MAJESTICA の新作はクリスマス・キャロル』をベースにしたコンセプトアルバム!

2020年11月20日 (金) 20:00

|

HMV&BOOKS online - ロック , HMV&BOOKS online - 洋楽



サバトンのギタリスト、トミー・ヨハンソン率いるマジェスティカの新作は、チャールズ・ディケンズの名作、『クリスマス・キャロル』をベースにした壮大なコンセプト・アルバム。デビュー作をはるかに超えるシンフォニックでエピックな仕上がりは、まさしくメタル・オペラだ!

サバトンのギタリストでもあるトミー・ヨハンソン率いるパワー・メタル・バンド、マジェスティカ。00年にレインエクシードという名で結成され、6枚のアルバムをリリース。昨年マジェスティカと改名するとともに、ドイツの大手レーベル、ニュークリア・ブラスト・レコードと契約を果たす。そしてリリースされたマジェスティカ名義でのデビュー・アルバム、『アバヴ・ザ・スカイ』は、ハロウィンやアヴァンタジアといったパワー・メタル・バンド、さらにはエピックなサウンドトラックなどから影響を受けた、まさに「マジェスティック=壮大な」作品であり、ここ日本でもメタル・ファンの間でも大きな話題となった。今年1月には実現した来日公演は、マジェスティカ名義としては初ライヴだったこともあり、日本のファンにとってはもちろん、バンドにとっても記念すべきイベントとなった。

さて、この度リリースされるマジェスティカの新作は、チャールズ・ディケンズの名作、『クリスマス・キャロル』に基づいた壮大なコンセプト・アルバム。パワー・メタルといっても様々なスタイルがあるが、よく知られたクリスマスのメロディが引用されるなど、その明るく楽しくエピックな面がここまで強調されたアルバムはそうそうない。パワー・メタル+ディケンズ+クリスマスという組み合わせのケミストリーは想像以上だ。オーケストレーション、分厚いコーラス、疾走する楽曲、わかりやすいメロディ。あらゆる点において、デビュー作、『アバヴ・ザ・スカイ』をはるかに超える、パワー・メタルの理想型に仕上がっている。これぞメタル・オペラだ!

【メンバー】
トミー・ヨハンソン (ヴォーカル/オーケストレーション/ピアノ/スレイベル)
アレックス・オリズ (ギター/ヴォーカル)
クリス・デイヴィッド (ベース/ヴォーカル/スレイベル)
ジョエル・コルベルク (ドラムス/ヴォーカル)

【CD収録予定曲】
01. ア・クリスマス・キャロル
02. ア・クリスマス・ストーリー
03. ゴースト・オブ・マーリー
04. ゴースト・オブ・クリスマス・パスト
05. ザ・ジョイ・オブ・クリスマス
06. ゴースト・オブ・クリスマス・プレゼント
07. ゴースト・オブ・クリスマス・トゥ・カム
08. クリスマス・ハズ・カム
09. ア・マジェスティック・クリスマス・テーマ

※メーカーインフォメーションより
※商品仕様・収録内容等は変更になる場合がございます。

最新作

日本盤

Christmas Carol

CD

Christmas Carol

Majestica (Metal)

価格(税込) : ¥2,750

ご予約商品 - 2020年12月04日 発売予定

2019年 1stアルバム

日本盤

Above The Sky

CD

Above The Sky

Majestica (Metal)

価格(税込) : ¥2,750

会員価格(税込) : ¥2,530

まとめ買い価格(税込) : ¥2,255

発売日: 2019年06月07日

MAJESTICA Web Links

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


Majestica (Metal)に関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る