映画『ジョジョ・ラビット』2020年1月17日(金)全国公開

2020年01月16日 (木) 00:00

|

HMV&BOOKS online - 洋画

2020年1月17日(金)全国ロードショー

世界が笑い、涙する、映画史に残る一大ヒューマン・エンターテイメント。
第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、青少年集団ヒトラー・ユーゲントの立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺せず、教官から<ジョジョ・ラビット>という不名誉なあだ名をつけられる。そんな中、ジョジョは母親と二人で暮らす家の隠し部屋に、ユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気づく。やがてジョジョは皮肉屋のアドルフの目を気にしながらも、強く勇敢なエルサに惹かれていく------。
監督/脚本/製作を手がけるのは、マーベル・スタジオ作品『マイティ・ソー バトルロイヤル』を大ヒットに導き、本作では“空想上のヒトラー”役も演じる、今世界で最も注目を浴びる才能、タイカ・ワイティティ。出演は、主人公ジョジョ役に愛くるしいヴィジュアルと天才的な演技力で見事オーディションを勝ち抜いた注目の新星ローマン・グリフィン・デイビス。ジョジョに溢れる愛情を注ぐ快活な母親役にハリウッドのトップスター、スカーレット・ヨハンソン。破天荒な大尉役に『スリー・ビルボード』でアカデミー賞Ŵを受賞したサム・ロックウェルなど最高のキャストが集結。
戦争への辛口のユーモアが利いたハートフル・コメディの形をとりながら、いかなる困難の中にあっても輝く希望と生きる喜びを、ビートルズ、デヴィッド・ボウイらの名曲とともに謳い上げ、世界中を魅了し続ける本作がついに日本上陸。


    クレジット
  • 監督/脚本/製作/出演:タイカ・ワイティティ
  • キャスト:ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン
  • 原題・英題:JOJO RABBIT
  • 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC


%%message%%

映画公開、TV放映情報へ戻る

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る