【第45回】バイヤー寺町知秀のわくわくPOPSランド

2020年03月31日 (火) 17:53

|

HMV&BOOKS online - ロック

HMV渋谷をはじめ計13店舗の勤務を経て現在は本社にて洋楽バイヤーを担当する寺町知秀が洋楽の森からオススメ作品をピックアップするコーナー「わくわくPOPSランド」。社内外から信頼を集める生粋の洋楽バイヤーが、今月の洋楽の森からオススメする必聴の5枚とは?

【第45回】ワイルド・サイドを歩け、今こそ。

今月はキーラン・ヘブデンことフォー・テット新作から。いや、予想通りこれまた完璧。コンスタントにアルバムをリリースし続けているフォー・テットですが駄作はひとつもないっす。トレンドを微妙にブレンドしながら美しいメロディを綴り、音の波を空間に響かせ、そして踊らせるという。生のDJも圧巻。揺るぎない絶大な信頼度。



現代版“ワイルド・サイドを歩け(ルー・リード)”と謳われた「サマー・ガール」、凛とした空気感に包まれた穏やかなクリスマスソング「ハレルヤ」と、新曲がとびっきり最高だったハイムの心底待ちわびたニュー・アルバム。彼女たちって、過去と未来のアメリカン・ポップスを繋ぐ存在ですよね。それにしても、良い歌ばかり…。



永遠のモッド兄貴ポール・ウェラーが、まさかのエクスペリメンタルな展開を魅せた意欲作が7インチでリリース。実験的とはいえ、そこはモッド兄貴ならではの洒落た遊び心が詰まったポップな聴き心地。そこはかとなくスウィンギング・ロンドンの潮流を汲んだ空気感があるというか。兄貴大健在。



この国のラップシーンを代表するラッパー、仙人掌、KOJOE、C.O.S.A.らによる貴重な証言も交えた、ケンドリック・ラマーのムック本が登場。
一度だけケンドリックのライヴを観たことがあるんですが、スーパースターとしか言いようのないスキルフルかつハンパない熱量を放つステージに圧倒された、あの興奮が活字で甦ってくるかのよう。そして、噂の“Riverside Reading Club”によるブックガイドがヤバイっす。



L.A.の異形ジャズ音楽家サム・ゲンデルの新作は、名門ノンサッチからのリリース。アルバム・タイトル『Satin Doll』は、かのデューク・エリントンのナンバーから取ったもので、今作は同曲含むモンゴ・サンタマリア、チャールズ・ミンガス、マイルス・デイビスなどのカヴァー曲で構成。しかしそこは完全に一筋縄ではない、超オリジナルでアトモスフェリックなサイケデリック・ジャズを奏でています。すこぶる傑作。
それではまた来月お会いしましょう。



バイヤー寺町知秀のわくわくPOPSランド

寺町知秀(てらまち ともひで)

1999年にHMV渋谷入社。HMV立川など7店舗で店長を務め、計13店舗の勤務を経て現在は本社にて洋楽バイヤーを担当。

寺町知秀セレクトによる最新コンピ

サイケデリック/ポップ/チル/メロウ/フレッシュ

【HMV先行発売】続・幻の湖 -Lake of Illusions Vol.2-(特製ペーパーバッグパッケージ)

CD

【HMV先行発売】続・幻の湖 -Lake of Illusions Vol.2-(特製ペーパーバッグパッケージ)

価格(税込) : ¥2,640

発売日: 2020年01月24日

バイヤー寺町知秀のわくわくPOPSランドへ戻る

Kendrick Lamarに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る