ソヒエフ/ショスタコーヴィチ:交響曲第8番

2020年01月31日 (金) 16:30 - HMV&BOOKS online - クラシック


トゥガン・ソヒエフの探求心や好奇心による、新ショスタコーヴィチの世界

トゥガン・ソヒエフは、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団の音楽監督、そしてボリショイ歌劇場の音楽監督兼首席指揮者を務め、2015/16年シーズンまではベルリン・ドイツ交響楽団の音楽監督も務めました。またボリショイ劇場で指揮するほか、ベルリン・フィル、フィラデルフィア管、フィルハーモニア管への客演や、ロンドン響、ウィーン・フィル、そしてNHK交響楽団など、世界有数の歌劇場やトップ・オーケストラから招かれる世界屈指の指揮者でもあります。
 今回のワーナー・クラシックスへの録音は、ショスタコーヴィチ:交響曲第8番。かつて「スターリングラード交響曲」とも呼ばれていたこの作品は、戦争の酷さや悲しみ、虚無感を投影したものとして、壮大・激烈な音響にさえ独特のペシミズムやパロディ感覚、アフォリズムの精神が備わるという含みのある重層的な性格を持っています。
 ソヒエフの師である名指揮者・教育者のイリヤ・ムーシンは、ショスタコーヴィチの交響曲第7番の初演に続く二度目の演奏指揮者でした。彼の教えを受け継ぎつつも、全ての楽器を微細に至るまでバランスよく配分させ、その総体としての合奏が形成されていきます。極小の響きの断片が色彩感と明暗を変えていくその変化は絶妙。そして推進力に満ち溢れた緊張感の持続。ソヒエフはこの演奏で、新たな地平を切り開いています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調 Op.65


 トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団
 トゥガン・ソヒエフ(指揮)

 録音時期:2019年12月7日
 録音場所:トゥールーズ、アール・オ・グラン
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
14件中1-14件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて