ファンタズム/ヴィオール合奏によるバッハ:平均律クラヴィーア曲集、他

2019年12月18日 (水) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ヴィオール合奏の雄ファンタズムによるバッハ!

大バッハが残した鍵盤楽器のための作品を、ローレンス・ドレフュスが3声から6声までのヴィオール合奏へと編曲し、ドレフュスとマルック・ルオラヤン=ミッコラを中心としたファンタズムによる演奏で収めたアルバム。各メンバーの表情豊かな積極性の高い表現で、バッハが書いた各声部の繊細な綾が生き生きと描かれています。トレブルからヴィオローネまで広い音域の楽器を用いることで、表現の幅が大きくなり聴き応えが増したことも特筆できるでしょう。
 ファンタズムは1994年に結成されたヴィオールの合奏団で、これまでに発表したアルバムがグラモフォン年間アワードを3回、ディアパソン・ドールを2回受賞するなど、世界的に高い評価を得ています。今回のアルバムのタイトルは一般に『平均律クラヴィーア曲集』と訳されている「Das Wohltemperierte Klavier(本来は「良く整えて調律された鍵盤楽器」の意)」のパロディで、同作品集からの前奏曲とフーガを中心に、コラールなども盛り込んだ多彩な内容となっています。なお「第2巻」は2021年に発売予定とのこと。(輸入元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:
● 3声のリチェルカーレ(音楽の捧げもの BWV.1079より)
● シンフォニア第9番 BWV.795(インヴェンションとシンフォニア』より)
● 「バビロン川のほとりで」 BWV.653b
● 前奏曲 第19番 BWV.864(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ 第19番 BWV.864(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ(前奏曲とフーガ ハ長調 BWV.547より)
● フーガ 第17番 BWV.886(平均律クラヴィーア 第2巻より)
● 前奏曲 第22番 BWV.867(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ 第22番 BWV.867(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ 第14番 BWV.859(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● 前奏曲 第24番 BWV.869(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ 第24番 BWV.869(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● フーガ 第9番 BWV.854(平均律クラヴィーア 第1巻より)
● 「深き淵より」 BWV.686(クラヴィーア練習曲集 第3巻より)
● 前奏曲 第22番 BWV.891(平均律クラヴィーア 第2巻より)
● フーガ 第22番 BWV.891(平均律クラヴィーア 第2巻より)
● 「天にまします我らが父よ」 BWV.737
● フーガ BWV552(クラヴィーア練習曲集 第3巻より)
● 「精霊なる神よ」 BWV.671(クラヴィーア練習曲集 第3巻より)
● 6声のリチェルカーレ(音楽の捧げもの BWV01079より)


 ファンタズム
  ローレンス・ドレフュス(トレブル・ヴィオール、指揮)
  エミリア・ベンジャミン(トレブル・ヴィオール)
  ジョナサン・マンソン(テノール・ヴィオール)
  ハイディ・グレーガー(バス・ヴィオール、ヴィオローネ)
  マルック・ルオラヤン=ミッコラ(バス・ヴィオール)
 リアム・バーン(バス・ヴィオール)

 録音時期:2019年2月4-7日
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
よく整えられたヴィオール合奏曲集 第1巻〜平均律クラヴィーア曲集、音楽の捧げもの、他 ファンタズム

CD輸入盤

よく整えられたヴィオール合奏曲集 第1巻〜平均律クラヴィーア曲集、音楽の捧げもの、他 ファンタズム

バッハ(1685-1750)

価格(税込) : ¥3,179

会員価格(税込) : ¥2,422

まとめ買い価格(税込) : ¥2,067

発売日: 2020年01月23日

12件中1-12件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて