尾高忠明&大阪フィル/ブルックナー:交響曲第9番

2021年07月14日 (水) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


尾高忠明&大阪フィル/ブルックナー:交響曲第9番(コールス校訂版)

2018年の音楽監督就任以来、数々の名演を響き渡らせる尾高=大阪フィル。ブルックナーは就任公演での『第8 番』以来積極的に演奏、 2020年の『第3番』に続き、2021年2月定期演奏会は『第9番』で飾りました。
 尾高の父、尚忠氏はその晩年にこの作品を指揮し、終演後「ブルックナーさん良かったね。天国へ行けて」と涙を浮かべて語ったと伝えられています。10代よりこの作品に傾倒する尾高は、30代前半で初めて指揮して以来、演奏を重ねてきました。そして「嬉しくなるような音が出る」大阪フィルとの共演で、初のCDリリースを決意します。「この縁ある曲に、生涯を掛けて向き合う」尾高。確信に満ちたその演奏は、峻厳、神秘的な響きで彩られ、聴く者を天国の門へと誘います。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第9番二短調(コールス校訂版)


 大阪フィルハーモニー交響楽団
 尾高忠明(指揮)

 録音時期:2021年2月12,13日
 録音場所:大阪、フェスティバルホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
交響曲第9番 尾高忠明&大阪フィル

CD

交響曲第9番 尾高忠明&大阪フィル

ブルックナー (1824-1896)

価格(税込) : ¥3,080

発売日: 2021年08月04日

56件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて