【映像】ザルツブルク音楽祭2019/オッフェンバック:『天国と地獄』

2020年06月05日 (金) 16:49 - HMV&BOOKS online - クラシック


奇才バリー・コスキー演出によるハチャメチャなエンターテインメント!
2019年ザルツブルク音楽祭ライヴ。オッフェンバック『天国と地獄』


オッフェンバックの生誕200年を記念して上演された『天国と地獄(地獄のオルフェ)』、2019年ザルツブルク音楽祭のライヴ映像。19世紀パリでオペレッタの華を咲かせたジャック・オッフェンバックは、オペラ『ホフマン物語』や多くのオペレッタを作曲しています。その中でも『天国と地獄(地獄のオルフェ)』は特に有名。運動会でよくかかるフレンチ・カンカンの『地獄のギャロップ』は、誰しも一度は耳にしたことのある楽曲でしょう。ギリシャ神話をもとにグルックがオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』を作曲、それをオッフェンバックがパロディ化したのが『天国と地獄(地獄のオルフェ)』です。
 今回の演出は、現在ベルリンのコーミッシェ・オーパーの総裁を務めている奇才バリー・コスキー。息つく暇もないほど目まぐるしく変化する舞台、エロティックな衣装、オッフェンバックの風刺と皮肉を存分に利かせた、ハチャメチャなエンターテインメントを満喫できる上演です。
 配役は、世論のアンネ・ゾフィー・フォン・オッターは、さすがの貫録。ウリディス役のキャスリーン・リーウェックも体当たりの演技と圧倒的な歌唱で聴かせます。なんと言っても一番の活躍はジョン・ステュクス役のマックス・ホップ。冒頭から登場し、全員のセリフ、擬音語も一人で行い、他の登場人物は口パクという大胆な演出。そして演奏は、エンリケ・マッツォーラ指揮によるウィーン・フィルという何とも贅沢な布陣です。(写真c sf-monika-rittershaus)(輸入元情報)


【収録情報】
● オッフェンバック:喜歌劇『天国と地獄(地獄のオルフェ)』全曲


 アンネ・ソフィー・フォン・オッター(世論)
 マックス・ホップ(ジョン・ステュクス)
 キャスリーン・リーウェック(ウリディス)
 ホエル・プリエト(オルフェ)
 マルセル・ビークマン(アリステ/プリュトン)
 ナディーネ・ヴァイスマン(キュピドン)
 レア・ドゥサンドル(ヴェニュス)
 マルティン・ヴィンクラー(ジュピテル)
 フランシス・パパス(ジュノン)
 ラファウ・パウヌク(マルス)
 ヴァシリーサ・ベルザンスカヤ(ディアヌ)
 ペーター・レンツ(メルキュール)
 ベルリン・ヴォーカルコンソート
 ダーヴィット・カヴェリウス(合唱指揮)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 エンリケ・マッツォーラ(指揮)

 演出:バリー・コスキー
 舞台:ルーフス・ディディスカス
 衣装:ヴィクトリア・ベーア
 照明:フランク・エヴィン
 振付:オットー・ピヒラー
 ドラマティック・アドヴァイザー:スザンナ・ゴールドベルク

 収録時期:2019年8月
 収録場所:ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
 映像監督:ミヒャエル・ベイヤー


 収録時間:140分
 画面:カラー、16:9、1080i
 原語:仏独
 字幕:英韓日