ジェフ・トゥイーディー 最新ソロアルバム『Love Is The King』4/16 (金) CDリリース ロックダウン下で自身の心の安らぎを求めた ”癒しのカントリーロックサウンド”

2021年03月09日 (火) 12:00

|

HMV&BOOKS online - ロック



ジェフ・トゥイーディー 最新ソロアルバム『Love Is The King』がCDリリース この時代だからこそ伝えたい愛と希望。ロックダウン下で自身の心の安らぎを求めた ”癒しのカントリーロックサウンド”

ウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディー。ウィルコとしての活動だけでなく、ここ最近はソロアーティストとして、また息子とのバンド、トゥイーディーとしても作品を発表している彼だが、2018年のソロアルバム『Warm』、そして2019年にリリースした続編的作品『Warmer』に続く最新ソロアルバムを完成させた。 ウィルコとしても昨年、アルバム『Ode To Joy』をリリースし、また自身の著作『How To Write One Song』を上梓するなど忙しくしていたジェフが10月に配信先行でリリースした最新作『Love Is The King』。今春、コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウンの中で制作されたアルバムだ。そのアルバムが配信に続き、待望のCDとアナログLPで発売となる。

アメリカでも猛威を振るったコロナウイルスの感染拡大により、3月以降のウィルコの北米ツアーが延期となったジェフは、シカゴの自宅に戻った。そこで世界的な危機による不安や混乱を避け、息子のスペンサーとサミーとともにスタジオにこもり、アルバムができるまで1日1曲を作りレコーディングしていくというタスクを自らに課したのであった。クリエイティヴィティと音楽こそが、彼らにとって安らぎをもたらし、ホッとできるものであったからだという。曲を作る中、彼らは外の世界で起きている大きな混乱を取り上げるのではなく、自身の内面に向き合い、心の中に生まれる恐怖や別離、脆弱性というものが引き起こすものを表現しようとしたという。





「痛みを無駄にしてはいけない」。そう語りながらジェフは、持ち前の知恵とウィットで、生きることや愛することの二面性を受け入れ、曲へと描き出していく。例えばタイトルトラックにある “人生は平等じゃない / 愛こそが王だ” という歌詞の一説のように。またアルバム収録曲の「Robin Or A Wren」では、死を悼みながら転生を受け入れ、絶望と希望を対比させている。

さらには短編映画を思わせる詩的な語り口でパーソナルなテーマに触れながら、広く共感を得る作品もある。ジェフとトム・シックがプロデュースを手掛けたこのアルバムに収録されている楽曲は、音楽と詩によって、ある特定の時代における人々の苦闘を表現しながらも、直接その時代を引き合いに出すことなく、ところどころに滲ませているのだ。曲を歌うジェフの口元がエルヴィス・コステロやロビン・ヒッチコック、ノラ・ジョーンズや彼の息子たちなど様々な人物の口元に置き換わるユーモラスな「Gwendolyn」のミュージックビデオも注目だ。


Gwendolyn (Official Music Video)


Guess Again (Official Lyric Video)




本作について、ジェフは次のように語っている。「ロックダウンが始まった頃、僕は自分を慰め元気付けるためのカントリーソングを書きはじめたんだ。フォークとかカントリーの類は僕にとっては快適な食事みたいな存在でとっても心地いいものなんだよ。『Guess Again』は、この一連の楽曲制作によって、うまく外界から距離を置くことができた、とてもいい例になっていると思う。僕の恵まれているところを思い返しながら、自分の生活の中に、愛すべきものを持ってることがなんて幸せなんだっていうことを実感できたよ。ちょっとした恐怖とか不安が忍び寄ることもあったから、まあずっと安定しているのは難しかったんだけど・・・ そんな感じで数週間後にはこの『Love Is The King』が完成したんだ。希望に溢れた作品なんだけど、間違いなく自分を落ち着かせる能力の限界ってものを発見した作品でもあるよ」。

アルバムが生まれるきっかけとなったのは、ロックダウン下、創造性の心地よさを盾にしながら、家族としての落ち着きを得ようとしたことだったという。しかし完成したアルバムにおいて、ジェフは巧みなバランス感覚で愛と希望を歌に描くのであった。共通の経験というレンズを通し、彼は歴史の一時代を記録したのである。このような時代だからこそ、ジェフ・トゥイーディーが届けたかった『Love Is The King』。ここには必要とするすべての人のための慰めがあるのだ。


輸入盤CD

Love Is The King

CD輸入盤

Love Is The King

Jeff Tweedy

価格(税込) : ¥2,530

会員価格(税込) : ¥2,201

まとめ買い価格(税込) : ¥1,897

ご予約商品 - 2021年04月16日 発売予定

輸入盤アナログレコード

Love Is The King (アナログレコード)

LPレコード輸入盤

Love Is The King (アナログレコード)

Jeff Tweedy

価格(税込) : ¥3,630

会員価格(税込) : ¥3,158

まとめ買い価格(税込) : ¥2,904

発売日: 2021年02月12日

『Love Is The King』CDの収録曲


ジェフ・トゥイーディー / ウィルコの関連商品情報

ジェフ・トゥイーディのソロアルバム

 

輸入盤CD

Warm

CD輸入盤

Warm

Jeff Tweedy

価格(税込) : ¥2,530

会員価格(税込) : ¥2,201

まとめ買い価格(税込) : ¥1,897

発売日: 2018年12月21日


激動の時代に創り上げた”歓喜の歌”
ウィルコ通算11作目の最新スタジオ作

 

輸入盤CD

Ode To Joy

CD輸入盤

Ode To Joy

Wilco

価格(税込) : ¥2,090

会員価格(税込) : ¥1,818

まとめ買い価格(税込) : ¥1,567

発売日: 2019年10月18日

国内盤CD

Ode To Joy

CD

Ode To Joy

Wilco

価格(税込) : ¥2,420

会員価格(税込) : ¥2,226

まとめ買い価格(税込) : ¥2,057

発売日: 2019年10月04日

激動の時代に創り上げた”歓喜の歌”― ウィルコ最新アルバム『Ode T...

ジャンルに縛られず、実験的な試みを重ねながら豊かな創造性を磨いてきたウィルコ。昨今『Warm』『Warmer』と立て続けにソロアルバムを発表しているジェフ・トゥイーディとドラマーのグレン・コッチェによるセッションから発展したレコーディングを経て、通算11作目となる最新アルバム『Ode To Joy』がここに完成。

HMV&BOOKS online-ロック|2019年10月16日 (水) 18:00


ウィルコ デラックス盤再発シリーズ

 

輸入盤4CD

Summerteeth (Deluxe Edition)(4CD)

CD輸入盤

Summerteeth (Deluxe Edition)(4CD)

Wilco

価格(税込) : ¥7,920

会員価格(税込) : ¥6,890

まとめ買い価格(税込) : ¥5,861

発売日: 2020年11月06日

輸入盤5枚組LPボックスセット

Summerteeth (5枚組アナログBOXセット)

LPレコード輸入盤

Summerteeth (5枚組アナログBOXセット)

Wilco

価格(税込) : ¥14,080

会員価格(税込) : ¥11,850

まとめ買い価格(税込) : ¥11,264

発売日: 2020年11月20日

ウィルコ 1999年発表の名作『summerteeth』が4CDデラックスエディシ...

大胆なアレンジと瑞々しいメロディライン&ハーモニーが生み出す最高級のポップサウンド。ウィルコ 1999年発表の名作3rdアルバム『summerteeth』が、ボブ・ラドウィックによる2020年最新リマスターおよびアウトテイク、別ヴァージョン、デモ、さらには1999年11月1日コロラド・ボルダーシアターでのライヴ音源を追...

HMV&BOOKS online-ロック|2020年11月06日 (金) 22:00


ウィルコ その他の関連作品

 


%%message%%

最新情報を受け取る

最新情報を受け取る

最新情報を受け取る

最新情報を受け取る


関連トピックス


洋楽各カテゴリの最新情報をチェック!

Jeff Tweedyに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る