【映像】アバド&ベルリン・フィル/ジルヴェスター・コンサート1997

2020年02月20日 (木) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


大晦日の沸き立つ雰囲気と高揚感が味わえる
「カルメン」がテーマの1997年ベルリン・フィル&アバドのジルヴェスター・コンサート


ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート(ニューイヤー・イヴ・コンサート)は、1月1日のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートと並ぶクラシック音楽界の一大イベント。今回、クラウディオ・アバド指揮による1997年のジルヴェスター・コンサートが新装丁でで単売されます。
 アバドは、ベルリン・フィルの音楽監督時代(1990年〜2002年)に、計10回指揮しています。アバド就任後のジルヴェスター・コンサートは「テーマ性」をもったプログラミングで聴衆を楽しませていました。さらに大晦日の沸き立つ雰囲気と相まって、普段の演奏には見られない高揚感も味わえる映像集です。
 1997年はビゼーの『カルメン』を核としたスペイン系のプログラム。アンネ・ゾフィー・フォン・オッターが魅惑的なカルメンを聴かせてくれています。さらに圧倒的な技巧で聴かせるギル・シャハムの『カルメン幻想曲』、そして最後にはブラームスのハンガリー舞曲第5番と熱のこもったプログラムで1年の締めくくりを盛り上げています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ビゼー:歌劇『カルメン』より(前奏曲/ハバネラ/闘牛士の歌/にぎやかな楽の調べ/花の歌/合唱と場面)
● ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
● サラサーテ:カルメン幻想曲
● ラヴェル:スペイン狂詩曲
● ファリャ:『恋は魔術師』より『火祭りの踊り』
● ブラームス:ハンガリー舞曲第5番


 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 ロベルト・アラーニャ(テノール)
 ブリン・ターフェル(バリトン)
 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)
 ステラ・ドゥフェクシス(メゾ・ソプラノ)
 ミハイル・プレトニョフ(ピアノ)
 ギル・シャハム(ヴァイオリン)
 オルフェオン・ドノスティアラ(合唱団)
 ホセ・アントニオ・サインス・アルファロ(合唱指揮)
 南チロル児童合唱団
 グレーテル・ブルッガー(児童合唱指揮)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 収録時期:1997年12月31日
 収録場所:ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

 収録時間:89分
 画面:カラー、16:9