M・スターン&カンザスシティ響/バーバー、シベリウス、スクリャービン

2021年05月13日 (木) 16:15 - HMV&BOOKS online - クラシック


マイケル・スターン率いるカンザスシティ響
バーバー、シベリウス、スクリャービンを録音


1982年に設立したカンザスシティ交響楽団。マイケル・スターンは音楽監督として20年目を迎え、楽団は高い芸術性、独創的なプログラミングで急成長を遂げ、現在ではカンザスシティの文化的生活に欠くことのできない存在となっています。
 リファレンス・レコーディングスから9枚目のリリースとなる今回は、バーバー、シベリウス、スクリャービンの単一楽章の交響曲を録音。収録されている3作品は単一楽章の楽曲ではありますが、3楽章、または4楽章の要素は残っており、拡張されたソナタ形式という意味では共通しています。バーバーは初期作品特有の完成と抒情性が感じられる作品。シベリウスの番号付き交響曲の最後となった第7番は北欧の透明な抒情や深い憂愁を表現しています。スクリャービンの『法悦の詩』は第4交響曲に位置する円熟期の作品です。また、キース・O・ジョンソン率いるリファレンス・レコーディングスの録音メンバーによる圧倒的な音響世界が楽しめる楽曲でもあります。(輸入元情報)

【収録情報】
● バーバー:交響曲第1番 Op.9
● シベリウス:交響曲第7番ハ長調 Op.105
● スクリャービン:法悦の詩 Op.54


 カンザスシティ交響楽団
 マイケル・スターン(指揮)

 録音時期:2016年6月24,25日
 録音場所:ミズーリ州カンザスシティ、カウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ、ヘルツベルク・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
14件中1-14件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて