【全曲解説】Non Stop Rabbit『爆誕 -BAKUTAN-』

2020年12月28日 (月) 17:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキストby 達也(Gt/Cho)

1. ALSO


“あなたはまた自分のことばっか”の“あなた”が誰のことを指しているのかが聴き進めると変わっていく。男女の不安定さやすれ違いの心情を表す為にサビだけ転調させている。


2. 明るい歌


曲名の通りとにかく明るい歌を作りたくて書いた。ライブでのコールアンドレスポンスも意識して作曲をした。歌えば少しは楽になることもある。


3. TABOO

僕(田口)のリスペクトする織田信長の歴史を元に書いた一曲。信長のイメージは誤解されていることが多く、その理由としては夢を成し遂げることなく死んだからだと僕は解釈した。だから“くたばるはタブー”という歌詞に繋がる。


4. BIRD WITHOUT


僕たちがメジャデビューをするまでに味わった苦労や挫折、踏ん張って立ち向かったからこそ今があるということを歌った一曲。羽は何度折られても、また生やすことができる。


5. 愛のPULSE

アコースティック×EDMというチャレンジ。大人になって味わう恋愛のドキドキとビートが交わるように曲を作った。


6. 音の祭

芸術は人の生活に必要なのかを問う一曲。ライブに集まる人、ライブを行う人が変わり者だとすればすでに音楽という文化は消えていた。故に芸術は無くならないというメッセージを込めている。


7. 全部いい

何をしても否定されるこの時代に、全てを肯定する曲を届けたいと思い作った。どんな結果や困難が待っていても、これで良かったと思ってもらえるような一曲。


8. ハニートラップ

偶然は当然、なぜなら運命は演出だから。誰でもハニートラップに引っかかる可能性がある。故に僕らがハニートラップに引っかかってもこの曲で乗り切る。わら


9. 最後のキス

僕ら史上最大のバラード。どんな恋愛にも別れの悲しいキスがあるというところから着想を得た。ボーカルの悲しさがある声にも1番マッチしている。


10. 偏見じゃん


ユーチューバーとアーティストをやっているからこそできた曲。日常に蔓延る偏見を詰め合わせた。「あー、分かる!」という歌詞が必ずあるはず。


Non Stop Rabbit『爆誕 -BAKUTAN-』

GENRE:LOUDROCK, POP ROCK
ロック・バンドでありYouTuber
両輪の面白さを極め新たな表現を爆誕させた3人がメジャー・デビュー

YouTuberとしても活動し総チャンネル登録者数が70万人を超えるロック・バンド、Non Stop Rabbitがメジャー・デビュー。このアルバムは、キャッチーなメロディ、パワフルなハイトーンから繊細なメロディまで歌いこなす矢野晴人の声を武器に、ノンジャンルで自由度の高いアレンジで聴かせる10曲を揃えた。EDMタッチの「TABOO」や、「愛のPULSE」もそれぞれ攻撃的なアレンジと歌心のあるアレンジの両極で表現し、また、シニカルだったり、言葉遊びでかわしたかと思うとオブラートに包むことなく鋭い言葉を投げたりと、一曲一曲で翻弄していく。路上ライヴやYouTubeなど、瞬間的にどう人の興味を引き、またリピートさせるかという場で活動した経験を音に織り込んだアルバムだ。
吉羽 さおり 【ライター推薦】


爆誕 -BAKUTAN-【初回限定盤】(+DVD)

CD

爆誕 -BAKUTAN-【初回限定盤】(+DVD)

Non Stop Rabbit

価格(税込) : ¥3,960

会員価格(税込) : ¥3,564

まとめ買い価格(税込) : ¥3,564

発売日: 2020年12月09日

爆誕 -BAKUTAN-

CD

爆誕 -BAKUTAN-

Non Stop Rabbit

価格(税込) : ¥2,750

発売日: 2020年12月09日

激ロックxHMV 12月のレコメンド

激ロック×HMV&BOOKS online vol.89

12月は、Non Stop Rabbit、NOCTURNAL BLOODLUST、HAGANE をクローズアップ。その他、レコメンド全10タイトルのレビューを公開。

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2020年12月28日 (月) 17:00

%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

Non Stop Rabbitに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る