【映像】SWR声楽アンサンブル/バルト三国の合唱作品

2021年03月23日 (火) 12:45 - HMV&BOOKS online - クラシック


バルト三国の合唱作品が教会に響き渡る、目に耳に極美の映像作品

南西ドイツ放送シュトゥットガルト声楽アンサンブルと、2020年をもって17年に渡る首席指揮者の地位を退いたマーカス・クリードによる、記念碑的な映像作品。世界の合唱曲を集めたCDシリーズの最終巻『バルト三国の合唱作品』収録曲を中心としたプログラムが、シュトゥットガルトの教会でライヴ収録されています。
 ペルトを筆頭にトルミスやヴァスクスなど、張り詰めた緊張と、美しさを湛えた静寂を特徴とする作品が、広い教会空間に響く様はまさに天上的。合唱ファンならずともその世界に浸ってみたい、素晴らしい一枚です。(輸入元情報)

【収録情報】
● トルミス:エルンスト・エンノの詩による2つの歌〜無伴奏混声合唱のための (1997/98)(初夏のおとぎ話/微かに故郷が呼ぶ声が聴こえる)
● マジュリス:カノン・ソーラス〜同声四部のための (1998)
● ヴァスクス:リテネ〜混声十二部合唱のための (1993)
● ドゼニティス:e.e.カミングスの詩による4つのマドリガル (2006)(意味のない/あなたの心とともに/(私が)…いいですか/どなた?)
● ヤヌリテ:突入〜チェロと12の声のための (2015)
● ペルト:勝利の後〜無伴奏混声合唱のための (1996/98)
● ペルト:そして私は声を聞いた…〜無伴奏混声合唱のための (2017)


 SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブル
 セヴリーヌ・バロン(チェロ)
 マーカス・クリード(指揮)

 収録時期:2019年7月13日
 収録場所:シュトゥットガルト、福音主義教会(ライヴ)

 収録時間:88分
 画面:カラー、16:9
 字幕:無し
41件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて