テツラフ・カルテット/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15、13番

2020年02月21日 (金) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


テツラフ・カルテット/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番、第13番

世界中で絶賛される弦楽四重奏団、テツラフ・カルテット。ヴァイオリニストのクリスティアン・テツラフとその妹ターニャを中心に1994年に結成、元バンベルク交響楽団のコンサート・ミストレス、エリーザベト・クッフェラートとチューリッヒ歌劇場管弦楽団の首席ハンナ・ヴァインマイスターをメンバーとする彼らはヨーロッパの音楽祭の常連であり、その演奏は「ドラマティックでエネルギッシュ」と評され、2014年には来日公演も行い、日本でも着実に人気を獲得しています。
 「ONDINE」レーベルから2作目の発売となるこのアルバムで彼らが取り上げたのは、2020年に生誕250年を迎えるベートーヴェンの2曲の弦楽四重奏曲。どちらもベートーヴェンの晩年を代表する高い人気を誇る作品です。1825年に完成された第13番は作曲順では第15番の次に書かれたもので、初演時には終楽章に『大フーガ』が置かれていました。しかし出版社の助言に従い、ベートーヴェンはこれを別の楽章に差し変えたことで、現在では『大フーガ』には別の作品番号が付されています。今回のアルバムで、テツラフ・カルテットは初演時の形を再現。終楽章には堂々たる『大フーガ』が置かれています。第15番はもともと4楽章形式で構想されましたが、病から回復したベートーヴェンは「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と題された美しい第3楽章を挿入。結果的に長大な作品として仕上がることとなりました。テツラフ・カルテットは晩年のベートーヴェンの崇高な意思を反映させ、凝縮した表現による熱い演奏を聴かせます。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

● ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番イ短調 Op.132

Disc2
● ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 Op.130(第1楽章〜第5楽章&大フーガ Op.133)

 テツラフ・カルテット
  クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
  エリーザベト・クッフェラート(ヴァイオリン)
  ハンナ・ヴァインマイスター(ヴィオラ)
  ターニャ・テツラフ(チェロ)

 録音時期:2019年9月30日〜10月4日
 録音場所:ブレーメン、ゼンデザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ベートーヴェン商品情報へ戻る

2件中1-2件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて