【好評につき2/6(木)まで延長決定!】
映画『ラストレター』公開記念 POP UP コーナー

2020年01月07日 (火) 09:58 - HMV&BOOKS online -

メイン
メイン

POPUPSHOP
POPUPSHOP
予告編
予告編

POPUPSHOP
POPUPSHOP
映画『ラストレター』公開記念 POP UP コーナー
映画公開を記念して、POP UP コーナーの開催が決定!
『Love Letter』『スワロウテイル』の岩井俊二監督による選書・選盤や、
劇中に登場する手紙展示など、必見の内容となっております!

■内容
・岩井俊二監督による選書・選盤〜『ラストレター』の創作に少なからず影響を与えてくれた作品たち〜
・劇中登場 手紙展示
・映画「ラストレター」パネル展
・メッセージスペース

■開催店舗
HMV&BOOKS SHIBUYA 6F

■期間
2020年1月10日(金)〜1月23日(木)
※好評につき2月6日(木)まで延長決定!
10:00〜22:00

予告編
予告編

STORY
STORY
裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

キャンペーン
キャンペーン