレアスとメリザンド』

新型コロナ・ウイルスによるパンデミックが世界を覆う中、ボルドー国立歌劇場で再演が予定されていた『ペレアスとメリザンド』も公演中止となってしまいましたが、劇場は「ALPHA」レーベルと組み、この作品の録音へと取り組むことになりました。
 2018年にプレミアを迎えたこのプロダクションは、同年ミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で金沢と東京でも披露され、大きな成功を収めたものです。ソリストもジュヌヴィエーヴ役以外は日本公演と同一というのが嬉しいところ。ペレアス役のバルベラク、メリザンドを演じるスケラートの安定した歌唱力から生まれる強い意志と繊細さの両立が聴きどころで、ゴロー役のデュアメルはじめ脇を固めるメンバーも素晴らしい出来栄えです。ボーイ・ソプラノの起用もあるイニョルドを演じるケレはまだ十代のソプラノで、微妙な役どころをうまく演じています。デュムソーの操る音楽も、大きな起伏を描きながら全体の流れを上手くコントロールしており、申し分ありません。(輸入元情報)

【収録情報】
● ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』全曲


 ペレアス…スタニスラス・ド・バルベラク(テノール)
 メリザンド…キアラ・スケラート(ソプラノ)
 ゴロー…アレキサンドル・デュアメル(バリトン)
 アルケル…ジェローム・ヴァルニエ(バス)
 ジュヌヴィエーヴ…ヤニナ・ベヒレ(メゾ・ソプラノ)
 イニョルド…マエリグ・ケレ(ソプラノ)
 牧童、医師…ジャン=ヴァンサン・ブロ(バス)
 ボルドー国立オペラ合唱団
 サルヴァトーレ・カプート(合唱指揮)
 ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団
 ピエール・デュムソー(指揮)

 録音時期:2020年11月
 録音場所:フランス、ボルドー歌劇場、オーディトリウム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)