イリヤ・グリンゴルツ/『チャッコーナ』

2021年05月11日 (火) 12:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


グリンゴルツがシャコンヌ(チャッコーナ)にまつわる無伴奏ヴァイオリン作品を録音!
楽器、弓へのこだわりもみせる注目の演奏。


SACDハイブリッド盤。近年目覚ましい活躍を見せるイリヤ・グリンゴルツ。そのレパートリーの広さはヴァイオリニストの中では随一。とりわけバロック奏法を取り入れた演奏には定評が高く、BISレーベルからリリースしたロカテッリの『ヴァイオリンの技法』では切れ味鮮やかな演奏を披露してくれました。
 当アルバムではバッハのチャッコーナ(シャコンヌ)に焦点を当て、この名曲からインスピレーションを得て作曲されたハインツ・ホリガー[1939-]、ロベルト・ジェラール[1896-1970]、ブリス・ポゼ[1965-]、そしてJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン作品を編んだ内容。
 ホリガーの『3つの小さな場面』は2014年、イザベル・ファウストのために書いた3部構成の作品。ジェラールの『シャコンヌ』は1959年、イフラ・ニーマンのために書いた十二音技法を用いた12曲からなる作品。そしてポゼの『コントラパルティータ』はダヴィド・グリマルのために書いた7曲からなる作品。バッハの無伴奏から着想を得て書かれたこの作品をグリンゴルツはバッハの作品を挟み込む形で録音。前衛的なポゼの作品とバッハが見事に融和しております。数多くの録音でも知られるグリンゴルツながらシャコンヌのレコーディングはこれがはじめて。彼ならではの心地よいテンポ感と歯切れのよい演奏は無伴奏でも一層輝きます。また当録音では曲に合わせて楽器と弓も変えて演奏しており、これもまたグリンゴルツならではといえましょう。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ホリガー:3つの小さな場面(2014)

 チャッコーニナ
 幽霊のノック
 葬送のミュゼット

2. ジェラール:シャコンヌ(1959)
 リソルート(決然と)
 カルモ・コン・レジェレッツァ(軽く静かに)
 アレグロ・コン・フオーコ(熱烈に速く)
 アレグレット(やや速く)
 ヴェローチェ(敏速に)
 コン・リポーゾ(休息をとって)
 アレグロ・コン・ブリオ(生き生きと速く)
 アダージェット(アダージョよりやや速く)
 モルト・ヴィヴァーチェ・コン・インペト(性急で非常に速く)
 アンダンテ・ソステヌート(音の長さを保って歩く速さで)
 グラツィオーソ(優美に)
 アレグロ・アッサイ(極めて速く)

3. ポゼ:ヴァイオリンのための『コントラパルティータ』〜J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータの楽章で点綴された〜(2008)
 プレルーディオ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ハ長調 BWV.1006からプレルーディオ
 アレマンダ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ト短調 BWV.1002からアレマンダ
 コレンテ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ト短調 BWV.1002からコレンテ
 サラバンド/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ト短調 BWV.1002からサラバンド
 ルール/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ト短調 BWV.1002からルール
 ジガ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004からジガ
 チャッコーナ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004からチャッコーナ(シャコンヌ)

 イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン)

 使用楽器:
 ヴァイオリン:アントニオ・ストラディヴァリ、1718年「ex-Prové」(1,2) 作者不詳、19世紀初頭ドイツ(3)
 弓:ヘルゲ・ネットランド、2017年(1) ドミニク・ペカット、1850年頃(2) ルイス・エミリオ・ロドリゲス・キャリントン、2017年バロック弓(3)

 録音時期:2020年7月7-10日
 録音場所:スイス、マルタレーン、改革派教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

 プロデューサー&サウンド・エンジニア:アンドレアス・ヴェルナー
 BIS ecopak
27件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて