スメターチェク/リムスキー=コルサコフ:『シェエラザード』、他

2021年06月22日 (火) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


盤鬼・平林直哉氏も絶賛した、あの『シェエラザード』の名演が復活!
鮮烈ステレオ録音で堪能するスメターチェクの至芸


世界を股にかけて活躍し、チェコでは「空飛ぶ指揮者」「音楽大使」と呼ばれ、日本では「チェコのカラヤン」とのキャッチフレーズで親しまれたスメターチェクの名演。チェコ・フィルとあわせて「チェコ3大オーケストラ」と言われるプラハ交響楽団、プラハ放送交響楽団との共演です。
 この『シェエラザード』は国内初出時、盤鬼として知られる音楽評論家・平林直哉氏が絶賛した大名演。このたび「ALTUS」による最新のリマスターがなされ再び世に出されることになりました。

「『シェエラザード』がやはり素晴らしい。スメターチェクは正攻法にオーケストラをきちっと制御し、見通しの良い響きを再現している。ちょっと聴くと淡白のように思えるが、その過不足のない表現から、曲の面白さがくっきりと浮かびあがっているのだ。スメターチェクらしい繊細さも十分に生きている。手綱をゆるめず、最後まで凜々しく格調を保っており、後味も最高だ。」〜平林直哉氏の解説より〜(販売元情報)

【収録情報】
リムスキー=コルサコフ:
1. 交響組曲『シェエラザード』 Op.35
2. 『見えざる街キーテジと聖女フェヴローニヤの物語』組曲


 プラハ放送交響楽団(1)
 プラハ交響楽団(2)
 ヴァーツラフ・スメターチェク(指揮)

 録音時期:1975年6月3-5日(1)、1967年1月17日(2)
 録音方式:ステレオ(セッション)

 国内プレス
 日本語帯・解説付
10件中1-10件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて