ジョルジュ・プレートル/スカラ座ラスト・コンサート

2019年12月09日 (月) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


休養後の渾身の指揮で魅了した最後のコンサート

フランスの偉大な指揮者ジョルジュ・プレートルが病気による長期間の活動休止後にスカラ座で指揮したコンサートです。プレートルとミラノ・スカラ座とは50年以上にわたり、友好的にも芸術的にも良好な関係を続けてきましたが、ベートーヴェン、ヴェルディ、オッフェンバックとラヴェルの作品のプログラムで聴衆と演奏者を魅了し大成功を収めたこの2016年2月22日のコンサートが最後となりました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』 Op.84〜序曲
● ヴェルディ:歌劇『運命の力』序曲
● オッフェンバック:歌劇『ホフマン物語』〜『舟歌』(管弦楽版)
● ラヴェル:ボレロ
● オッフェンバック:喜歌劇『天国と地獄』〜『カンカン』


 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団
 ジョルジュ・プレートル(指揮)

 録音時期:2016年2月22日
 録音場所:ミラノ、スカラ座
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
50件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて