デ・ヴィート/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番、他

2021年04月19日 (月) 07:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


デ・ヴィート唯一のステレオ録音であるバッハとモーツァルト、望みうる最上の音質で復刻!
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「早くに引退したヴァイオリンの女王、ジョコンダ・デ・ヴィート。彼女はまた録音嫌いでも知られていましたが、幸いなことに2曲の協奏曲がステレオで収録されました。これらの演奏は過去に様々な形で復刻されてきましたが、恐らく当盤は鮮度では群を抜いていると思われます。全く新鮮な感動を与えてくれるでしょう。

**おことわり**
この録音は楽章ごと、あるいは楽章の途中で音質が変わる個所があります。これは当時の技術上の制約からくるもので、現代の技術でも修復は不可能でした。その点をご了承下さい。」(平林直哉)

【収録情報】
1. J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
2. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216


 ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
 ロンドン交響楽団(1)
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1959年6月24,25日(1) 1959年1月21,22日&11月6日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード・スタジオ(1) キングズウェイ・ホール(2)
 録音方式:ステレオ(セッション)
 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
 日本語帯・解説付
4件中1-4件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて