【映像】ルイージ/ワーグナー:『さまよえるオランダ人』

2020年03月30日 (月) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ポール・カラン演出の『さまよえるオランダ人』
ファビオ・ルイージ指揮、2019年フィレンツェ五月音楽祭劇場でのライヴ映像


ワーグナー初期の傑作『さまよえるオランダ人』。オランダ人船長が神を呪った罰で永遠に海をさまよい続けるという近代イギリスの伝承をもとに、作曲者自身が遭難しかかった体験を重ね合わせて書かれた、ワーグナー20代後半の傑作です。
 本作は、チューリッヒ歌劇場の音楽総監督やメトロポリタン・オペラの首席指揮者などを務めるイタリアの指揮者ファビオ・ルイージによる、2019年フィレンツェ五月音楽祭劇場でのライヴ映像です。緻密な様式感と溢れ出る音楽的情熱をあわせもったルイージらしく、ドラマティックな音楽を雄弁に響き渡らせます。演出はスコットランド出身のポール・カラン。手に汗握るような緊張感と迫力を引き出しています。
 歌手陣も当代きっての人気バス歌手ミハイル・ペトレンコをはじめ、オランダ人を演じたトーマス・ガゼリ、呪われた船長を救うため命をかけるゼンタ役のマージョリー・オーウェンズら世界屈指のオペラ歌手を揃えています。(photos by Michele Monasta)(輸入元情報)


【収録情報】
● ワーグナー:『さまよえるオランダ人』全曲


 トーマス・ガゼリ(オランダ人)
 マージョリー・オーウェンズ(ゼンタ)
 ミハイル・ペトレンコ(ダーラント船長)
 ベルンハルト・ベルヒトルト(エリック)
 アネッテ・ヤーンス(マリー)
 ティモシー・オリヴァー(舵手)
 フィレンツェ五月祭合唱団
 アルス・リリカ合唱団
 ロレンツォ・フラティーニ(合唱指揮)
 マルコ・バルガーニャ(合唱指揮)

 フィレンツェ五月祭管弦楽団
 ファビオ・ルイージ(指揮)

 演出:ポール・カラン
 舞台:サヴェリオ・サントリクィド
 衣装:ガブリエラ・イングラム
 照明:ダヴィド・マルティン・ジャック
 映像デザイナー:オットー・ドリスコル

 収録時期:2019年1月
 収録場所:フィレンツェ五月音楽祭劇場(ライヴ)
 映像監督:ティツィアーノ・マンシーニ

 収録時間:146分
 画面:カラー
 言語:ドイツ語
 字幕:英韓日