リヤ・ペトロワ/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、他

2021年01月15日 (金) 13:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ブルガリア出身の俊英リヤ・ペトロワと
カントロフ率いるシンフォニア・ヴァルソヴィアによる
ベートーヴェンとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲


ブルガリア出身の俊英、リヤ・ペトロワとカントロフ率いるシンフォニア・ヴァルソヴィアによるベートーヴェンとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲。リヤ・ペトロワは、「今この困難な時にこそ、この2つの音楽的力が強い名曲を録音したいと思い取り組んだ」といいます。そして「名ヴァイオリニストでもあるカントロフは、この2作を知り尽くしており私の音楽を素晴らしくサポートしてくれました」と。ソリスト、オーケストラ、指揮者の様々な個性が融合し、生命力あふれる音楽を披露しています。
 ベートーヴェン唯一のヴァイオリン協奏曲であり、ベートーヴェンが「ハイリゲンシュタットの遺書」の頃の絶望的状態から蘇り、名作を次々と生み出した「傑作の森」と言われる時期に書かれています。雄大なスケールの中に気品ある旋律が特徴的な音楽ですが、ソリストには高度なテクニックというより総合的な音楽作りが要求され、ヴァイオリニストが演奏する協奏曲の中では特に難しいといわれています。カントロフの好サポートを受け、リヤ・ペトロワは伸び伸びとした演奏を聴かせてくれています。
 さらには、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第7番では、ピアニストとしての才能はもちろん作曲家としても異才を放つジャン=フレデリック・ヌーブルジェのカデンツァを使用しています。あふれ出る若き才能とカントロフの円熟の指揮により新たな名演が登場しました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
● モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第7番ニ長調 K.271a(271i)(カデンツァ:ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ)


 リヤ・ペトロワ(ヴァイオリン/1735年カルロ・ベルゴンツィ「Helios」)
 シンフォニア・ヴァルソヴィア
 ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)

 録音時期:2020年9月14-18日
 録音場所:ワルシャワ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ベートーヴェン商品情報へ戻る

2件中1-2件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて